【イカちゃんでお話】(その15)

    ※注意
     「☆うちのイカちゃん」は趣味の二次創作専用カテゴリです。こういう特殊な遊び方に興味がない方は、このカテゴリはスルーしてくださいね。登場人物や過去ログの一覧はコチラ(別窓)からドウゾ。



    kakou-EAI4tRY.jpg

    ~平日のハイカラスクエアにて~





    -----姉ちゃんに遅れをとる事、はや5日。

     言われた通り、生活は自力で何とかしないと…って、そればかり考えて、引越し荷物の片付けに手間取っていたせいか…ブキもギアも、参加証も届いているのに、俺はまだ、ナワバリバトルさえ行けていない。

    kakoueVAAAtfdJ.jpg

     同じ集合住宅の住人は、同い年くらいの奴ばかりなのに、ちゃんと自立してて、上手くやってるように見える。
     今までは実家で親や家政婦さんに頼りっきりで“やってもらって”ばかりいたから、自分だけで暮らすって、こんなに大変なんだと思い知らされた。

    kakou-AAUrR-2.jpg

     そんな日々でも、広場を散策するのは日課になった。歩きながら耳をすませているだけで、有名なプレイヤーの名前とか、流行りのギアとか、最低限の情報は入ってくる…


    kakou-0AEAo0s.jpg

    イカガール「ねえ知ってる?有名なガチ勢が移住してきたんだって」
    イカガール「本人の配信で見たわ。リュダさんのいるチームでしょ?」
    タコボーイ「他のメンバーも凄い強いんだよなあ…」

    ---- リュダ?
     それって姉ちゃんの愛称だと思うけど、もう噂になってんのか。そういや「ハイカラスクエアのバトルに参戦するからヨロシクね!」なんて、チームメンバーと一緒に動画を作ってたっけ…よくやるよなあ。


    kakou-VMAAo9-L.jpg

    「これからX帯やリグマのランキングは面白くなりそうだねー!!」
    「リュダさんは初日でランク10。数日後の今は全部S帯ですって」
    「凄いなあ。ウデマエXになるのは時間の問題だね」


     マジかよ…もう全部S帯って、化け物ぶりに磨きかかりすぎだろ。やっば…俺なんかまだランク1どころか…嗚呼。
     だから最近は廊下で鉢合わせしても、なんにも言わない時あるけど…お疲れなんだろうな。

     そういや、こっちのガチマは「ウデマエ」って「格付け」はあるけど、実質は「ガチパワー」ってのが並行してる「レート制」なんだっけ。しかもルール毎にウデマエやガチパワーが付けられてるから、エリアはS帯でも、ヤグラはA帯なんて奴もいるんだろうな。


    DiYxpnGUYAExodZ.jpg

     それに、スキップして昇格する「飛び級」制度もあるんで…姉ちゃんの事だから、きっと飛び級しまくったんだろうけど。

     ウデマエXかあ…ウデマエS+のさらに上にある青天井の領域。さらにそのX上位500名には、強者の証である王冠マークも付与される。オマけに、ブキ毎にも順位が付けられて、界隈で耳にする“全一(全国一位)”が分かりやすくなったとか。
     スシコラ全一とか、スプスコ全一とか言う使い手のことだな…これもまた、成し得たら凄いことだけど。

    kakouAAUB8E.jpg

     ランキング上位は…うわぁ…配信や動画で名前の知れてる有名な奴ばっかじゃん。こんな強豪ぞろいの中で、姉ちゃんはどこまでアゲられるんだろう?






    「そういえばさー、リュダさんって兄弟いなかったっけ?」
    「弟さんがいたと思うけど配信もしてないし、同じ活動はしないみたいよ」
    「実は凄く弱いイカだったり?」
    「あははははダッサ!比べられたらヤダもんねー!」


     …はぁ、またかよ。もう聞き飽きたよ。
     いっそそのダサいザコなら此処にいるけどって言ってやろうか?…イライラしてた頃の俺だったら、怒鳴ってケンカになったかもしれないけど、今はもう、自分でも驚くくらい落ち着いてる。

     あの子は“俺は俺でいい”って言ってくれた。だから帰ってから考え直して、弱い自分もまた自分なんだと受け入れたら、ずいぶん楽になったっけ…もし会えたら、またお礼も言わないと。




    kakou0AEzKPP.jpg







     今日はアルバイト募集してるかなー?…その前にちょっとジュース飲んでこ。

    kakouAtUfi.jpg

    ノスリン「ロブさん、メインセーブレモンくださいな」
    ロブ「あいよ!最近はちょい暑だから水分しっかりとってな~」

    (ごくごくごく…ぷふぁ~)ありがとー!」
    「また来てね~」

    さー、クマサンいるかなあ…!?

    kakouU0AAi9CI.jpg

     あれー?この時間はお休みだったっけ?それとも終わったばっか?!ざんねん~むねん~…
     ナワバリバトルはちょっと苦手なステージばっかだしまた今度ね!…そうだ!“ヤキフグちゃん”と試し撃ちしよーっと!ブキチくんならいるよね?









    kakouXVQAA-Fr1.jpg







     まだ知らないことが多すぎる。いや、始めて知る事が多いって言った方が前向きか。

    kakoucAAd60k.jpg

     いつの間にかこいつ(ダウニー)も来てたんか。ギアの商売は子分任せで、自分はノマドライフって奴か?いい気なもんだな。

    kakouWVAAIeeOs.jpg

     あとは此処が…いつ来ても、何とも言えない雰囲気がする。この土地の事情を詳しく知らない新参者は、安易に踏み込まない方が良さそうだ…。

     今日のランキングも見たし、帰るか。そういや広場全体が工事中みたいなのはひょっとして…

    kakouVAAAsLCu.jpg

    フェスか!

     この辺はよく似てるんだな…でもイカ 対 タコ って、前にハイカラシティでもやったお題じゃなかったっけ?

     また後でいいか、当日投票でも大丈夫だよな…多分。このまま行くと、初参加のフェスがデビュー戦になりそうだけど、まずは部屋の片づけ終わらせないと…ダンボールだらけだし、姉ちゃんに見つかってシバかれる方が面倒だ。

    ポヨン!

    ・・・っと!!前を見てなかった。

    kakouMAAxRCu.jpg

    「ゴメンな。俺が他所見してたよ、痛くなかったか?」
    クラゲ「・・・・・・(べつに)」

     クラゲたちは何処へ行っても変わらないな。自由で良いな。いや…こう見えて悩みも多いのかも。外に出れば当たり前にいるのに、分からないもんだな。


    ロブ「おっ、久しぶりだな少年!アゲてくか~い?」
    シムナ「いや俺、まだチケット持ってないし…」

     ロブさん…なんで食べ物屋になったんだろ?大人の事情って分かんないな。

    kakouVMAA9ap3.jpg

    「…って、アレアレ?あのコと一緒じゃないの?さっき来たよ~?」
    「えっ…」
    「デート中にはぐれたんじゃないの~?」
    ち、違います!今はその、こっちに引っ越してきたばっかで…」

    「なんだ~、じゃあチケットをゲットしたらまた来てね~」
    「はい」

     そういやあの日は、あの子が奢ってくれたんだった。ロブさんはそれを覚えてたんだな。でも、そんな風にも見られてたのか…心臓に悪いよ。
     結局、行き先は聞けずじまいだったけど…。

    kakouAA_OMV.jpg

    …まてよ。

     あの子と会えたところで、何をどう話せばいい?地元で上位になれたってだけで、こっちにいる現在はどうなんだって話になるよな。

     いまだに何もしてないままなんて、さっきロビーで噂されてた通りのダサいザコでしかない。スクエア住みのイカとしては、合わす顔が無いのも事実だ。

    kakouYAAozbl.jpg

     なんだろう、急に目が覚めたような…生活の事だけじゃない。何をするべきか考えないと。俺も早いとこバトルに参加して、何かひとつでもS帯くらいにはなっておくべきだよな。

     姉ちゃんがなにも言わない時があるのは「自分の事は自分で考えなさい」って事かもしれない。いや…具体的にはきっと「アンタまだバトルに参加してないの?ダサいわねー」が正解か。

     やっと気付いたよ…ありがと姉ちゃん!








     まったく…新ブキを試し撃ちしようにも、射撃場が満員で使えないって、こっちは引き籠りが多いのね。

     基礎練習が大事なのは分かるけど、中には数時間は出てこない子もいるなんて…真面目なのか、臆病なのか。成果は実戦でしか出せないのに。

    Diea8sRU8AMfnVC.jpg

    「・・・っ!!・・・クシュン!」

    kakouVAAEpxbp.jpg

     ブキ屋の長話に付き合わされてウンザリしてるってところなのに…嫌になるわ。誰かがウワサしてるのかしら?…ま、バトルのチョーシもいいし、良いウワサなら歓迎なんだけど。
     いずれにせよ、ブキ屋ではまとめ買いしない方が賢明ね。







     ふー…お外は暑そうだけど、ここは涼しいから、練習が捗っちゃうな~

    kakouUYAA4mZo.jpg

     さんか~くのコーンを~ツンツンツ~ンっとコロがして~♪

    kakouU0AAhsiX.jpg

     わーい!10秒でできたー!ヤキフグちゃん!見て見て!全部そろったよー!!

     もっと上手になりたいな…でも…もう、無くしたくないんだもん。バトルはあんま行かないけど、許してね?








    DieRKhhUEAAViVr.jpg


    三者三様に時が過ぎる
    一つの広場。
    それぞれの想いは、知る由もなく。



    つづく。






    【イカちゃんでお話】(その15)


     今回は、ハイカラスクエアの広場での交差。メインで描いている3人のイカちゃんを使って時系列を同期させて進む展開を意識してみました。漫画のプロット風に仕立てて、そこから味付けしたとも言う。

     ガチマッチ関係のルール説明なども兼ねたかったので、シムナくん視点で進めていって、そこにリュダお姉ちゃんノスリンも交差していく感じで。ロブさん初期シリーズの終盤のお話で(スクショ上だけですけど)ちゃんと出てますよ?

    ・・・・・☆

     お互い会っていないのに、お互いの原因になっている。歯車が回ってるイメージで見て頂ければと。

     ウデマエは速攻バクアゲ状態のリュダお姉ちゃんは、早くも強豪として頭角を現し、スクエアのプレイヤー達の噂に出てきます。
     シムナくんは、マイペースでいいと決めていても慣れない暮らしに時間を取られる一方で、右往左往の日々。(ひとり暮らしの最初って実際そんなもんですw)そして、ロビーで聞いた噂話と陰口、回想がロブさんとの流れで次へのフラグに変わります。自らの置かれている立場を客観したら、あの子には会いたいけど会えない事に気付きます。ようやく目標が定まって行動開始ですねw
     ノスリンは通常運転ですけども、バイト>バトルで、バイトが無ければ試し撃ち。バトル参加に対しての壁が高くなりつつあります。前集の余談で触れた“スプチャ”の件に関しても少し含ませていければいいかな…と。

     今回もバトル参加前ですので、シムナくんの服装は地元のシティから持ちこんだアタマとクツを スロットを外して、ただの普段着にしている状態。フクは、ハイカラスクエアのニュース経由で得たものなので、(ランク1でも貰えて、装備もできるそうなので)参加権を得ている今は、着て良いギアのひとつです。同時期に貰ったと思われるお姉ちゃんともお揃いでw

    尚、今回のスクショも表現上で加工が多くなりました。スミマセン。

    ありがとうございました!

    ※このお話は、2018年8月にブラッシュアップしたリメイク作です。






    関連記事

    ★ランキング参加中です
     

    ★web拍手 web拍手 by FC2

    ★テーマ : スプラトゥーン2
    ★ジャンル : ゲーム



    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2019年8月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.



    web拍手 by FC2  

    ランキング参加中!
     

    ★スポンサーリンク

    ★カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    ★ブログ内メニュー

    注・読み込みに時間がかかります。

    インデックス/過去ログ一覧

    ▼ブログ内をキーワードで検索

    ★スポンサーリンク

    ★登録サーチ

    駄文同盟.com
    よろずりんく
    【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ