凡人にガチマッチの近道は無し?(後編)

    スプラトゥーン2 結局のところ…どうなのか?

     この記事は前編からの続きです。お読みいただける場合は、先に前編からお目通しいただくとありがたいです。

    D-2NTRbUEAEhFQA.jpg

     そもそも私はイカ友(4ルールXのプレイヤー)に教わらなければA+とSの往復で精一杯の状態でした。

     この記事では、イカ友に師事してウデマエが上がるまでの「内面的な事」をまとめつつ、実際に「第三者に相談するにはどうすべきか」という流れもふまえて記述していきます。

     前回同様マシュマロに頂いた質問への返信を元に、噛み砕いて書いているにすぎませんが、それでもよろしければ続きをご覧ください…






    親しき中にも礼儀あり。

    D-1_I4OUYAEzo9N.jpg

     質疑応答でもマナーが大事です。基本的にSNSなどネット上だけでの関係は、やり取りを繰り返して(仲良くなって)からという前提にある傾向です。

     タメグチOK質問OKという前置きがあっても、相互フォローであっても、普段から交流が無い方にはぶしつけで質問するのは失礼です。
     まずはお互いが気軽にいいね!リプ(コメント)を送り合えるくらいが望ましいです。媚び諂う必要はありませんが、普段からの行動は大事です。

     この点はオフ友などで意思疎通できる相手であっても同じことです。教えを乞うからには「親しき中にも礼儀あり」で、真面目な姿勢で相互に取り組みあうことで、その後の関係も良好に保てます。
     そこにはリアルの年齢も役職も関係ありません。強いて言えば、私のイカ友の中にははるかに年下の方もいます。

    (´-`).。oO(ここを乗り越えられなければ、先には進めませんわよ?)

     どうしても交流が苦手な方は、個人間ではなく、攻略サイトなどにある質問用の掲示板を利用したり、個人の方は匿名で送れる質問箱web拍手を設置している事もありますので、そこに送って反応を見るのも良いでしょう。

     ただし、そういったツールを置いているからと言って必ず返信があるとは限りませんし、場合によってはネタ扱いされたり、無視される事もあります。
     何より言葉を選び、丁寧に描くことが大事です。例えば自分はどういうブキを使ってどういうルールで弱いという状況や理由を付けて質問すれば、真面目な回答やアドバイスが返ってくる確率も上がります。

     また、回答をくれたからと言って、2度目以降は少し時間を開けましょう。相手はあなたの都合に合わせている方ではありませんし、個人の都合で振り回してはいけません。



    やるからには真面目にやる。

    D-1-rUiUYAE5NAc.jpg

     ここは過去の記事にも書いた気がしますけども、イカ友に教わるにあたり本気でやるなら付き合う条件を提示されました。それだけ真剣勝負かどうか姿勢を問われたんです。

     今のガチマッチ集中モードに入るまではサーモンランばかりやったり、タコツボのミッションのやり残しを埋めたりと、あまりバトルに割いている印象はありませんでした。
     まずはそこから正すことが始まりました。プレイに確保できる時間は全てバトルの練習に充てること。そこにはもちろん、試し打ちだけでもいい、ナワバリだけでもいい、とにかく対戦(バトル)に意識を向けました。

     いくらお友達とは言え、自分のプレイ時間を割いて添削してくれるんです。ここは忘れてはいけません。講師が本業でもない方に教えを乞うなら尚更、相手の時間を奪っている意識も大事です。
     アドバイスをくれるイカ友への誠意と自戒の意味を込めて、2ルール以上ウデマエS+になるまではサーモンランは殆ど封印し、バトルに行けない日は試し打ちに籠ってひたすらエイム練習しました。

     今は新しい報酬ギアが出たり、おカネが不足して注文ギアが買えないなどの状況にならない限り、ほぼバトルだけの状態に習慣化しています。
     タコツボとオクトも行かなくなりました他のソフトも起動しなくなりました。こちらもしばし封印です。

    (´-`).。oO(それくらい本気で上がろうと決意しました)



    できない事はNOと言う。

    D-1_4qPVUAMh-RQ.jpg

     イカ友はまず、私の持つブキの使用状況や、スイッチで撮った動画やリザルトのスクショを見て、立ち回りの癖や弱点を洗い出してくれました。

     効率よく成果を上げるためには、まずは遠回りでも普段の行動を分解・分析してから傾向と対策を練るのが早いのだとかで…前編でも記述した「自己分析」を実施しました。

     そして私は、持ちブキの数を増やす事には(感覚的に?)抵抗があるので、新しいブキを買わずに手持ちのブキからどれかを選ぶようにしたいとも相談しました。
     相談するにあたり、自分ができない事には嘘をつかず、知らない知識は正直に知らないと話し、意思疎通を図りました。

     そこで選出されたのがおスシのベッチューでした。まずガチマッチでは、ウデマエは下がってもいいから、とにかくこれだけを使って100万ポイント以上(できるだけガチマッチだけで)使い込むこと。
     スケジュール変更による連戦での切り替えが苦手なら、1つのルールに特化して同じルールだけプレイし続けて構わない。それを1~2時間だけ集中してやればいい。体調が悪い時は無理しない事。

     尚、チャージャーはナワバリで使い続け、塗りを意識しつつとにかく見えた相手は打ち抜くくらいの気持ちで使うこと。できれば「ジェットパックを100戦分撃ち落とす勢いで使え」と言われました。

    (´-`).。oO(ノルマにしてはユルめで助かりました…正直に)



    成果を出せるかは自分次第。

    D-1-rUgU8AAxlLu.jpg

     持ちブキは固定されましたが、バトルに特化してひたすら練習と実践。トライ&エラーの繰り返しが始まりました。

     成功のみならず失敗したシーンも積極的に記録に残し、会う機会があれば見てもらって指示を仰いでいます。成功例はツイッターにもアップしていますけども、水面下には失敗例も山ほどあります

    (´-`).。oO(一朝一夕には行かないのがよく分かりました) 

     そして…アドバイスは素直に受け、改善点を洗い出しつつ挑戦を続け、イカ友に師事してから半月ほど経ったあたりから、ウデマエが急速に伸び始めました。特にガチヤグラは顕著でした。

     ここも正直に言いますと、ホコは好きなルールなんですけども、ヤグラは「乗っているだけで精一杯」という状態でした。しかしS+5あたりを超えたあたりから、なんというか…視界が変わった感じがしたんですね。
     チョーシが良い時は連勝したり、ゲージにヒビなしのストレート昇格まで経験しました。流石に飛び級はしませんでしたけどねw

    (´-`).。oO(内側の変化は、確かに感じます)

     そしてガチヤグラはウデマエXに昇格…自分で自分が信じられない状態を生み、イカ友にも報告したら、満足そうに喜んでくれました。

    イカちゃん日記(285)ウデマエX/2019年6月25日





    おわりに。

    D-1_4qQU0AAj5PL.jpg

     私個人、反応速度の遅さには加齢という自覚もありますし、リアルが多忙でプレイ時間もなかなか確保できない中です。
     それでも前作でのウデマエ(A+)は上回ってSになれただけでも満足できましたし、そろそろガチマッチは引退してもいいかなとさえ思っていました。

     結論を言うと、スプラトゥーンのようにアクション性が高く反射神経や判断力を求められるゲームは、その環境への適応力やセンスがない限り個人でできる事には限界があります

     基本的には長い時間をかけて実戦経験を積んで上がる方が殆どですけども、より短期での上達を目指すのであれば、マンツーで話せる関係の方で、かつウデマエの高いプレイヤーに師事するのが確実かつ早いと悟りました。


     私は別に「いい歳こいたオトナが、なんで子供向けゲームに本気出してんの?」って言われても構いません。
     それこそいい歳こいても集中して打ち込める趣味がある、真面目に相談できるお友達がいるだけでも、私は大いに楽しみ満足してますし、幸せだと思ってますので!

    イカ友には感謝しかありませんわ(´ω`人)



    ♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

    ここは余談ですけども…

     スキル専用のフリマサイト「ココナラ」の中にある「ゲームのアドバイス」の項目を見ると…
     ガチ勢さんによるスプラトゥーンのウデマエ指南も何件かあり、実際に利用している方もいるようです。

     私がウデマエXのイカ友に師事して実際にウデマエが上がった事実を見ましても…真面目に受講すれば(伸びしろには個人差があるでしょうけども)効果は見込めるような気がします。

     本気でウデマエ上げたいけど、どうしても相談できそうな相手がいない方は、こういったスキルを伝授してくれる有償サービスを利用するのも良いと思いますよ…という最後の手段的な紹介でした。(リンクは広告ではありません)




    関連記事

    ★ランキング参加中です
     

    ★web拍手 web拍手 by FC2

    ★テーマ : スプラトゥーン2
    ★ジャンル : ゲーム



    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2019年8月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.



    web拍手 by FC2  

    ランキング参加中!
     

    ★スポンサーリンク

    ★カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    ★ブログ内メニュー

    注・読み込みに時間がかかります。

    インデックス/過去ログ一覧

    ▼ブログ内をキーワードで検索

    ★登録サーチ

    駄文同盟.com
    よろずりんく
    【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ