スーパーファミコン「ヨッシーアイランド」(Switch)を極めていく!

     形容しがたい溢れ出る脳内の何かに、憑りつかれたかのようにコントローラーを握ること数時間。
     時にくじけ、時に記憶をたどり、時にひらめき…私はとうとう、かつて到達した高みへと再び辿り着いたのだった。

    6 達成

    EFDwU-jUUAAeXIa.jpg

     そう、この画像は約20年前にテレビのブラウン管で見た、かのハードとソフトで達成した快挙の再来。
     ヨッシーアイランドに巣食ったカメ軍団との戦いを終え、更にその先の冒険をも全て極めた証である。


     以降の記述も開幕からネタバレ全開ですので、ご了承の上でご覧ください。




     つい先のエリアまでは、スキー楽しい~ウヒャー!(失敗)な~んて、思い出してはゲラゲラ笑っていた私ですけどもw

    EFDwU-eUUAAzgKD.jpg

    EFDwU-TUwAE7kCP.jpg


    途中セーブ万歳ですホントw


    後は…ちょっと子供の頃を思い出したりして…

     私「スーファミのヨッシーやってる子いる?」
    友達「やってるよ。面白いよねーヨッシーかわいいし」
     私「あの空に行く面の赤コイン1枚足りないんだよね」
    友達「フラワー取ったの先にもう一匹、赤コイン持ち出るよ?」
     私「ホント!?ありがとう、やってみる!」


     私が子供の頃(スーファミとしてプレイしていた頃)は、今のようにインターネット(攻略サイト)も無ければ、ケータイもスマホもありませんでした。

     テレビゲームの攻略情報は、同じ学年で同じゲームをしている子、ファミ通などのゲーム雑誌、ゲーム発売から後発で出る攻略本と、あるいはスーパーマ●オクラブなど任天堂がスポンサーしていたテレビ番組など、情報の入手経路は非常に狭いものだったんですよ。

     それだけに、同じゲームをプレイしている子は、男女にも関係なく仲良くなれたりもしましたね。ある意味で攻略情報を知ってる子=ゲームが上手い子で、一種の特技として注目されている印象でした。
     男子は裏ボス探し・ボス毎の最強装備、レースならタイムアタックのテクニックについて語ることが多く、女子の攻略談は分からないところを埋め合う感じ。あとは好みのキャラクターで会話の花が咲いたものです。お絵描きしたりねw

    ヽ(´∀`)ノ

    しかしまあ…思い出に浸る余韻も間もなく

    絶望した!ミニゲームには絶望した!


     序盤はアイテム入手経路が限られてますから、ミニゲームで勝って「タマゴ満タン」とか良いアイテムが手に入ることもあるんですけども…。

     エリア5までコンプしてる段階なら、アイテム系をもらえるミニゲームはプレイし放題なんで、わざわざ迂回したり、危険なルート選んでまでカギ探しに行くリスクが無駄なんです。
     リザルトにも影響しないとなると、ミニゲームのボロドー時間ボロドーでしかないので、終盤はスルーすることにしましたw

    (`・ω・´)

     そして踏み込んだ最終エリアは…流石にラスボスに近いだけあって、ルートが迷路化していたり構造も複雑になります。
     たぶん初見さんは歯ごたえありますよ~瞬発力よりアタマ使う感じで?

    EFDx7IeUEAE0YTO.jpg

     さっきの木箱を水路側に持ってきて…踏み台にするんだっけ?…えーとえーと…と、久しぶりに迷ってみたり。タイムアップは無いので、とりま思い出すまでやり直し込みでぐるぐる回ってましたw

     発射したタマゴ(弾)の反射角を考えて放つことで変化が起こる。このゲームではいろいろ学びました。


     物理の法則とかそういうお勉強的・リアルなものではなく、効果を得るためには先を予想する行動の大切さという意味です…


     2件目のフラワーは、真下なので飛び降りても取りに行けますが、踏み外せばトゲに刺さってゲームオーバーです。行動リスクを回避するために、投げ方の角度が分かればタマゴを投げても概ね取れる位置にオブジェクトを置いている…このゲームを作った人たちは、よく考えてるな~と感心します。


     最後のお城では、意味のないような・あるような光景が見れることも…想像力を刺激してきますね。


     これは赤ちゃんマリオの連れ去り作戦に失敗したボロドーなのかな?とか…カメックやラスボスによるオシオキ部屋なのかな…とか、黒い任天堂()を見ました。





    さあ…とうとう本殿へ乗り込みました!

    EFDwU-eU4AQ2Zic.jpg

    EFDwv_aUcAEgzLs.jpg

    EFDwv_UVUAASnOz.jpg

     この間の展開は省略しますけども、まあクッパらしい展開だなぁと、是非プレイして確かめて下さいね。

    EFDwv_YUcAEr4y3.jpg

     クッパぼっちゃま。最近のマリオ作品に登場しているクッパJr.を彷彿とさせる容姿ですね。親子だけにそっくりです。赤ん坊マリオよりもヨッシーに興味津々の様子ですが…

     ヨッシーに拒否されて逆に倒されてしまうクッパぼっちゃま…そこへ忠義を見せようと(?)カメックがかけた魔法は…

    EFDwv_cUEAATJ2L.jpg

    EFDw-4XUwAAMrN8.jpg

     今こうして見ると…容姿がまるで別人(亀)ですね、これはある意味で未来との対面なんでしょうか!?

    EFDw-36U4AI8pKl.jpg

    容赦なく撃破しますけどね!

    (´-`).。oO(中身がどんだけキッズだろうと、敵である限り手加減などしないのです。ゲームの世界は厳しいのです!)


    EFDw-4cUUAAK08M.jpg

    はい、マリオシリーズへの伏線(フラグ)も頂きました!

    EFDx7IwUUAANKkU.jpg

     双子の弟・ルイージも無事だったようです。コウノトリも焼き鳥にされる前で良かったね!


    そしてエンディングへ…

    EFDw-4cVUAArD8g.jpg

     BGMもステキなんですけど、映像もまた良いんですよねえ…オープニングデモと同じ枠の中で、淡々と流れて行くだけのアニメーションなのに、なぜか見入ってしまうんです。

    EFDxZayUwAE3ZJJ.jpg

    スーファミでできる表現の限界まで使ってる気がしますね。キレイ。

    EFDxZa4UcAAw4kP.jpg

    EFDxZa4VUAUPeK0.jpg

     赤ちゃんたち無事に着いてよかったね~…めでたしめでたし。マリオたちのお話の前のお話は…優しく温かい一枚絵で締めとなりました。


    (っ^ω^)っ

    …ま、まだスペシャルステージ残ってますので(リセットぽちー)


     エリア6のスペシャルコースは、クリア後の裏ステージにしては…だだっ広いだけで難易度は普通です。
     文字通り「そうしゅうへん」という感じで楽しむのが吉かと。

    EFDMOgfUUAE8PKP.jpg

    全てのステージを制覇した!

    EFDMOgMUcAAewce.jpg

    プレイ時間は15時間39分でした。

     途中のファイルが深夜3時とか…大晦日の年越しでもまず起きてない気がしますけども。夜更かししすぎましたね…生活サイクル戻さなくちゃw

     ここも正直に言いますと、BGMを聴きたいが為にすこし長引かせたり、ドット絵の風景に夢中でわざと遠回りしてたり、寄り道だらけでしたので…経験者によるタイムアタックとして見るには厳しい数字だと思います。
     のんびりマイペースにプレイしてこんなもん…と、見て下さい。


    オープニングの映像ですけども…


     当時の私は(ヨッシーアイランドが)夜になった」という印象だったんですけども、実はカメ軍団(クッパ)が占領している土地(エリア6)ワープしてきた…と、いうのが正解だったようです。

     20年越しの真実に今やっと気付きましたわー!

    (´-`).。oO(当時の私は純粋だったのね…当時は…)


    そういう事でして。

     ツイッターには先に貼りましたけども、ホント年甲斐もなくヨッシーアイランドに夢中になって、夜更かしまでして…まさかスイッチでスーファミにハマるとは。
     あとは長年「スーファミのヨッシーアイランドをもう一回遊びたい」という一種の未練(ハード的な問題)も無くなりました!今こうして最新ハードでパーフェクト取れたことで、当時のセーブデータを約20年ぶりに最新ハードに手動コピーできた気分でもあります。

     クリア記念に、今回のスイッチのDLCによるモニタ画面と、当時のSFCカセットと記念にパチリ☆

    20190922.jpg

     20年前のスーファミソフト同じスコアのデータが、最新ハードの中にもできたんですよ?この凄まじい達成感、分かってくれる人いるかしら?
     さすがに目や肩は疲れましたけど、若返った気持ちでプレイでき、結果も出せて大満足です。任天堂さんにも重ね重ね感謝しかありません。

     では!ヨッシーアイランドのプレイ日記はこれにて終幕です。ここまでお付き合い頂きまして、ありがとうございました!

    ヽ(≧∀≦)ノ デッテイウ!




    関連記事

    ★ランキング参加中です
     

    ★web拍手 web拍手 by FC2

    ★テーマ : Nintendo Switch
    ★ジャンル : ゲーム




    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2019年8月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.



    web拍手 by FC2  

    ランキング参加中!
     

    ★スポンサーリンク

    ★カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    ★ブログ内メニュー

    注・読み込みに時間がかかります。

    インデックス/過去ログ一覧

    ▼ブログ内をキーワードで検索

    ★登録サーチ

    駄文同盟.com
    よろずりんく
    【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ