島クリエイターで大改造!?【あつまれ どうぶつの森】

     あつまれ どうぶつの森をプレイ開始して、メインシナリオはイベントをこなし、ひとまずクリアとなりました。
     しかし次なるハマり要素「島クリエイター」が待ち構えていたのです。

    EUauYd7U0AEcmem.jpeg
    マイデザと組み合わせれば可能性は無限大?

     さて、この記事を投稿している今はまだ発売した直後ですので、何を書いてもネタバレになってしまうと思います。
     未プレイでネタバレを避けたい人、情報を遮断したい人は、申し訳ございませんがここでお引き取り下さい。

     以降の閲覧は、ネタバレOKの人とみなし自己責任でご覧いただいているものとします。よろしければトウゾ…




     動画だけは先にツイッターにアップしていたのですが、ここではざっくりと「使って」こさえてみたアレコレを、無駄に脚色したドキュメンタリー方式で記述しておきます。


    街中の小さな博物館を救え!
    移設せよ!ビフォー・アフター

    (脳内BGMはアレ「inscrutable battle」でお願いしますw)


    ここはレッドテール島…

     問題の物件は「博物館」だ。落成は間もないはずだが…想像を絶する速度の寄贈の数で、収容物がパンク寸前なのだという。
     
     よく見ると、広場のほぼ真横の位置に建造され、島が賑やかになっていくにつれ、その周囲にも店舗や住宅街ができてしまっているではないか…

    EUdMvpsVAAENf0Z.jpeg

     しかし、どう見ても増築のしようが無い立地条件に…依頼人の館長・フータは頭を抱えていたという。

    「このままでは収容しきれず、水槽の中では共食いが、挙句の果てには毒虫まで逃げ出してしまうかもしれない(ガクガクブルブル)

     そこに一人の島民が名乗りを上げた。彼女は、たぬきちの依頼をことごとくクリアしてきたDIYの匠(自称)で、一応は島クリエイターのライセンスを所持する若者だ。

     彼女はこう提案した。「土地は用意します。もっと広く静かな場所に移設しましょう」と。これが博物館・移設プロジェクトの始まりであった!


    (チャラララーン♪)
     

     DIYの匠(自称)は、案件を聞いてから既に行動を始めていた…そう、案内所に立ち寄り、移設申請をしていたのだ。

    EUcn0uwU0AAYk_C.jpeg

     この島では、何をやるにも概ねたぬきちの許可を得る必要がある上に、莫大な費用が発生する。それを心得ているが故の先手であった…

    そこで館長・フータが召喚されることになる。

    EUdMizKUwAAxdAS.jpeg

     話し合いの場を設け、条件は悪くない様子だった。現状を維持したまま移設し、展示品も無事、しかも博物館の立地にも相応しい静かな土地へ移るとあらば…返答はOKだった。
     ただし条件が出された…

    ロマンあふれる場所に移設して欲しい

     この状況で、なにロマンとか中二病的な事を言ってるんですかアナタは…というツッコミをしたかったが、DIYの匠(自称)はあえて言わなかった。
     そう、自身も末期の中二病を患っているからだ。同じ穴の狢かもしれない…いや鳥か。

    EUdMiy-UcAI2wNX.jpeg

     一度この「おまかせください」ポーズ(※)をやってみたかった…と、言わんばかりに胸を叩くDIYの匠(自称)だが、本当に大丈夫なのだろうかというフータの視線は見逃さなかった。

     ※スピンオフ作の「ハッピーホームデザイナー」(3DS)をプレイしてみてね!





    DIYの匠(自称)は動いた!

     移設だけであれば整地と通路を確保する系統の工事だけで済みそうだが、移設先の土地はなんと、島の北西部の大半を占める高台
     ヒトが上陸した時点では雑草だらけの針葉樹林であり、そこを切り開いてできた土地だ。
     ごく最近になってスロープがかかって登りやすくなったが、その道中までは大きな川があり、まだ橋すらない陸の孤島も同然の立地だったのだ。

    EUdSFjEUYAA6R5A.jpg

     プロジェクト上では橋をかけるまでの予算は…無い

     この川は多種多様な生物が住み、食用にできる魚もとれる。加えて島の水源でもあるため、安易に埋め立ててしまえば環境破壊となり、強いては下流に住む住民や果樹園農家は甚大なダメージを受けるだろう。


     川をせき止めず、環境を壊さず、着手していく必要がある…河川工事も並行して行うことにしたDIYの匠(自称)は、たぬポートで新たなるライセンスの取得に向かった。

    EUdS6RcU8AApER8.jpeg
    EUdMiyxU4AEpYZz.jpeg
    EUdMiyuU8AUiRn1.jpeg


     ライセンスを得たDIYの匠(自称)は、そのまま黙って現場へと入っていった。まずは現地における地形の状況を確認する必要があるからだ。


    移設工事と河川工事の開始である。
     
    (チャラララーン♪)


     翌朝…博物館の移設が始まった。たぬき開発のスタッフが入り、移設する土地に仕切りを作ると、既存の博物館の方へと向かって行った。
     たぬき開発の工期は基本的に1日で仕事も正確無比だ。どんなプロ集団なのかと思いたいが、たぬきちの財力ならあり得る話でもある。彼らは見えないうちに本格的に移設工事を始めているのだろう。

    EUdSFjEUYAA6R5A.jpg

    EUdMvqCUEAAqbob.jpeg

     DIYの匠(自称)は現地で黙々とアプローチ部分の建設に入った。この島では基本的に出入り口は南側というルールがあるため、多少なりとも工夫は要る。
     建物自体を最も北西にしてはアプローチが広すぎる上に崖上では地盤が侵食され脆くなる。また、潮風による塩害も大きいだろう。
     少し南に寄せ、さらに建物の西側に針葉樹を周囲に植える事で建物へのダメージも和らげる計画だ。

     規則正しくタイルを張り、スフィンクスのレプリカ像の下には砂を引いて雰囲気を出す。高台の外周は柵で囲い、転落事故のみならず侵入者も防げる仕様にするのである。


    工事は自然との戦いでもあった

     不足していく資材を調達するため、木に石斧を立てれば蜂にやられる…それでもDIYの匠(自称)は諦めなかった。匠たるもの、依頼を放棄する気は無いのだ。

    EUdSFjRU0AEKKfi.jpeg

     それでも彼女は、ハチの巣と草で即席の薬を作る事にも長けていた。この薬のレシピは、信頼する島民からの贈り物だ。
     島民たちは、今の彼女の生命を支えている、陰の功労者と言えよう。





    河川工事を開始する

     川をせき止めることなく、橋の代わりを作れるのか…DIYの匠(自称)には、ある考えがあった…

    EUdSFjEUYAA6R5A2.jpg

    EUdMvpdU0AAel-d.jpeg

     昨晩のうちに測量…もとい、完成イメージだけは付けていたというDIYの匠(自称)は、博物館のアプローチ工事を終えたその日の晩のうちに、現地に入った。
     おもむろにスマホを取り出し、アプリを開くとライセンスを得ている事を確認。作業の許可が下りたのだ。

    EUdM9xNUYAAioYI.jpeg

     しかし…ダラダラとやっていては博物館の移設は明日で終わってしまう…陸の孤島のままにはしておけない。休みなき挑戦が始まった(中の人は休み休みですけどねw)

    EUdM9xXU8AEWukD.jpeg

     まずは小さな支流だけを残し、大きめに河川を埋め立てる事から入った。深夜ならば大方の住民は寝床に付き、夜釣りに洒落こむ層は少ない。
     また、今となっては井戸や水道が通っているため、この川の水を直接飲む住民もいないだろう…そこはリサーチ済みだ。

    EUdM9xiUMAAIGBU.jpeg

     残す地形はマイデザインを貼って目印をつけつつ養生し、そこの周りを水路でくり抜くように施工していく。根気がいる上に地道な作業であるが、彼女の技術について尋ねると…

    地下世界のエチスケチ・ワンタッ池駅で練習した成果だと思う

     …と、どうぶつ世界ではない見知らぬ場所で、似たような作業を練習していたという。どんな世界なのかは、このブログをご覧の方なら概ねお察し頂ける事だろうか。

    EUdM9xeUMAAFTU7.jpeg

     DIYの匠(自称)は、繰り抜いた浮き島の表面に、ゲームのドット絵を思わせるような山や樹木と思しきマイデザインを貼り付けた。これらも30分とかからず作成してみせた。

    ドット絵みたいなのはハイカラスクエアでよく描いてたから…

     またしても見知らぬ世界の単語が飛び出した。一説では、どうぶつ世界の創造神の一柱が手掛けた、もう一つの異なる世界があると聞くが…ここは深追いせず、黙って受け流しておくことにしよう。


    そして夜が明けた…

     移設しても陸の孤島となるところだった博物館と街とを、DIYの匠(自称)は、一体どう繋げたのだろうか…

     ここで動画をご用意したので、下記の埋め込みツイートからご覧頂きたい。


     河川工事の結果、川はせき止めることなく、異国情緒あふれる趣の水上庭園となった。橋が無い下線には飛び越えて渡れる浮島が設けられ、さながら川辺のアスレチックのよう。

     そして、その水上庭園を右手に進めば、大きな多段型アプローチを構えた博物館が姿を現す。ここまでで小さな冒険と言えよう。

     階段を昇れば大きなパラボラアンテナが宇宙を受信し、植えたばかりの若木はリンゴの木に育つだろう。天文学者でもあるニュートンを語るイメージか。
     そして神秘的な石のアーチをくぐってタイル沿いに進めば…博物館の正面アプローチに到着する。

     正面はテラス風に仕上げられ、装飾は最低限。島の人工的な明かりから隔離されたその場所では、天体望遠鏡と素朴な椅子を置いた。
     妹・フーコが来訪した際には仲睦まじく天体観測を楽しめるよう、注文通り「ロマン」を求めた設計にしたのだった。


    こうして工事は無事に終了し、明け渡された。
    移設プロジェクトは成功したのである


    (チャラララ~♪)





    手がけた島内あれこれ

     ここで、DIYの匠(自称)が手掛けた、地形丸ごと島クリエイターな作品群を見てみよう。

    (チャラララーン♪)

    EUa6HttUUAI0lZP.jpeg
    EUa6HttUUAI0lZP1.jpg

     現在の地図で、丸を付けたところがその作品である。地形を変えれば地図も変わるのは言う前もなく、建設工事とはリアルも二次元も関係なく「地図に残る仕事」なのである。


    ジパング・アイランド

    EUauYd7U0AEcmem_20200401053539cea.jpeg

     レッドテール島も海に囲まれた場所だが、DIYの匠(自称)が住んでいたという島国の「古代の姿」だという。
     こちらも実際に浮き島として対岸に渡ることができる。小さな冒険ロマンである。


    モンボ

    EUauYd1UUAUJwQQ.jpeg

     島の最北の高台にある。DIYの匠(自称)が好きなテレビゲームをヒントに作ったものだという。
     水源の池を埋め立てて造られた花園は、中央にスツールや一輪挿しを置いているのにも意味があるそうだ。尚、ホンモノは赤いボールだそうで「水面が青いからモンボというよりダイボかも」と言っていたのはここだけの秘密だ。


    音符の地上絵

    EUau6brU4AAEQJI.jpeg

     これは島クリエイターを獲得したばかりのDIYの匠(自称)による、いわゆる習作がそのままだという。島の南西部にある。
     道路工事で、袋小路になった部分の角を丸くできる仕様を逆手に取った地上絵だ。もっと広い土地があれば大規模な地上絵も描けるかもしれない。

     島民の住宅街から、ビーチへ抜ける間にある広場に描かれており、今では島民の憩いの場になっている。




    水路のある町並み


     今作ではマイデザインによるフェイク画像ではなく、実現できるものとなった。もちろん住民動物たちは水路を判断できるようで、その上を歩く者はいないため非常に自然な造りにできる。
     それどころか、どんなに小さな水路でも水場と判断できるのか、釣り糸をたらす者もいる程だ。


     目立つ造形物は以上だ。

     今後も景観を維持しつつ、高評価を狙える環境を維持していきたい…という意気込みは聞いている。活動は生暖かく見守ってあげたい。





    今回はここまで。

     尚、余談ではあるがDIYの匠(自称)は、マイホーム評価もそこそこ高めを維持している。数少ない家具でどう高得点を出せるのかは秘密だそうだ。

    EUV5TUxUwAAxB4c.jpeg

     ローンが残っているため部屋の増築は2つと未完成でもランクSは取れる。かつて村長職だった頃のスキルが活かされているのであろう。


     また、これだけ島に大胆な改造を施しても、最低限の環境を維持して景観を保持できれば★5の評価を付けることは可能である。

    EUd55z5UYAEoVTB.jpeg

     拙い内容ではあったが、当ドキュメンタリー(プレイ日記)が、全国の島クリエイターたちの参考になれば幸いである。


    ヽ(≧∀≦)ノ ありがとうございました!


    関連記事

    ★web拍手 web拍手 by FC2

    ★テーマ : あつまれ どうぶつの森
    ★ジャンル : ゲーム




    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年6月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2   

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ








     下図のアマビエさんバナーは、厚生労働省の公式サイト内「新型コロナウイルス感染症について」のページにリンク(別窓)しています。



     日本国内の感染状況、予防方法の掲載をはじめ、関連する素材画像も配布しています。




    ★スポンサーリンク










    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★カレンダー

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    ★最近の記事

    ツイッターに投稿した「あつ森」あれこれ・17/「夏の釣り大会」他【あつまれ どうぶつの森】 2020/07/11
    島クリエイターにおける「みせかけ」の基本(畑を作る)【あつまれ どうぶつの森】 2020/07/10
    島クリエイターにおける「みせかけ」の基本(お店を作る)【あつまれ どうぶつの森】 2020/07/09
    第5回・スプラトゥーン甲子園2020「ネット超会議2020夏」で開催(再開)決定!【スプラトゥーン2】 2020/07/08
    Xパワー計測。記録更新のチャンス?!【ガチホコ】 2020/07/08

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ