絵を上手く描くには?

     会社の休み時間に3DSでラクガキ(ポケモンやイカちゃん等)をしていると「ピカチュウじゃん、上手いね~どうやったら描けるの?」と言われる事もあります。上手いと言われた部分は素直に嬉しいのですが…

     どうやったら描けるの?…の、部分は「練習してる」と答えても「どういう練習?」と堂々巡りで、奥の深い質問だったりするんですよね。描ける視点、描けない(描かない)視点では全く解釈が違うからでしょう。

     趣味でも仕事でも、絵という創作活動をしている場合ですと「絵が上手くなるにはどうしたらよいのか?」という素朴な疑問は付いて回ります。

    一般的な方法としては

    ・デッサンやクロッキーを繰り返して基礎を練習する
    ・精密デッサンや模写で捉え方を練習する
    ・画材や新しいツールの上達を図る
    ・イベントや旅行などに行って見聞を広める
    ・美術展や展示会で目を肥やす
    ・リラックスする時間を設ける

    …多々ありますが、そもそも

    ・デッサン不足の自覚
    ・新しい技法を取り入れたい
    ・ネタが思い浮かばない
    ・時間が無い、モチベがない

    …と、原因によっても対策は変わってくると思います。


     では描けない人にはどう答えてあげるべきかが問題です。今はインターネットが進んで、調べたいことは検索エンジン(グーグルやヤフー等)を使えば、おおよそ初心者向けに描かれたサイトや記事もヒットします。そこからヒントくらいは探し当てることができると思います。

    20181115.jpg

     書店や通販サイトに行けば、描き方の本も沢山出ています。画材や画像ソフトのノウハウ本、描くのが難しいパーツを特集した資料集的な本、フリー素材としても活用できる画像集など…1冊1冊はそこそこ値段がするものの、目的がハッキリしていれば大体の資料や教本は手に入りますし、手元に置いて大事に扱えば長く使えます。




     絵が描けないから描けるようになりたい場合は、いきなり「白い紙に描きたい絵を描け」というのはハードルが高いですから、まずは線画がハッキリしている塗り絵からでも良いと思います。
     この時は、はみ出ないようにパーツのカタチを意識して塗ることで、絵としての全体図を少しでも認識できるようになると思います。

    20181115-2.jpg

     少なくとも私と同年代かそれ以下の方は、小学校や幼稚園で「お絵描き」や「図画・工作」の時間はあったと思いますから、そこで用いてきたクレヨン(オイルパステル)、水彩絵の具、色鉛筆くらいは触れてきている筈ですので、義務教育課程を経ていれば全くずぶの素人という方はいない気がします。

     デジタルツールで描きたいと言う場合は、基本的にパソコンが前提になりますので、まずは環境を整える設備投資から入らねばなりませんが、一度揃えてしまえば数年はそのまま用いることができます。
     小さい画面での作業が苦にならなければスマホのイラスト作成アプリもありますし、ゲーム機にも絵を描くことを目的にしたソフトもあり、難しく考えずとも選択肢は沢山あるのです。

    新・みんなの塗り絵で、気軽にお絵かき!
    (2018年9月20日付)



     絵を描きたいスタートラインは誰にもありますし、どういう画材やソフトを選ぶかも、いつ始めるかも自由です。
     それこそネット上の描き方サイトなどを参考に、できそうなことを片っ端から実践するもよし、実際にある絵画教室に通ってプロや講師に学ぶのもありでしょう。


     個人的にはB5~A4くらいの白い紙(チラシの裏でも可)と鉛筆を用意して、端から端までまっすぐに線を引く、円や三角などの図形をキレイに描く…という事からでも練習になると思います。
     最初から複雑なパーツをもつキャラクターを描けるかという以前に、迷わずキレイな一本の線を、一度で引けるかが問題なんですよね。

    20181115oekakihanasi.jpg

     プロの絵師さんや漫画家さん達も最初から何でも描けたわけではありません。その描きたい被写体に対しては資料を集めたり、実際に見に行ったりの手間も惜しまない方が多いです。

     そうやって試行錯誤を繰り返し、水面下には何枚もの習作(または失敗やボツ)を重ねている事が多いのです。数多くの積み重ねで得た経験値=現在の画力。画力は地道な努力で得るしかありません。

     それは絵を描きたいという意思がある以上、避けて通れない基本事項だと思います。 私の場合は「好きこそものの上手なれ」で続いているようなものです。
     まずは「絵を描きたい」→「画材やツールに触れる事が楽しい」→「キレイな線を引けるようになった」…というところから入って、続けるのが楽しいという気持ちを持って頂けたらなと思います。



    関連記事

    ★ランキング参加中です
     

    ★web拍手 web拍手 by FC2

    ★テーマ : つぶやき
    ★ジャンル : 日記




    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2019年8月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.



    web拍手 by FC2  

    ランキング参加中!
     

    ★スポンサーリンク

    ★カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ★ブログ内メニュー

    注・読み込みに時間がかかります。

    インデックス/過去ログ一覧

    ▼ブログ内をキーワードで検索

    ★登録サーチ

    駄文同盟.com
    よろずりんく
    【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ