ウデマエゲージとマッチングの妙(後編)【スプラトゥーン2】

    スプラトゥーン2 ウデマエって何だっけ?

     この記事は前編からの続きとなります。今までの経験をもとに、ウデマエゲージ、マッチング、レートについて体感で書いている枠です。

    EOzl_9kUUAAG8WR.jpeg

     前回ではプレイヤー個人に設定されているであろう固有レート(ガチパワー)の推察と、そのウデマエ帯におけるマッチングシステムの役割、推定ガチパワーから推測できるレートの変化などについて触れました。
     ある意味ではガチマの闇とは何か、その深淵を探ってみないか?…というテーマに近い感じがしますw

     前回同様、あくまで私個人の考察や推論の1つであるという事を前提に、ご覧いただければと思います。長文ですので暇つぶし程度にドウゾ…





    飛び級の法則



     飛び級はC-~Sまでは4段階ずつですが、SからS+9はその制限がなくなります。ガチ勢さんたちの「C-から最短でXに上げる企画」等の配信を見ている限りでは、SS+9まで11段階が一気に上がった方もいました。

     尚、S+のウデマエはS+0~S+9で10段階です。また、S+9からXへの昇格が望めるガチパワーは2000以上を維持してS+9まで勝ち抜く事です。

    EOzl_9lUEAAEagC.jpeg

     したがって、S+の10段階をスキップできるような実力の場合は、個有レートはS+になった段階で2100以上をキープしてきたと推測されます。
     開幕のガチパワー推定は2000前後の表示でも、そのプレイヤー個人は、それまでの試合は概ね無敗で昇格し続けたなど、ズバ抜けた昇格条件を揃えていたのでしょう。むしろ、その部屋の平均値を大幅に上げている張本人かもしれませんw

     尚、Xに昇格する場合は飛び級は発生せず打ち止めになります。レートもガチパワーからXパワーに切り替わるため、一旦仕切り直しが発生します。

     飛び級はレート上だけで判断され、ウデマエゲージ自体には関与していないシステムと思われます。SやS+でもヒビの数や割れる条件は変わらないからです。





    ガチパワーXパワーの違いは?



     これも体感的な推論ですが同じものです。ウデマエC-~S+9までをガチパワー、ウデマエXからはXパワーと呼んでいるだけの差です。

     もう少し詳しく言えば、X帯は完全レート制になり、ウデマエゲージ(A+やBといった形式上の保護枠)飛び級の概念が取り払われただけで、ガチパワーの延長線上Xパワーがあります。

     月始リセット(繰り越し)におけるX維持には最低2000以上(2000カッキリはOK)で、1999.99ではリセットがかかる月にS+9に降格します。

     X帯での試合で敗北時にXパワーが1900を下回ると「ピンチ」表示(警告)が出て、その次に1敗するとすぐ降格の判定となりS+9に落ちます。

    13EFt8XmnVAAEJ_1i.jpg

     ちなみに、S+9に降格した後すぐ再戦すると、推定ガチパワーは1890~1900台になり、これは降格時のXパワーに比例します。
     Xに再び昇格した場合は計測からやり直しとなりますが、推定Xパワーも昇格時の数値に近い部屋になります。


     ちなみに、プレイヤー個人でのレートの増減は1戦あたり±0~48を確認しています。
     たとえば-0は回線落ちプレイヤーが発生して敗退した時に見かけます。-48は海外のガチ勢さんの試合(負け)で見た記憶があります。勝ち試合の場合は概ね+4~+12、ごく稀に+28も経験しています。

     Xパワーはウデマエゲージが存在しないため、数値が純粋な指標になります。しかし、負けた時のレート降下に歯止めがかかりません。
     なまじ連敗して数値を下げ過ぎると、たとえ計測中であろうと開幕数戦でS+9に落ちる事もあります。(降格経験者の言;)





    ウデマエゲージという安全装置



     ガチパワーとXパワーの話で、レートにおける昇格・降格の推察でお察し頂けた方もいると思いますけども、ウデマエゲージに話を戻しましょう。

     前回と同様、線引きの分かりやすいウデマエ「A」を例に図にしてみました。ウデマエゲージの左右にあるグレーの縦線が、そのウデマエにおける昇格・降格リセット地点です。
     実際「A」なら推定ガチパワーは1500~1600前後くらいが妥当です。ウデマエC~S+8における、1段階あたりの平均の枠は概ね100~150くらいだと思います。S+9は最高値まで振り切っている可能性がある事、C-は最低値までとして一定ではないため除外します。

    udemakosatu032.jpg

     この時点でお気付きの方もいると思いますけども、昇格には適正レートに近いウデマエまで上げる飛び級があるのに、降格1段階以上落ちません。全敗だろうと落ちる時は1段階です。

     C+からA-に飛ぶような飛び級昇格と、ウデマエキープの原級留置(OKライン)は存在するのに、A-からC+に落ちるような一度に数段階下がる降格はありません。
     正直、この時点で救済システムだと思います。





    レートが機能していないのではなく…



     ガチパワーの場合は、AやA+といった段階別のウデマエゲージ(保護枠)があること、昇格・降格の幅も一律ではありません。似て異なるシステム同士で管理されているだけに、レートが正しく機能していないように見えますが、果たしてそうでしょうか?

     固有レート(個人単位のガチパワーの数値)はゲーム上では目に見えません。なぜ伏せているのか考えたことがあるんですけども、それは同じウデマエでも個有レートの差が大きすぎて、数値上の混乱を防ぐ意味で個別には見えなくしているのだと思います。

    udemakosatu012.jpg

     上図のように、飛び級で上がってくるような高い固有レートを持つプレイヤーは、昇格した時点ですでに「A」としての適正値を超えている事もあるため、早くも次の飛び級を待っている状態でしょう。
     このように、適正「A」として表示できないプレイヤーも少なからず存在していることが、大きく起因していると思います。


    昇格しても空っぽになるのは…

     昇格・降格したタイミングでゲージが空っぽ(ゼロ)にリセットされるのは、そのウデマエにおけるマッチング用に修正するためです。
     ただしOKラインは例外で、OKラインより上回っていた場合はその分オマケがつく、特別救済ルールとなっています。

     ウデマエのリセットは、プレイヤー固有のレートをマッチングの基準値として、できるだけ同格のプレイヤーと対戦できるように直すためのシステムです。
     そこからは、その後の成績次第で昇格・降格の条件も変動していくのでしょう。





    ウデマエゲージのヒビの正体を探る



     負けた時にウデマエゲージに入るヒビは、そのウデマエに昇格した時の固有レートより明らかに低下したことを教えてくれています。

     ヒビ1つ=降格1回分に等しい低下です。演出こそ痛々しくてストレスを感じる人も多いでしょうが、このヒビ割れのシステムが無かったら、すでに1段階降格している状態です。

     このヒビは最大4段階まであります。これは飛び級と逆の現象が起きているんです。ウデマエゲージが割れた時に4段階降格されないのは、それこそシステム上で降格の上限が1段階までに設定されているからです。

    D622l40X4AE_8D6.jpg

     ウデマエゲージが割れた時、内部ステータスである個有レート(個人単位のガチパワー)は大きく下がっている筈です。
     しかし、降格した下のウデマエで再戦しても、OKラインでのやり直しでも、推定ガチパワーが300や400も下がることはありません。下げ幅も100~150程度の範囲で、チョーシがよければ取り戻せる筈です。

     降格しても推定ガチパワーが下がり過ぎないのは、そのウデマエに昇格してから得た最大の固有レートと、降格した時の最低の固有レート平均値(=1段階分)に緩和してリセットされたものと推測しています。
     それでも全敗する場合もありますから、シンプルに最初の固有レート(そのウデマエに来た時の初期値)か、あるいはそこから-100でリセットして落としている…という可能性もあります。

    100x100-6.jpg

     そのウデマエで推定パワーが一律ではないのは、あと1勝を逃して降格する強めのプレイヤーもいれば、全敗で降格する弱いプレイヤーもいるからです。負けた先でも上位、適正、下位に分けられている筈です。

     また、ヒビが入った後でどれだけ勝ってもヒビが消せないのは、そのウデマエにおける重要な敗退フラグとしてカウントしているからでしょう。

     負けは負けです。反省なき者に勝ち筋は見えませんイカ友談)

    EOzl_9kUUAAG8WR.jpeg

     ウデマエゲージのヒビは、目安として2敗で1回くらいの頻度で付きます。そして4回目で割れますから、最低でも7敗分の損失を吸収してくれている上に、割れても4段階分の降格を1段階に緩和します。
     あとはOKラインに乗せさえすれば、そこから何度割っても再挑戦できる機会を与えてくれてもいます。

    100x100-5.jpg 100x100-32.jpg

     ガチパワーとXパワーはレートしては同じということは、その固有レートへの増減も同様に±0~48の振り幅があるはずです。もし格下チームに連敗して-48が立て続けに起こっていたと考えてみてください。
     固有レートが1540の「A」だった場合たった3回の負けで1400を下回り、最悪B帯まで降格が発生してもおかしくありません。しかし、ウデマエゲージがあるからこそヒビでレート低下を肩代わりしてもらい、試合の試行回数にも余裕ができて、降格も1段階で済んでいると見ています。

     こんな凄い救済システムの恩恵を受けているのに、ウデマエゲージが害悪だとか、挙句の果てには味方のせいだとか文句ばかり言うそこのアナタ!
     まずはヒビが入らないように、どんな味方と組んでも牽引できるような実力をつけるのが先でしょう?


     そんなにウデマエゲージが嫌ならウデマエに来ましょう。ヤグラとホコ限定ですけど、今なら底辺でお待ちしてますわよ(どや~)





    ウデマエXで悟った、ゲージのありがたみ



     下図は先日のガチホコで計測した10戦分の推定Xパワーの推移です。☆マークがついているのは勝った試合(勝ち星)です。

     赤い下線を引いたところの前後の値を見て欲しいんですけども、微妙に数値の振れ方が大きいんですよね。

    xpEOlltSoU4AAELaT.jpg

     まず、私個人(1プレイヤーとしての)の適正レート帯はおそらく2000~2099で、ウデマエゲージの無いAだとしたら…。

    1戦目は(適正)で始まって
    2戦目でA-に落ちて
    5戦目にA復帰
    8戦目でA+になったけど
    10戦目でAに戻った

     これくらいの振り幅で変動しています。ウデマエゲージがあったらヒビ1回、8戦目でOKラインに乗ってゲージが大きく伸びたという状態でしょうか。

     Xではたった1戦負けただけで降格に等しいレベルで落とされているんです。また、取り戻すには相応の連勝を要します。
     ここにウデマエゲージがあったらまだ降格しなかったのに…と、思う事があった程です。Xはそんな甘えが許されない領域です。

     私はXの底辺をやっと維持できるような実力しかない身分ですけども…Xに上がり、S+9に落ち、レートの数字(ガチパワー・Xパワー)を冷静に見るようになってから、視点と考え方が変わったんです。
     特に開幕の推定パワーにおいては、対戦相手の力量を推測して、冷静に作戦を変えて挑めるようになりました。これは私が弱いからこそ、画面上のデータを活かす生存戦略だと思ってます。

    DsYP_ZrU8Aciqiv.jpg
    (1試合あたり、どれくらいカウント進めてるか分かりますか?)




    メンタル管理も重要



     また、前回の末尾に、ゲームは心理戦でもあると書きましたけど、プレイヤーの年齢に関係なく、ガチマッチの負けが原因でイライラしやすい人は、是非アンガーマネジメントを試みてください。

     一番単純な方法は、負けてイラっとしたとき「つづける」をしないことです。Bボタン連打で広場に戻るでもいいし、いっそHOMEに戻るでも構いません。ロビー画面から出て視界を切り離してください。目をつぶるでもいいです。
     手からはコントローラーを離して置いて、そのまま深呼吸しながら6秒は待ってください。
     ついでに飲み物を飲む、好きなお菓子を一口食べる、好きなキャラグッズやぬいぐるみ等があるなら傍において、撫でてたり見つめてみる。それだけで少しは落ち着くと思います。

     ウデマエは上に行くほど冷静さも試される世界ですので、まずは自分のメンタルを律することも考えましょう。
     アンガーマネジメントはテレビゲームに限らず、モノやヒトに八つ当たりしやすい人、すぐキレるなど怒りのコントロールが難しい人にもオススメです。

    EO5-ekxU8AA5_9Z.jpeg

     しかし何故、ウデマエゲージはあんな痛々しい心を折るような演出なのか…ウデマエゲージはレート保護、OKラインによる救済システムで、ウデマエ自体は維持しやすい&上げやすくなってます。
     だからあえて心理的にグサッとくる演出を仕掛けて、プレイヤーの心理面で戦意を下げて、無理に続ければ負けを誘発しやすくしているのでしょう。
     上げやすいシステムに対し、負けた時はプレイヤーのメンタルを下げて相殺しているものと思われます。




    経験から語っただけですが…



     Xに上がってから、いかにウデマエゲージが数多くの負けを安全にカバーしてくれていたか、ヒビの意味まで思い知らされました。
     だからこそ、界隈から聞こえてくるウデマエシステムへの罵詈雑言に対し、ウデマエゲージ自体には罪はない、むしろ固有レートを守ってくれている救済システムであると証言するため、アタマの中にあるスカスカのネリメモリーをフニフニしつつ、記事として残すことにしたんです。

     ぶっちゃけると、前作の勝率システムよりはるかに上がりやすいです。OKラインの恩恵なんかひしひしのマシマシです。

    100x100-1.jpg 100x100-4.jpg


    …と、いう事で。

     私がこのブログ上で再三「ガチマは引き際」だとか「ヒビ1つか、3敗か、OKラインに乗せたら一旦お休みしましょう」と繰り返すのは、私自身が末端にいる弱い一般人プレイヤー(おザコ)という自覚の上で言ってます。
     今までいろいろな経験を経てきた上での最大限の助言であり、また、自戒でもあります。

    今回のコラムの要点

    ・ウデマエを決めるのはあくまでレート(OOパワー)
    ・「A」や「B+」という記号は体裁上の表記
    ・飛び級は特に優秀なシステム
    ・推定パワーから危機管理のススメ
    ・ゲームは情報戦であり心理戦でもある
    ・ブキが光った=強いプレイヤーではない※2020年6月19日追加(前編)

    ・Xパワーとガチパワーは同一線上にあるレート
    ・個別にガチパワーが表示されないのは全員が一定幅ではないため
    ・降格が1段階の裏でゲージのヒビが肩代わりしている
    ・Xでのレート維持は底辺には大変な事である
    ウデマエゲージは優秀な救済システムである
    ・ガチマは引き際が肝要である


     長文になりましたけど、イカがでしたでしょうか?少しでも参考になりそうな記述があったら幸いです。Xを目指す方は頑張ってくださいね!
     以上、ウデマエゲージ、マッチングシステム、レートについての個人的な見解でした。ソースはです。

    o(≧ω≦)o お目通しありがとうございました!


    <終わり>




    ★web拍手 web拍手 by FC2

    ★テーマ : スプラトゥーン2
    ★ジャンル : ゲーム




    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年6月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2   

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ








     下図のアマビエさんバナーは、厚生労働省の公式サイト内「新型コロナウイルス感染症について」のページにリンク(別窓)しています。



     日本国内の感染状況、予防方法の掲載をはじめ、関連する素材画像も配布しています。




    ★スポンサーリンク










    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    ★最近の記事

    ポストでお絵描き/Rブラスターエリート 【スプラトゥーン2】 2020/08/06
    ポストでお絵描き/ヒッセン 【スプラトゥーン2】 2020/08/05
    スイッチ世代の「夢見(ゆめみ)」初心者さんへ【あつまれ どうぶつの森】 2020/08/04
    「花火大会」開催!【あつまれ どうぶつの森】 2020/08/03
    第5回スプラトゥーン甲子園・オンライン地区予選・春を視聴 2020/08/02

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ