ポストでお絵描き・29 【スプラトゥーン2】

     絵にする造型こそ比較的シンプルな分類ですけども、だからこそ奥が深く、一本の線の乱れがバランス崩壊になりやすくなるのがローラー系です。
     実は、私のデッサン力はせいぜいB帯です。ではどうやって描いているのかと言うと、見たままを脳内変換してアウトプットしているだけという、極めて直感的な描き方です。
     学生時代、美術の先生にそう言われたので間違いないです。たぶんw


    今回はスプラローラー ベッチューです。

    0EMNhtzvUcAE3nJU.jpeg

     ゲーム内の表示に関しては、私はソロ専でフレンドもゼロの身分なので、ゲーム内に表示されているかという確証はありません

    (´-`).。oO(最近になって、少々お邪魔している事がある傾向にあるようですが…載る載らないはシステムにお任せしています。もし見かけたらツイッター上で教えてくださいね)

     どれだけ時間をかけても表示されない点に関してはスイッチの投稿システムの仕様だと思いますので、仕様を承知の上で(趣味で)描いています。

     では続きに作成過程を載せておきます。ご興味がありましたらドウゾ…




     今回はツイッター上や広場で「スプロラ」に関する投稿を目する事が多かったこと、ゲームの中でも、ガチエリアでたまたま味方に来たローラー使いさん(こちらはスプロラベッチュー)の無双っぷりに驚いて、絵筆を取りました。

     特定のブキにご縁がある日だな~と。私のモチベは単純なもので、影響されれば描きたくなるというトコロは否めません。何より趣味のお絵かきは、描きたい時に描けること。それが一番良い作品になる筈ですので。




    では、描いていきま、しょ!

    01EMNhMI6U8Ac2CbL.jpeg
    02EMNhMI-U4AA38Ed.jpeg

     ローラーは基本的な造型がハッキリとパターン化しているので描きやすい方です。ですので、開幕から描きたい位置を決め、(グリップやフレーム)、塗り可動部分のローラータンクの3点をしっかり固定して、一気に描いていきます。

    03EMNhMI2VUAAxBca.jpeg
    04EMNhMJWVAAEMROI.jpeg

     ローラー部分の凹凸(ぼつぼつ)は、8個と9個の配列になっています。大まかに位置を決めたら、いちばん細いツールで描いたり削ったりして、きちんと一列に見えるように整頓していきます。

    05EMNhWUUUwAA6Wh0.jpeg

     ベッチューはモノクロ推しのブランドですけども、コラボブキでは白よりも黒を基軸とした配色イメージになっている事が多いので、密度が濃いトーンで充分に存在感を出せます。暗めのイメージで入れていきます。

    06EMNhWUTUwAEvE7f.jpeg

     円柱ですので、上面はトーンの黒:白の点を1:2にして、少し明るくします。こすうると、仕上げのハイライトを置く時、より光った感じになります。

    08EMNhWUSU0AAdIqC.jpeg

     ローラーの丸い凸凹にもハイライトを入れました。立体感を出すのはなかなか難儀するんですけども…それっぽく見えてますか?

    09EMNhiarU4AAPJyd.jpeg
    10EMNhibDUEAEpHKp.jpeg

     インクタンクの部分を仕上げていきます。規則正しい曲線に仕上げられるかも、ローラーを描く上で重要な生命線です。
     スプロラ系のタンクは、インクの排出口の形状が異なるだけで、ベースになっているのはシューターのおスシのそれですね。



    11EMNhibIUwAAsaUm.jpeg

     ローラー側の車軸もしっかり描いていきます。よく見ると黒いカバーも立体的になっているので、そこは意識して厚みも出します。

    13EMNht0cVUAEKI0N.jpeg

     ついでにローラー部分の光沢も出していきます。


     細かいトーンや小さいパーツの類は十字キーでポチポチしていますが、大きな面積の光沢は、スタイラスペンでガサガサっと描き入れているだけです。
     直感的なだけで難しいテクニックは使ってません

    12EMNhibyVUAYWluH.jpeg

     とりま8割完成です。
     いつも通りセーブして一休みしましょう。お茶を飲みつつ、今までの筆致を見なおして、頭の中で再構築する時間でもあります。
     手は動かさず、仕上げに残り全ての集中力を費やすためにアタマを動かす時間です。潜伏中のローラー使いさんの気持ちです。

    再開です。

    14EMNhtz9VUAA_FNn.jpeg

     文字を入れて、細部の総仕上げに入ります。フォントはいつもの細いのにしても長いので、三行でw

     日本ではスプラローラーベッチューと、亜種はブキ名の後ろに追記する形で表現されていますけども、英語圏のブランドコラボは概ねKensa Splat Rollerって、ブランド名+ブキ名になります。
     ケンスァ スプラッ ラゥロァ…ってwローラーだけに舌も巻っき巻きの読み方ですわね(口の内側を噛んじゃったじゃない!ムキー!)


    15EMNht0LVUAAs_hP.jpeg

    で き あ が り

     作業時間は約2時間でした。モノクロをモノクロで表現する…単純に見えてなかなか難しいですね。トーンや細部の調整に時間がかかったものの、概ね描きたい構図通りにできました。
     オマケにローラー部分やフレームに、無駄にツヤ出してみたくなったり弄りたくなるのよねw

     ここは余談ですけども…日本も「(ブキ名)コラボ」ってシリーズがありますけども、名称や見かけではロゴマークしか分かりません。ファッションやブランドへの興味が無ければ、それがどこの協賛製品かも気付かないレベルです。
     その点、英語圏(北米や英国、豪州)はスポーツ=スポンサーありきのお国柄のせいか、コラボ製品はメーカー名もちゃんと出して対応する傾向があります。要は協賛製品にも「名前を出して」売り込むことでwin-winであると…広告やスポンサーに対する認識から違う気がします。
     日本はその辺が控えめで、逆に制約で縛ってしまう傾向があるので、文化として発展・浸透しにくい事もあるのでは?…と、二次元世界とリアルの狭間で、ちょっと考えさせられました。

    o(≧ω≦)o ありがとうございました!



    関連記事

    ★web拍手 web拍手 by FC2

    ★テーマ : スプラトゥーン2
    ★ジャンル : ゲーム




    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年1月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    ご用命ありましたら承ります




    web拍手 by FC2   

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ

    ★カレンダー

    03 | 2020/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    ★スポンサーリンク








    ★ブログ内メニュー

    注・読み込みに時間がかかります。

    インデックス/過去ログ一覧

    ▼ブログ内をキーワードで検索

    ★登録サーチ

    駄文同盟.com
    よろずりんく
    【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ