続・退職直前の雑感(終)

     倒れて入院までして、原因不明のまま静養を言い渡され、会社からは有給休暇の消化で終わり。安い保険に入っていたのですが、そこからは入院費の半分ちょいくらい支給されました。数万円の赤字でしたが、それでも保険に入っていてよかったな~と思いました。

     復帰予定を決めるため会社に顔を出した時、そこで会った同僚や後輩の安心した顔が露骨で…後で聞いてみたところ、私が倒れて不在だった間は相当バタバタしていたと聞きました。
     反面、そこまで信用して貰えていた点は嬉しかったですけども。

    20190829-1.jpg

     復帰後…大事を取って終業時間を短くせざるを得ませんでした。ただし、拘束時間を短めにして頂いた分は、密度を上げて仕事をしなければならないのも事実。まして管理事務などは分業できる内容ではなく、結局、何も変わらずというオチでした。
     よく考えたら、一人で現場の従業員、管理者、シフト管理などの総務的な仕事まで一人でやってたんだなぁ~と。分業を模索しようにも周囲から「それは責任者の仕事でしょ」で押さえつけられていた節は否めません。

     最近は内科に行くたび、お医者様から「あまり無理をしてはいけませんよ」とか「静養も考慮するようにね」と、念押し的に言われることが多く、私もいろいろ先を考えるようになりました。




     最初の頃のやり甲斐よりも、気力体力の限界の方が強い現状。入社当初は軽作業で肉体疲労くらいだったのが、特殊な人員へのお世話?も加わり、精神的にハードになっていく一方に…どうしたものでしょう。

     オマケに自宅ではママンも高齢で体調が芳しくないときて(今は実家に同居していますけども)このままこの仕事を続けると…と、よろしくない危機感を覚えるようになりました。

     当のママンはというと、仕事でも勉強でも途中で投げ出す事は反対しますが、今回は契約満了という節目もあれば、私の体調が芳しくないのも察しているのか、辞める事に反対されませんでした。その代わり、社会的な繋がりは残した方がいいよとは言われましたが。

    (´-`).。oO(もちろん、次は探す気でいますわよ)

     あとは…本来、日曜日など休暇は家事を終わらせたら、そこから夕方までリア友とウィンドウショッピングをする程度には余裕があったんですけども、今は家事だけで精一杯になりました。
     齢40を前にして足腰にも負荷を感じるようになってしまい、気持ちはあれど体が追い付かずの状態で、オフ関係のイベント等も行けなくなりました。

     今は、短時間ゲームで遊んだたり、ペットをじっくり観察したり(戯れを嫌う子なのでw)、こうやって日記(ブログ)を書いて、たま~に友達と近所のお店でお喋り…それで休暇が終わります。
     それでも、ささやかでも癒しになる趣味があってよかったなと思ってます。任天堂さんイカすゲームありがと~

    EDWnU9lUcAAveYG.jpg

     2019年の5月。

     GW終了あたりから就活もしていました(現在進行中)。いろいろ見て回れど、転職サイトは基本30歳以下ばかりの若手市場。年齢が上がれば残るは資格必須の技術職ばかり。
     そんな中で年齢不問の会社を見つけて受けてみましたが…お祈りメールしか受け取れず。やはり年齢がネックなのでしょう。在籍時、動こうにも動けなかったのが悔やまれます。

     転職は慎重に…なんてキャッチフレーズどころか、思い切って行動しても成果が出ないんじゃなぁ~と…やはりロスジェネ世代の闇からは脱せない運命なのかもしれません。

     幸い、近隣の商店街で、かつてアルバイトしたことがあるお店に行くと「バイトやパートなら募集してるよ~決まんなかったらウチに履歴書持ってきなね。待ってるよ」とまで言って下さる方もいて…就活が落ち着かなかった場合は、最後の選択肢として残しておくつもりです。

    EDWuFIbUwAAw1Dr.jpg

     なんだかんだバタバタしているうちに契約更新の期日が近くなり、上司に呼び出されて「次回更新どうする?」と聞かれた際…私はとうとう「更新はしません」と宣言しました。
     上司からは「それは残念だ…」的なニュアンスで言われましたが、実際に救急車沙汰にまでなったり、家庭の事情を話したところ、引き留められはしませんでした。

     次はまだ決まっていないのに、辞める事に迷いはありませんでした。不思議なくらい潔く言えた気さえします。



     現実、大した貯金もアテもなく、金銭面の不安はありますけども、今は「命を大事に」を選択することにしました。とはいえ私の人生も、もう折り返し地点を過ぎましたし、就活だけではなく終活も視野に入れませんと。

     今後は行き当たりばったりになると思いますけども、それもまた(ブログ的にも)面白んじゃないかと、すこぶる前向きな私がいますw
     ホント、十数年みっちり働き通して故障も増えてきましたが、人生は何をするにも命あっての物種と思い知りました。

    これからは、自分なりにできることを模索しつつ頑張ってみます。



    <完>



    関連記事

    ★ランキング参加中です
     

    ★web拍手 web拍手 by FC2

    ★テーマ : つぶやき
    ★ジャンル : 日記




    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2019年8月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.



    web拍手 by FC2  

    ランキング参加中!
     

    ★スポンサーリンク

    ★カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ★ブログ内メニュー

    注・読み込みに時間がかかります。

    インデックス/過去ログ一覧

    ▼ブログ内をキーワードで検索

    ★登録サーチ

    駄文同盟.com
    よろずりんく
    【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ