プチコン4でプレイした「作品」5選・その5「お絵描きツール」編【NintendoSwitch】

     プチコン4で公開されている「ゲームとしてプレイできる作品」のうち、個人的に一通りプレイした作品の中で、面白かったり感銘を受けた作品は1記事にまとめ、私個人のプレイ日記として記録しております。

     通算では第5回目となります。過去ログは「プチコン4(プレイのみ)」からご覧いただけます。

    20220421ptsm0.jpg
     今回は「お絵描きツール」に特化した作品をピックアップしました。スイッチが液晶ペンタブレット代わりになりますよ。

     尚、当ブログでの掲載に関しては、私個人が所持するスイッチ本体から撮影できるスクショまたは動画の範囲のみとし、各ガイドラインに準拠した範囲とします。

     申し訳ありませんが、あくまで私個人が自分で選出してプレイした範囲のみとしておりますので、自薦・他薦を問わず掲載や試遊の依頼は受けておりません。何卒ご容赦ください。



     プチコン4のサーバーに投稿されている、個人作による「作品」を遊ぶ手順や方法については下記の記事でまとめています。

    作品を遊ぶ側の「プチコン4」の歩き方


     以降はゲームの紹介&プレイ日記です。公開キーの画像も収録していますので、ご興味ありましたら是非プレイしてみてくださいね。





     今回のジャンルは「お絵描き」と「ツール」に特化しています。掲載している順番に関しては優劣はありません。 
     また、これらはプチコンユーザー個人が公開している「作品」でもありますので、予告なく公開/開発を終了している場合もありますのでご了承ください。



    PAINTtool[MOHAN]


    20220421pt(2).jpg
    20220421pt(2-1).jpg
    20220421pt(3).jpg
     デジタルお絵描きで欲しい機能をいいとこ取りしたような出来栄え。様々な機能を持っているお絵描きツールです。

    20220421pt(4).jpg
    20220421pt(5).jpg
     お絵描きツールの基本的な機能に加え、カンバスを回転・ズームさせることは無論、内蔵されているテクスチャを使ってトーン風にも塗れます。
     ペンも複数あり、アニメ塗りも厚塗りも両方可能です。統合前のレイヤーごと途中セーブすることも可能です。

    20220421pt(6).jpg
     最大16枚で可視できる多層レイヤーもポイント。背景付きや集合絵など、レイヤーで分けて作業したい人に向いています。
     フォトショップやペインターあたりのツールに触れたことがある人には特にオススメです。




    ゆびさきペイント


    20220421pt(7).jpg
    20220421pt(7-1).jpg
     こちらはカンバスサイズが最初から2000x2000もあり、より大きく・より細かく描き込みできます。一定の筆致数までタイムラプスも記録されるお絵描きツールです。
     レイヤーの数は3枚+αですが、下書き・塗り・線画だけで充分という方には最良の環境でしょう。

    20220421pt(8).jpg
    20220421pt(10).jpg
     スタート画面は無く、起動後すぐ作業カンバスに入ります。基本的な操作方法は全てひとつの画面(特に画面下部)にヒントが表示されています。
     ツール類は右側のアイコンをタッチすれば、異なるペンも選択可能です。ピクセルアート向けのブラシも実装されました。

    20220421pt(9).jpg
     メニューは「X」ボタンで呼び出し。操作環境もある程度までカスタマイズできますので、自分に合う環境を選びましょう。

    20220421pt(11).jpg
    20220421pt(12).jpg
     スマホの画面のように、指先でピンチアウト・インでズーム可能です。ゆびさきペイントの名の通り、ゆびさきひとつで完結させることもできます。

     ペンツールは、どちらかというとムラがないシームレスな塗りに仕上がる印象です。アニメ風、主線なし、ピクセルアートをはじめ、直線ツールを用いてパースを意識した絵にも向いています。




    Pics Limited foru Switch


    20220421pt(13).jpg
    20220421pt(13-1).jpg
    20220421pt(14).jpg
     個人的な感想としては、wiiUや3DSでリリースされていた「絵心教室」に近い機能が多いという印象を受けました。

    20220421pt(15).jpg
     スタート画面には取説も付いている親切設計。既存の製品ソフトさながらの丁寧な仕様です。
     アニメのようなカチっとしたイラストも描けますが、画材別に筆致が異なるブラシで、アナログテイストな雰囲気を出せるのが大きな特徴。

    20220421pt(16).jpg
    20220421pt(17).jpg 
     レイヤー機能はありませんが、定着したカンバスとそうでないカンバスを使い分ければ疑似レイヤーとして使う事も可能です。
     コマンドは慣れるまでスクショに撮ったり、手元にメモして置いておけば作業も捗るかと。

    20220421pt(18).jpg
     画材(筆致)の強みを活かせる描画を得意としています。リアルな風景画やコンセプトアート、主線なしのディフォルメまで、被写体の質感や光彩を意識した「1枚絵」を描きたい人には特にオススメです。




    THGED for switch vS1.04


    20220421pt(19).jpg
    20220421pt(19-1).jpg
     ドット絵やピクセルアート(256色)に特化したお絵描きツールです。
     実際にプチコン4でプログラムを組める人は、作品用のドット絵など画像素材を作る事も可能だそうです。

    20220421pt(21).jpg
     スタート画面は無く、起動後はすぐにカンバスが表示されます。カンバスの初期色はグレーですが、これは「透明」を可視できる仕組みの為です。

    20220421pt(20).jpg
     「X」ボタンを押すと使い方のヒントを見ることもできます。使い方をマスターすれば、より高度なドット絵も描けるようになることでしょう。

    20220421pt(22).jpg
     画面右側にあるRGBのバーが、昔あったお絵描き掲示板の「Poo」を思い出す仕様で、ただ描くだけでも充分に楽しいです。
     もちろんスポイトツールもあるので、本格的なピクセルアートを書きたい人にも向いているツールと言えるでしょう。




    ぱらメモ-ParaMemo


    20220421pt(23).jpg
    20220421pt(23-1).jpg
    20220421pt(24).jpg
     ぱらぱらアニメを作れるお絵描きツールです。3DSにあった「うごメモ」を彷彿とさせるアニメーションが作成できます。

    20220421pt(25).jpg
     作業環境はシンプル&コンパクトで、初見の私でも理解できた程。実際に「うごメモ」に触れたことがあるなら、仕様をマスターするのも早いかもしれません。

    20220421pt(26).jpg
    20220421pt(27).jpg
     コマ(レイヤー)ごとの調整や、プチコン4に内蔵されている素材で効果音(SEやBGM)を付けることもできます。


     過去に作成した超短いアニメですが、これくらいの単純なアニメは無論、根気さえあれば数分くらいまでの本格的なアニメもできるとのことです。
     スイッチ上のアルバム機能では動画は30秒の記録が限界ですが、キャプチャー環境がある人は既存の動画ソフトで録画・編集して、長編に仕上げるというのもアリでしょう。





    今回はここまで。

     お気付きの方もいらっしゃると思いますが、各ツールの説明枠にあるアイコンの左上には「☆」マークが付いています。
     これは私個人が実際に触れてみて、お気に入りツールになったという、ただのえこひいきによるものです。

    20220421pt(1).jpg
     プチコン4のスタート画面は今もこれで固定されたままです。プチコンの存在を知って間もなくの頃は、私にとって無料のお絵描きソフト集でしたので(正直)その名残と言えます。

     最近になって色々と面白そうなゲームをちょくちょく拝見して「お絵描きだけではもったいない」と考えて、製品版にバージョンアップしてからはローカルのストレージに好きなだけ作品を落として遊び回ってますw
     私はプログラミングはサッパリ(初歩のアセ○ブラで躓いて頓挫した身分)ですが、遊ぶ側だけでいてもお値段以上の価値を感じています。

     たかがゲームソフトと侮るなかれ、プログラミング系は凄く高度な界隈というのがよく分かりますね。

     スイッチでデジタルお絵描きしてみたいな~という人は、入門ツールとしてもオススメできます。無料体験版で稼働できる作品は実質タダですし、合わなかったら削除すればそれで終わります。




    ゲームの枠を超えて

     処理能力そのものはスイッチ(ゲーム機)依存なのでスペック的な限界はありますが、個人のプレイヤーから既存の画像ソフト(製品)に匹敵する作品が生まれているのも事実です。

     基本はスイッチ上で起動して完結するものが殆どですが、プチコン界隈ではゲーム機の枠を超えた試みも日々続いているのが伺えます。


     現在はスイッチやタブレット等のバージョンアップに伴い、接続や起動ができない場合もあります。
     繋げられるかどうか試してみたい方は事前によくお調べになってから実行してくださいね。





     さいごに、プチコンの個人作品でも既製ソフトでも、趣味でも本業でも同じ事が言えますが、個々のお絵描きの上達にはソフトもハードも画材も関係なく、そこにある「ツールを使いこなせる」+「基礎画力を上げる努力をして」ナンボです。

     したがって、このプチコンの作品ツールから神絵師が生まれる事もあるでしょうし、どんなに高額な画像ソフトを買えても、そこから使うための研究や画力を上げる努力をしない人は、一生ラクガキ止まりという事もあり得ます。

     ぶっちゃけ私個人はもともと「ゲーム機で販売されたお絵描きソフト」の収集マニアだった時期があり、実際に旧ハード時代からピンキリ買って触れてきましたが、プチコンの作品群は盲点でした。
     いち個人による作品がここまでハイクオリティなツールだったとはと、深く感心しての今でもあります。今後も期待しております。

    (´∀`)b 神ツールありがとう!





    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
    ゲームブログランキング/にほんブログ村

    当ブログの文章や画像の無断転載や転用はお断りします。
    ◆This site is presented only in Japanese.Reprint is prohibited.




    ★FC2ブログ/記事カテゴリー&スレッド

    ★テーマ : Nintendo Switch
    ★ジャンル : ゲーム





    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めての方は「はじめに」を一読お願いします。(2022年4月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2   

    ランキング&サーチ等
    ゲームブログランキング/にほんブログ村
    駄文同盟.com 【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -
    よろずりんく サーモンラン・バイト戦士同盟





    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。



    04 | 2022/05 | 06
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -



    ★ブログ内キーワード検索

    注・読み込みに時間がかかります。

    ★人気ページランキング

    累計1万PV以上の記事が殆どです

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ