任天堂の著作物利用ガイドライン発令!投稿の際に気をつけたいこと

     スイッチ本体が発売されて久しいですけども、来年3月で、早くも2周年になろうとしています。

     今ではすっかり動画サイトSNSへの連動(投稿)も当然かつ本格的になってますから、そろそろ個人で撮影した動画や静止画などに関しても、使用範囲の基準について、任天堂さんから公式コメントが出るかな~と思っていたところ…


    ネットワークサービスにおける
    任天堂の著作物の利用に関するガイドライン

    (別窓・任天堂公式)



    来てました。

     一個人の末端ユーザーである私も例外ではありません。ゲーム機で撮影したスクショや二次創作、ファンアートを用いた既成の著作物を含む画像を使用している以上、順守すべき部分なので、最後まで読みました。

    DtLHsoeU4AA4WbC.jpg

    今回のガイドラインは、要約すると

    「内容をジャッジして、違反とみなしたら(しかるべき手続きを踏んで)強制削除する事もあるし、最終的には法的処置も取る事があるよ。だからガイドライン(ルール)を守って楽しんでね」…という

    公式な宣言が出たという事でもあります。

     文章の中にはハードを指定した記述はありませんので、任天堂製の全ハードおよび著作物が対象という事になるんでしょうね。他の見解は「続きを読む」からどうぞ…






    主な規制対象



    ・画像や動画を転載しただけの行為
     サントラから音源だけ抜いての転載、ムービーだけ切り張りした動画、公式画像やスクショなどを羅列しただけの場合でしょう。広義で言えば、検索結果などにある第三者が作成した画像の無断転載なども含まれそうです。

    営利目的をする行為
     ゲーム機から撮れた画像で商売したり、商品化(海賊版を作って)売る行為です。俗に言うパチモノやパクリと呼ばれる模造品や海賊版の販売を指します。

    ・チート、改造方法、データ等を流布する行為
     これは言うまでもないと思いますが、改造やチートは犯罪でもあります。止めましょう。

    発売前のゲームの動画や画像を流す行為
     オフライン(公式イベント会場など)でのガイドラインも守れという事です。試遊台やライブのステージなどは撮影禁止エリアになっている事が殆どです。

     あとは動画や静止画の投稿を収益化したい場合は、任天堂の推奨する「クリエイター奨励プログラム」等を申請して、正しいルートで稼ぎなさいという事でしょうか。
     一般的に公序良俗に反するとされる、アダルト、出会い、マルチ商法、過度の暴力表現が含まれる広告と、自社製品の映像を同列に貼らせない処置だと思います。

     全年齢向けタイトルが多いハードだけに、収益化するなら健全な範囲に制限するのは良い事だと思います。




    ブログやSNSの場合は?



     現状は静止画や記事などに関しては、明確に関与する記述や禁止事項はありません。ガイドラインと照らし合わせて判断するしか無いようです。

     ブログやSNSなど静止したweb媒体の場合は、営利目的の運用をしなければ違反行為ではありませんが…これも上記にある内容と照らし合わせると…

    削除対象にされる記載の例

    ・チートや改造する方法を載せる
    ・海賊版や模造製品の情報を載せる(個人の同人活動は除外)
    ・引用を超えた範囲の(一次/二次を問わず)無断転載
    ・アダルト、出会い、マルチ商法等の広告の掲載
    ・根拠のないデマの流布など、品位を欠いた内容
    ・特定のユーザーや団体への誹謗中傷


     上記のような内容に絡む記事の場合は、記事の内容に過失がある場合が殆どのため、ガイドラインや利用規約からも「相応しくない」または「違反」とみなされ、ブログやSNSの運営会社などを経由して、削除または閉鎖させられるケースもある事でしょう。

     例えばそのゲームや作品が面白くなかったとしても、いち個人の意見として「このゲームはつまらなかった」という感想や、「こういう表現は○○の方が良かった」など根拠のある批評や意見を記述する事は問題ありません。
     しかし、そこに過度の誹謗中傷や暴言が含まれた場合は、名誉棄損や犯罪予告と判断される場合もあり、裁判沙汰に発展する事もあります。


     ブログやSNSへの投稿は、たとえ閉鎖してもアーカイブやログが半永久的に残り続ける世界です。ガイドラインと並行して気を付けた方がいいことは…

    ・著作権の知識(引用の範囲など)
    ・レーティング(CEROやIARC)
    ・記載してはいけない内容
    ・各社のガイドラインや利用規約に準拠した書き方
    ・ネット上における広告や収益の仕組み
    ・公認製品と模造品の見分け方


     口語体で砕いた文体にするにしても、上記の項目に関しては多少なりとも事前にお勉強しておく方を強くオススメします。
     いずれも客観的に見て常識の範囲の記述で、マナーやモラル等を問う事項が多いですけども…難しいですね。

    DsCQDUTU4AAHt-R.jpg
     アクセス数が少ないから、SNSは鍵かけて見えないからといって、何をやってもいい訳じゃないですよね…?




    引用に関して



     ここではツイッターに焦点を限定しますが、ツイッター公式からは「ツイートは引用や埋め込みの機能を用いて引用するなら、ツイート主に無許可で引用して構わない」という内容が規約上にあります。

     要は公式ツイッターから安易に画像だけ取って貼るのは(任天堂のガイドライン云々以前に)ツイッターの利用規約に反している可能性があるので、「ツイートをサイトに埋め込む」を用いるのが正解です。

    Twitter サービス利用規約
    (別窓・公式)

    複製に関しては「4. 本サービスの利用項目」にあります。

    ユーザーは、本サービスまたは本サービス上のコンテンツの複製、修正、これに基づいた二次的著作物の作成、配信、販売、移転、公の展示、公の実演、送信、または他の形での使用を望む場合には、Twitterサービス、本規約またはdev.twitter.comに定める条件により認められる場合を除いて、当社が提供するインターフェースおよび手順を使用しなければなりません。

    Twitter サービス利用規約「4. 本サービスの利用項目」より引用



     「コンテンツ」にはツイートのみならず画像や動画も含みます。RT(リツイート)ではない、俗にいうパクツイもNGになります。
     特に個人の間での無断転載した・しないは周囲の方を巻き込んで揉めることもありますので注意したいところです。

     個人ブログの場合は、自分のツイート、企業の公式アカウントなど限定的な範囲の引用(埋め込み)に留めた方がトラブルも少ないでしょう。




    二次創作の扱いは?



     珍しくファンアート(一般的な同人活動)に関しても言及されてますけども…法的に認められる範囲で行うようにとあります。
     いわゆる、著しく品位を貶める内容や公序良俗に反する内容でなければグレーゾーンのままという解釈にも取れます。時代と共に、企業の理解も変わったのか結構寛容になった印象も。

     同人活動がグレーというのは、版元が黙ってる間はそう言えるだけの話であって、実際に法律などに照らし合わせたらなのは変わりません。
     二次創作やファン活動においては版元のご厚意に甘えすぎないように、肝に銘じておきたいものですね。

     ここは余談ですけども、同人活動について用語解説や事例をまとめたサイトもあります。個人運営ですが老舗サイトです。これからファン活動したい方は、目を通しておくのも良いかもしれません。同人ならではの言葉の意味も網羅されています。

    同人用語の基礎知識(別窓)




    スプラトゥーンのポスト投稿等、作中への投稿に関しては…

     広場にあるポスト投稿に関しては、過去に調べてまとめた記事があるので下記からご覧ください。

    広場のポストにおける投稿の許容範囲とは?






    今回はここまで。

     今ではSNSや動画サイトも、より便利になり、インターネット上への投稿は当然になっています。短時間で拡散されやすく、そういうつもりがなくても、ガイドライン違反やモラルやマナーに反した発言をしている事があるかもしれません。

     また、ネット上は元の投稿を消しても、一度拡散された情報は全て削除して回ることは不可能に近く、口論や炎上に発展した場合は一度失った信用は簡単には戻せないという事を念頭に置いておきたいものです。

     もしこちらをご覧の方で、お子さんがいる方は一度、ネット上のルールなどについても話し合ってみてはいかがでしょうか?

    DtLHspFUcAUfU1U.jpg
     今回はお堅い内容になりましたけども、公式のガイドラインが発令された事によって、ネットリテラシーについても復習の機会になりました。

     私もスクショ使ったり、二次創作したりと例外ではありませんので、これからも気を付けたいと思います。尚、この記事の記述で何か間違いや不適切な箇所がありましたら、フォームや拍手などからご指摘ください。

    ( ^ω^ ) ルールを守って活動しましょう


    ※この記事は2021年6月に加筆修正、リンク切れ修正を行いました。







    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
    ゲームブログランキング/にほんブログ村

    当ブログの文章や画像の無断転載や転用はお断りします。
    ◆This site is presented only in Japanese.Reprint is prohibited.




    ★FC2ブログ/記事カテゴリー&スレッド

    ★テーマ : Nintendo Switch
    ★ジャンル : ゲーム





    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めての方は「はじめに」を一読お願いします。(2022年4月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載や無断使用はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2   

    ランキング&サーチ等
    ゲームブログランキング/にほんブログ村
    駄文同盟.com 【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -
    よろずりんく サーモンラン・バイト戦士同盟





    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。



    10 | 2022/11 | 12
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -



    ★ブログ内キーワード検索

    注・読み込みに時間がかかります。

    ★人気ページランキング

    累計1万PV以上の記事が殆どです

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ