ウデマエBからウデマエXへ。自己分析から始めたガチマ修行【スプラトゥーン2】

     ここでは私個人がガチマッチに挑戦して、ガチヤグラとガチホコが実際に「ウデマエX」に昇格するまで、何をしてきたかをマトメておきます。

     一人ではどうあがいてもS帯(前作ではA帯)までが限界だったのですが、ここではガチマでは4ルールともウデマエXのイカ友(リアルのスプラ友達)指導して頂いた故の成果でもあります。

    20190705gtm(1).jpg
    ウデマエは一足飛びに上がることはありません



     また最近、ツイッターの固定記事にある投書箱(マシュマロ)に頂いたコメントに質問もありまして。

    D-y7j2oVUAAo69p.png
     内容もまた「どうやったら」と、単純かつ漠然とした内容で、かなり迷走している方なのかな~とお見受けしました。
     この件はツイッター上では回答済みですけども、ここではさらに噛み砕いて解説しておきますので参考になさって下さい。



     以降はイカ友に教わったことも含めて記述していきます。その時どう思ったかという私の主観も含まれます。
     予めご了承の上で、ご興味がある方はご覧ください。







    何をどうしたいのか分析する



     漠然と「強くなりたい」だけでは解決策は生まれません。私はまず「今の自分の状態」と「これからの目標」を明確にすべく、頭の中を整理しました。
     メモ帳でもチラシの裏でもいいので、紙に箇条書きで書いておくのがオススメです。

    D-2NTRbUEAEhFQA.jpg

    ・今のウデマエに対し、目標をどこにおくのか
     (今はB帯だけどS帯になりたい。Xに上がってみたい…など)
    ・ガチマッチのルールを理解しているか
     (ガチアサリの延長時の仕組みが分からない…など)
    ・ガチマッチで使うブキ、使いたいブキは何か
     (普段スプチャを使うけど、バレスピも使ってみたい…など)
    ・どのルールのどういう部分に弱いのか
     (ヤグラが勝てない。いつも後半から逆転される…など)
    ・自分が習得しているスキルはどの程度か
     (慣性キャンセルくらいはできる…など)
    ・ギアパワーはどれくらい意識しているか
     (ボム重視でサブ効率、ホコの時はイカ速…など)
    ・ジャイロの有無などプレイ環境の差を理解しているか
     (不利な点が分からない…など)
    ・どういう練習をしてきたか
     (試し打ちでエイム練習を1日30分…など)
    ・参考にした材料から得られたものはあるか
     (ガチ勢さんの試合をの見所を理解したい…など)

     私はこうやって箇条書きにして、今できる事・できない事・これからしたい事を並べました。
     そこから弱点を埋め合わせできる手段を考えたり、長所はもっと尖らせていくという方向に転換できました。地味な作業ですけど、ウデマエが上がった今でも、その上がった時点での自己分析も続けています。

     B帯の頃とS帯になった今ではだいぶ違う事も分かります。何より自分を客観的に、かつ現実を見る…ホント分析って大事だなと思いました。

     上達を目指すからこそ己の力量を弁える。たかがゲームと侮るなかれで、スプラトゥーンのみならず、他の対戦ゲームにも共通している事項ではないでしょうか?




    独学もアリ、切磋琢磨もアリ



     直接教えてもらえる人がいない場合は、インターネット上で調べたり動画を見てひたすら独学で練習するか、SNS等を利用して練習相手になってくれるフレンドを募集して練習していくことになります。

    D-1-rUXVAAAOMAx.jpg

    ひとりの場合

     インターネット上を見て回っていろいろ調べてみましょう。自分の方針に合わない内容や、明らかに間違っていると思う内容でも、それを「自分には向いていない」「これはもうバージョン変わったから間違い」等と、知ったことは知識になります。

     今は有志の方による攻略サイト、攻略wiki、まとめサイトなども数多くあります。ルールや変更点の確認、ブキのスペックや運用方法など、大まかにでも理解できることは多いでしょう。

     実際のゲーム内におけるテクニックや、エイム上達、スペシャルの運用方法などは、それこそプロ勢・ガチ勢と呼ばれるプレイヤーさんたちがアップしている解説・指南系の動画を探して視聴するのが早いです。

     昨今ではコントローラーを握った手元まで映してくれる方もいるので、自分の持つブキ・プレイスタイルに近い配信者を探して、まずは見て研究→試し打ち等で実際に真似て練習→実戦へと昇華していく事が大事です。

    D-3eRnsU0AAqspi.jpg

    フレンドやチームで練習する場合

     ツイッター等のSNSをやっていれば、同ジャンルや気の合うプレイヤー同士でつながって、切磋琢磨できる機会を増やせます。
     フレンドやフォロワーと積極的に行動できるのであれば、戦略について意見交換していく事も可能になります。

     合流やプラベで楽しくエンジョイできればいいだけなら、自己紹介カード等を使って募集したり、逆に気の合いそうな方を自らフォローして数さえ集めれば充分です。

     しかし、ウデマエ上達などの真面目な相談に関しては数ではなく質が伴っているかが大事になります。できればガチマッチに特化した練習ができるチームに所属して積極的に参加し、同格か格上のプレイヤー同士で実戦経験を積むことで場数をこなし、上達している方も多く見られます。

     相談を持ち掛けたり教えを乞うには、適切な距離を維持しつつ普段から交流の関係を作っておくことも必要です。




    やるからには真面目



     ここは過去の記事にも書いた気がしますけども、イカ友に教わるにあたり「本気でやるなら付き合う」と条件を提示されました。それだけ真剣かどうか姿勢を問われました。

     今のガチマッチ集中モードに入るまではサーモンランばかりやったり、タコツボのミッションのやり残しを埋めたりと、あまりバトルに割いている印象はありませんでした。
     まずはそこから正すことが始まりました。プレイに確保できる時間は全てバトルの練習に充てること。そこにはもちろん、ナワバリだけでもとにかく対戦に意識を向けました。

    D-1_4qDU0AACp34.jpg
     いくら友達とは言え、自分のプレイ時間を割いて添削してくれるんです。ここは忘れてはいけません。本業でもない方に教えを乞うなら尚更、相手の時間を奪っている意識も大事です。
     アドバイスをくれるイカ友への誠意と自戒の意味を込めて、2ルール以上ウデマエS+になるまではサーモンランは殆ど封印し、バトルに行けない日は試し打ちに籠ってひたすらエイム練習しました。

     今は新しい報酬ギアが出たり、おカネが不足して注文ギアが買えないなどの状況にならない限り、ほぼバトルだけの状態に習慣化しています。タコツボとオクトもしばし封印していました。

    ・ガチマ直前に試し打ちでエイム練習(3~5分でいい)
    ・ブキ固定化で悪い癖を洗い出す
    ・負けた試合から反省点を洗い出す
    ・同じブキのX帯動画を見て研究する

    ・時間やカウントの意識をする
    ・味方の動き方を見て合わせる意識を持つ
    ・画面の情報を常に把握する
    ・後ろに引っ込みすぎない
    ・単身(人数不利)で突っ込まない
    ・対面は無理に仕掛けなくていい
    ・不利な場合は潜伏して味方を待つ
    ・オブジェクト関与は積極的に
    ・相手が潜んでいそうな地点を察する
    ・盤面を制すための塗りは大事
    ・塗ってあることで味方の生存率も上がる
    ・同じ失敗はしない
    ・3回負けたらその日は引け


     当時の訓練&対策メニューはざっとこんな感じでした。当たり前のことばかりのようですが、これら全部を1度の試合で全部できてはじめて、X帯の視野に近付けるそうです。
     ほんと意識改革でした。私みたいな凡人の考えだけでは無理な訳です;




    できない事はNOと言う



     イカ友はまず、私の持つブキの使用状況と動画やリザルトのスクショを見て、立ち回りの癖や弱点を洗い出してくれました。
     効率よく成果を上げるためには、まずは遠回りでも普段の行動を分解・分析してから傾向と対策を練るのが早いのだとかで、先の「自己分析」を実施しました。

    D-1_4qPVUAMh-RQ.jpg
     そして私は、持ちブキの数を増やす事には(感覚的に?)抵抗があるので、新しいブキを買わずに手持ちのブキからどれかを選ぶようにしたいとも相談しました。
     相談するにあたり、自分ができない事には嘘をつかず、知らない知識は正直に知らないと話し、意思疎通を図りました。

     そこで選出されたのがおスシのベッチューでした。

    ・まずガチマッチでは、ウデマエは下がってもいいから、とにかくこれだけを使って100万ポイント以上(できるだけガチマッチだけで)使い込むこと。
    ・スケジュール変更による切り替えが苦手なら、1つのルールに特化して同じルールだけプレイし続けて構わない。
    体調が悪い時は無理しない。指先が冷たくなったら温めたり、脳や目を休めることも大事。
    ・チャージャーはナワバリで使い続け、塗りを意識しつつとにかく見えた相手は打ち抜くくらいの気持ちで使うこと。

     チャージャーは「ジェットパックを100戦分撃ち落とす勢いで使え」と言われました。X帯では、射線によるけん制だけで攻撃してこないとすぐ見抜かれるそうで、やっぱり倒せてナンボのブキだそうです。
     味方が進む方向の壁や段差をいち早く塗ったり、退路の確保でメインを併用していく事も大事だと教わりました。




    成果を出せるかは自分次第



     持ちブキは固定されましたが、バトルに特化してひたすら練習と実践。トライ&エラーの繰り返しが始まりました。

     負け試合や失敗したシーンも積極的に記録に残し、会う機会があれば見てもらって指示を仰ぎました。
     成功例はツイッターにアップしていますけども、水面下には失敗例も山ほどあります。とはいえ怪我の功名か、負けの数だけ経験と知識は付いたと思います。

    D-1-rUgU8AAxlLu.jpg
     そして…アドバイスは素直に受け改善点を洗い出しつつ挑戦を続け、イカ友に師事してから半月ほど経ったあたりから、ウデマエが急速に伸び始めました。特にガチヤグラは顕著でした。

     ここも正直に言いますと、好きなルールはガチホコなんですけども、ヤグラは「乗っているだけで精一杯」という状態でした。しかしS+5あたりを超えたあたりから、なんというか…視界が変わった感じがしましたね。
     流石にS+で飛び級はしませんでしたけども、チョーシが良い時は連勝したり、ゲージにヒビなしのストレート昇格は経験しました。

     そしてガチヤグラがウデマエXに昇格を果たします。自分で自分が信じられない状態でしたが、イカ友にも報告したら満足そうに喜んでくれました。

     イカ友にS+9前後の動画を見てもらうと「まだヤグラを降りていい時と、戻っていい時の判断が甘い」等という改善点に加え「前に出て試合全体を見ている様子は感じられるから、視野の意識は忘れないように」等と、具体的に伸びた部分も教わりました。

    D-1_4qQU0AAj5PL.jpg
     スプラトゥーンのようにアクション性が高く反射神経や判断力を求められるゲームは、その環境への適応力やセンスがない限り個人でできる事には限界があります
     モチベの維持に加えてスランプの克服など、ウデマエが高ければ高いほどメンタル面の管理も必要になって来るのでしょう。

     基本的には長い時間をかけて実戦経験を積んで上がる方が殆どですけども、より短期での上達を目指すのであれば、マンツーで話せる関係の方で、かつウデマエの高いプレイヤーに師事するのが確実とよく分かりました。



     ウデマエXに昇格したのと同時に、実際にS+9への降格も経験したことで、S+9までのウデマエゲージ、ガチパワー、C~S+までのマッチングに関する仕組みがそれなりに理解できたのも収穫でした。
     ガチマッチのマッチングやウデマエゲージに関しては記事にまとめていますので、ご興味ありましたら以下からドウゾ。

    ウデマエゲージとマッチングの妙(前編)
    ウデマエゲージとマッチングの妙(後編)







    終わりに。

     ルールに対しての立ち回りと「戦い方」が全くわかってなかったんだなというのが正直な感想です。
     実際にウデマエXに上がると分かりますが、試合速度が全く違うんです。計測の10戦だけ維持するので精一杯です。

     ガチ勢さんたちは非公式大会などがあると、待機中の隙間時間でさえガチマに潜っている事が多々あります。彼らの中ではスプラのバトル=「ガチマが普通」と呼べるくらいの気持ちなんだろうなと思わざるを得ません。

    D-1_I4OUYAEzo9N.jpg
     私個人、反応速度の遅さには加齢という自覚もありますし、リアルが多忙でプレイ時間もなかなか確保できない中です。
     それでも前作でのウデマエ(A+)は上回って、スプラ2ではSになれただけでも満足できていましたし、そろそろガチマッチは引退してもいいかなとさえ思っていました。
     でも、どこかにまだ…向上心に似た気持ちが残っていたんでしょう。それが今回の修行への決意と、昇格という結果につながりました。

     あとは「ウデマエが上がればもっと楽しめるのかな?」という気持ちがあったのも否めませんが、今こうしてXに上がったから言えます。
     昇格したばかりの今はまだ、上に上がれば上がるほど「しんどい」と感じることの方が強いです。ホントに。

     Xのこの環境を「楽しめる」って、やっぱりガチ勢プレイヤーさんはどこか思考回路や感覚が違うと言いますか、ヒューズが飛んでるとしか思えないです。
     とはいえ結果オーライ。修行も実戦も、とにかく真面目に研究と練習を続けていけば、Xへの昇格もワンチャンあるのは事実。ソースは万年A帯だった私です。

     そして、叱咤激励してくださったイカ友には感謝してます。おザコを導いた実績はアピールしてもいいのに、そういうつもりはないと謙虚すぎてこちらが襟元と背筋を正す気持ちです。
     ホントいいお友達をもって幸せです。ありがとうございました!(タチウオの頂上から助走付きで57積みイカダッシュ土下座する気持ちで感謝)

     だらだら書いてきましたが、これからウデマエXを目指す皆様には、僅かにでも練習や心構えのヒントになれば幸いです。

    (´ω`)





    ※2022年修正リライト/サムネ追加





    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
    ゲームブログランキング/にほんブログ村

    当ブログの文章や画像の無断転載や転用はお断りします。
    ◆This site is presented only in Japanese.Reprint is prohibited.




    ★FC2ブログ/記事カテゴリー&スレッド

    ★テーマ : スプラトゥーン2
    ★ジャンル : ゲーム





    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めての方は「はじめに」を一読お願いします。(2022年4月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2   

    ランキング&サーチ等
    ゲームブログランキング/にほんブログ村
    駄文同盟.com 【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -
    よろずりんく サーモンラン・バイト戦士同盟





    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。



    05 | 2022/06 | 07
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -



    ★ブログ内キーワード検索

    注・読み込みに時間がかかります。

    ★人気ページランキング

    累計1万PV以上の記事が殆どです

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ