ウデマエゲージとマッチングの妙(前編)【スプラトゥーン2】

    スプラトゥーン2 レートって何だろう?

     スプラ2自体も発売から2年以上が過ぎ、データ界隈に関しては色々な方が検証して記事に書いていますけども、この辺で私もウデマエゲージマッチングについて書いてみようと思いました。

    EOzl_9kUUAAG8WR.jpeg

     公式に開示されている情報は、公式ツイッターやゲーム内における単純な仕様の説明しかありません。しかし、ウデマエゲージには、割れる演出の裏に重要な役割があるように思いまして。
     私も一応は2ルールをウデマエXに昇格し、恥ずかしながら降格の経験もありますので、ゲージのある・なしの対比は実感しています。

     アタマの中の整理なので、データがどうこう云々より、実際にウデマエが変化した経験を主体に、体感で書いておきます。

     以降、あくまで私個人の考察や推論の1つであるという事を前提に、ご覧いただければと思います。長文ですので暇つぶし程度にドウゾ…





    ※2020年6月19日追加

    ウデマエ(レート)の保護装置?



     私の推論ですけども、結論から言うと、ウデマエゲージはそのプレイヤー個人に設定されているレートの数値(以下「固有レート」)が、それが下がり過ぎないようにするクッションであり、プレイヤー個々に付けられた救済システムという見解を持っています。

    EOzl_9CUEAEPy7g.jpeg

     その演出こそ「ヒビが入る」「割れる」という不快な分類なのは確かですが、このウデマエゲージがあるお陰で、負け越しても水面下では個々のレートはちゃんと守られているんです。

     それはどういうことか。今までのいろいろな経験をもとに、考えたことを書いておきます。





    見た目は同じでも差は歴然のガチパワー



     表面化されていないとはいえ、C~S帯のガチパワーも、X帯のXパワーと同様、プレイヤー個々のウデマエ毎に個有のレートは設定されていると思われます。

     ここではプラス・マイナス表記で階級もハッキリしているA帯・平均ガチパワー1500~1600帯を例に使います。例え話ですのでおおまかなイメージとしてご覧ください。

    100x100-3.jpg
    ▼個有レート値1700以上の「A」…レート上位
    勝率6割以上、開幕でブキが光ることも
    ・ゲージの伸びは一長一短でも、無敗で連勝中
    ・SまたはS+に飛び級の可能性が高い


    100x100-6.jpg
    ▼個有レート値1600前後の「A」…レート適正
    勝率は5割いけるかな?くらい
    ・OKラインに乗せればセーフ
    ・チョーシが不安定


    100x100-5.jpg
    ▼個有レート値1500前後の「A」…レート下位
    勝率が低く、ヒビだらけの事が多い
    ・A-とAで昇格と降格を繰り返す
    ・OKラインに乗せられるか否か


     同様にA+」でもSに近い(または飛び級候補)、A+で停滞、A降格に近いプレイヤーがいることになりますし、A-」でもAに近い(または飛び級候補)、A-で停滞、B+降格に近いプレイヤーがいることになります。
     加えて、あと1回のバトルで昇格(降格)が決まるプレイヤーもいれば、連勝(連敗)中のプレイヤーもおり、勝率が変化するタイミングもバラバラです。
     マッチングシステムは、それらとブキ(カテゴリと射程差)を総合して8人を選出しています。

     ここでは分かりやすく3段階に分けただけですが、同じ「A」でもこれだけ見えない部分の個人差があります。バトル開幕に「8人のガチOOパワー推定OOOO」と平均値しか出せないのはそのためでしょう。

    EOzl_92UYAEdKJL.jpeg

     格上が混じっているのか、格下しかいないかはマッチングシステムの采配ですので、表面上は「A+」「A」「A-」としか分かりません。

     ただし、固有レート1700以上が4人のチームに対して、1500で4人のチームという分け方は無いと思います。

     まれにA+が4人相手でも、A-が4人のチームでそこまで苦労せず勝てたことが何度もあるからです。
     この場合は、A+でも固有レートが下位の4人と、A-でも4人全員が上位だった可能性が高く、内部の数値ではバランスがとれていたという事もあるでしょう。
     ウデマエ上では格上チームを倒したし、オブジェクトにも関与したのに、ゲージの伸びがイマイチ悪いな~と、いう場合は、ガチパワーの平均または固有レート上ではコチラが高かったことになります。

     ウデマエゲージの伸び方はゲーム内のルールの項目にある通り、あくまでガチパワーが基準であり、ウデマエのアルファベット+-は、あくまで間仕切りでしかありません。





    差がついた時点で格付けされている?



     記事の冒頭で並べた3人の分布図です。一見100ポイント差の序列に見えて大したことが無いように見えましたけど、図にすると実力差は一目瞭然です。
     特に固有レート1700以上のプレイヤーの枠を大きくはみ出して、実力からして場違いです。

    udemakosatu012.jpg

     これに加えて、勝率(勝った数・負けた数)、貢献度(オブジェクトを自力で進めたカウント、相手の侵攻中に取り返した・止めた回数やカウント、倒した数とやられた数の差分など?)、回線落ちや放置プレイヤーの有無などで、ゲージの伸び幅やヒビ割れの判断がされていると思われます。

     貢献度については諸説ありますが、オブジェクトやカウントに関して何らかの+αはある気がします。
     私の場合、ヤグラもホコも相手を倒した数はせいぜい2~3回で残りはやられてばかり。ただしオブジェクトには極振りでカウントを進める事だけに専念していたら、勝利時のゲージが4分の1くらい一気に伸びた事も何度かありました。


    マッチングシステムの判断

     個有レート1700以上のプレイヤーは昇格時に飛び級させ、適正レート&ウデマエ帯まで上げて「A」から除外することが優先されます。
     以降は昇格した先で一旦リセットされますが、その先でも勝率を維持して全勝するような状態であれば、更に上に飛び級が発生する事もあります。

     一方で、勝率が低いプレイヤーは、OKライン突破の有無ヒビの数で、保留か・降格かのフラグが立ちます。

    udemakosatu0223.jpg

     弱いプレイヤーから見れば、明らかに強いのにいつまでも同じウデマエ帯に居座られても(荒らされても)迷惑です。
     逆に強いプレイヤーから見れば、早く強いプレイヤーと対戦したいのに、弱いプレイヤーしかいない部屋で1段階ずつ昇格を待つのは苦痛でしょう。

     昇格時という判定のタイミングは要りますが、適切なウデマエ帯に引き離せる意味では、昇格システムは上手く作用していると言えます。





    「8人の推定ガチパワー」を見極めよう



     普段はなかなか勝てなくても、まれに運よく連勝できる事がありますが、連勝した後のタイミングから8人の平均レートが跳ね上がることがあります。

    100x100-5.jpg
    「今まで1580~1650くらいだったのに、この試合は1720!?」

    …という事があります。これは

    残り7人の中に格上プレイヤーが複数混じった
    自分の固有レートが上がって格上の部屋に移行した

    …の、どちらかパターンと思われます。いずれも格上プレイヤーのいる部屋で試される段階に来たことになります。いわゆる固有レート上の昇格戦です。

     この状態で勝ち続けられれば、ウデマエゲージの伸びも大きくなりますが、同時に固有レートが上がって、上がったまま据え置かれるため、負けるまで格上プレイヤーの部屋にマッチングされ続ける事になります。
     チョーシが良い・連勝できるうちはガンガン挑戦するのもアリです。流れに乗れているうちはチャンスです!


    しかし…連敗による逆も真なり。

     連敗(個有レートが下がった)状態のままで続けていると…マッチングシステムは「減ったレートを取り戻せ」と期待値を乗せてくるのか()は知りませんが、推定ガチパワーは高いまま格上の部屋を当ててくることがあります。

     ウデマエの低いプレイヤーの場合、ここで続けると連敗が連敗を生み、降格の危険を招きます。なぜかというと、負け越しやヒビの演出による焦り憤りから、すでに集中力が低下して心理的に折られているからです。

     実力が思うように発揮できない中で、格上を相手にするのは無茶です。味方が弱く感じるのも、概ね個有レートが変化するタイミングにあります。
     ここで引けずに「OKラインまで乗せたい!」とか「もう1回勝てるまで!」と言って連敗の泥沼にハマっていませんか?

     その連敗こそ、界隈で「懲罰だ」「調整だ」と言われている部分だと思います。

    D-t6ABnVUAA_3vU.jpg

     マッチングした時は、推定ガチパワー(Xパワー)にも目をやって、数値が大きく変化したタイミングに注意してみてください。
     そんなのあとでイカリング2で見ればいいと思う方もいると思いますが、ここで肝心なのは試合前に知る事です。

     事前に判断できれば「さっきより70以上も上がった。相手に格上プレイヤーが混じっているかも!」と気付ければ、より警戒を強めて慎重に挑むこともできます。勝てれば金星の可能性もあります。
     負けても格上がいたと分かっていれば「このまま続けても連敗コースだろうな、今日はやめて対策立てよう」という判断材料になり、無駄にウデマエを減らさずに済みます。
     逆に、連敗していないのに下がった場合は「キャリーが求められてそうだから、油断せずオブジェクト中心に味方のフォローに回ろう」と、作戦の変更もできます。

    100x100-1.jpg

     個々のガチパワーは見えませんが、推定値からでも今の自分の適正レートはどの程度かは意識しておくといいです。
     どんな数値の試合で、どういう変化があったか、強すぎるプレイヤーがいたなど、それらは自分自身の情報と経験になります。

     テレビゲームはデータの塊です。実力を上げるためには立ち回り、エイミングなど操作上のスキルや判断技術は必要ですけども、画面上にある情報をイカに読み解くかの情報戦でもあります。
     同時に、対人ゲームの場合は心理戦も発生しています。画面上の情報を賢く使って、無駄なく勝てるようになりたいですね。




    ブキが光るタイミングとは


    (2020年6月19日追加)

     ブキが光るタイミングについても質問をいただいたので、ウデマエに関連している内容から、この場において私なりの推論を記述しておきます。

     ガチマッチの1つのルールにおいて、同じブキを使ったまま連勝して行くと、開幕でブキが光る現象があります。

     私も何度か遭遇したことがありますが、これは「そのブキにおいての勝率が一定以上」をキープして勝ち進んでいる状態を表現しています。
     推定ですが、直近50戦で、同じブキにおいて勝率7割以上を維持している状態で光ると見ています。実際に自分の戦績から計算した数字ですので、誤差はあると思われます。


     スプラ2公式ツイッターでは上記のような説明がされていますので、「1ルール/1ブキ/今いるウデマエ帯」における勝率が関わっていることは間違いなさそうです。
     ブキの特性を理解した実力者という表現がされていますが、同じブキで勝ち続けるにはそのブキを使い込んだ上に、サブ・スペシャルなどの仕様も把握した立ち回りが必須ですので、使い慣れたブキを手にしている熟練者という意味合いが強いでしょう。

     全員が光った状態での開幕もあり得ます。かといって、勘違いしない方がいいと思う点は、光らなかったから弱いという訳ではありません
     一緒に組む味方には、あと1勝で光る演出を得る人もいることでしょうし、あと1回で光る演出が消える人もいます。

    ENCjdeHU4AE23hG_202006191735373d2.jpeg

     ・・・と、いう事は、光る演出はあくまで勢いのあるプレイヤーというだけで光ったから強いという訳ではありません

     運よくキャリーされて、オブジェクト極振りしてただけで、ろくすっぽ対面の戦いもしないまま、そのまま連勝して光ってしまったというのようなパターンもあります。
     対面が強いとかエイム力とかのスキル的な実力(強さ)の勝率だけではなく、運だけで勝率を上げた場合もあると言っておきます。

     勝率が近い者同士で組まされる場合こそ、推定ガチパワーをしっかり把握して立ち回り方(作戦)を臨機応変に変えて挑むことが重要になってきます。
     これは個人的な体感ですが、S+までは無双しただけで勝てた人も多いでしょうから、強いというより突っ走りやすい傾向の人が多いのが欠点です。

    ENCjdeBVAAAjRUj_20200619183042b6b.jpeg

    1ルール/1ブキ/今いるウデマエ帯

     たとえば、ウデマエSのガチヤグラでおスシが光っている状態で、次の試合を黒ZAP持ち替えた場合、黒ZAPは光りません。その試合で勝っても負けても、次の試合でまたおスシを使えば光ります。

     また、ガチヤグラでは光っていても、他のルールで同じブキを用いても光りません。また、勝ち進んでSからS+に昇格した場合も光らなくなります。これはウデマエ(固有レート)がS+の枠にリセットがかかるためと思われます。今度はS+として、同じブキを使い込んで勝率を上げる必要があります。

    100x100-6.jpg

     ブキを変えると、勝率は変えたブキのものにリセットされます。負け続けたからと安易にブキを変えてしまうと、今度は勝率の低い者同士でマッチングしやすくなり、不慣れなブキで連敗を生む可能性が上がります。

     ちなみに、光った直後から負け続けると、概ね3回目で光らなくなります。同じブキでもそうじゃなくても、3回負けたら引くというのは、次の機会まで温存することでもあるんです。理にかなっているんですね。


    光っても過信は禁物

     結論を言うと、光る演出はあくまで「1ルール/1ブキ/今いるウデマエ帯」ごとに記録されている勝率の表示的な演出です。
     同時に、そのウデマエ帯とルールで光らせるまで使い込んだ証でもあるので、ブキ毎におけるウデマエの目安とも言えるでしょう。

     勢い、運、実力のいずれかのうち、何らかの勝ち筋を掴んだ勢いに乗っているプレイヤーというだけで、要はナワバリバトルのチョーシメーターにおける「チョーシサイコー!」状態ガチマ版だと思えば分かりやすいかと。

     気を付けたいのは、味方に光るブキの使い手がいたとしても、強いプレイヤーだと妄信しない事が重要です。
     開幕で「光ったから強い人かも。何とかしてくれるだろう」という気持ちのゆるみが出て、結果的に負ける可能性が出るからです。

     勢い(チョーシ)、運、実力は別物とし、ガチマッチの実力はそれらの総合力だと心得て、冷静に挑みましょう。


    後編に続く>




    100x100-32.jpg 100x100-6.jpg
    100x100-2.jpg 100x100-1.jpg

    アイコンはネリメーカーさんで作りました。
    かわゆす(´ω`人)






    ★web拍手 web拍手 by FC2

    ★テーマ : スプラトゥーン2
    ★ジャンル : ゲーム




    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年6月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2   

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ








     下図のアマビエさんバナーは、厚生労働省の公式サイト内「新型コロナウイルス感染症について」のページにリンク(別窓)しています。



     日本国内の感染状況、予防方法の掲載をはじめ、関連する素材画像も配布しています。




    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★スポンサーリンク










    ★カレンダー

    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    ★最近の記事

    黄金ランダム@クマサン祭!3度目のカンストを目指せ!【サーモンラン】 2020/09/20
    ポストでお絵描き/スプラマニューバーコラボ 【スプラトゥーン2】 2020/09/19
    ポケモンBWが10周年【ポケットモンスター ブラック・ホワイト】 2020/09/18
    ニンテンドーダイレクトmini 2020.9を視聴!そして3DSは生産終了へ… 2020/09/17
    あつまれどうぶつの森のグッズ到着!【マイニンテンドー】 2020/09/16

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ