広場は誰のもの?【ルールから読み解いていく「配信」との関係】【スプラトゥーン2】

     昨今ちょっとツイッター上で草案としてツイートした件と、マシュマロやweb拍手に頂いた提案やご意見を拝見したのもありまして、いろいろと自力で調査して情報を精査していました。

     そんな折、専門学校時代の恩師に会いまして、最近の「コミュニティ」について話す機会があり、その時に「スプラの広場」についてどういう解釈をされるか伺うことができました。

    20210812zk(6).jpg

     先生は前職はゲーム開発者という方ですので、現在の配信界隈の背景なども踏まえ、より具体的なお話ができたと思います。

     以降は長文になりますが、実際にした会話した内容から重要な部分を抜粋してまとめました。スプラの投稿ポストとその広場は誰のものなのか…解釈と理解の一助になれば幸いです。








    ルールから読み解いていく「配信」との関係



    私「よろしくおねがいします」


    先生「今の私はもう第一線からは退いた隠居だし、みんなと同じ『個人』という身分には変わらないよ。
     だから私個人の見識と見解の範囲で話しているだけで、公式な発言ではないことは前提しておくね。

    20210812zk(2).jpeg
     こういう場合は、基本的に通報項目の逆は全部OKって見ればいい。あんま難しく考える必要ないよ。

     他所の会社だったら『シナリオのネタバレ禁止』とか、あのキャラは『解禁までダメ』とかゴチャゴチャ書きそうだけど、そういうの全然ないよねコレ。プレイヤーの自由が守られてる。

     要は、法律・条例違反とか警察や裁判沙汰になりそうな行為だけは許さないけど、それ以外は公平に使ってくれって言ってるようなもんだよ」


    「逆は全部OKってことは…例えば、配信者が『YouTubeやってます』とか書くのはどう見ますか?」


    「そういうのもどんどん書けばいい…でも今はガイドラインとか別の決まりもあるんだっけ。

     それなら、書いていいのはガイドラインに載ってる条件(※)を満たして、このゲームを軸にやってる人だけが対象だろうね。
     プロ・アマ・収益化してるかどうかは関係ない。むしろこのゲームに関する活動報告なら歓迎だろうね」


    (※)配信と収益化を許可している動画サイトの例

    20210812zk(2).jpg
    公式ガイドラインより引用



    「ガイドラインの範囲で、スプラがメインの配信で、このゲームに関する内容なら問題無いと」


    「公式で動画サイト指定して収益化まで許可してんのに、そのゲーム本編で行動が制限されたら矛盾すると思わない?

     さて。
     
     ここからちょっと経済の話になるけど、今のご時世、企業にとってSNS上の動向はマーケティング、宣伝、営業も兼ねてるのは知ってる人も多いと思う。ゲーム業界に限らずね。

     こういう傾向をこのゲームに置き換えると、何万人・何十万人に支持されるような人気プロゲーマーの投稿なら、間接的にそのゲームの宣伝に繋がる可能性がある。
     彼らはゲーム上ではプロで、SNS上ではインフルエンサーだからね。

     だからといって彼らも変に忖度して「このゲーム買ってくれ」とか露骨なのは逆効果だし、そういうのは書く必要ないよ。
     プレイヤーの一人なんだから、そのゲームをプレイしてるゲーマーらしいことを書けると尚いいと思う。

     そこから、彼らのファンも同じゲームをしたい人はソフトも買うだろうし、ゲームとして盛り上がれば関連商品も売れる。その流れで投げ銭してくれたり、スポンサーの製品を買ってくれる視聴者が増えるかもしれない。

     あとはSNSだとか、こういうお絵描き広場で、ファンが応援イラストとかも書いて全体が活性化すれば、まず少数からでもプレイ人口が増えるよね?」




    20210812zk(4).jpg

    「有名配信者は広告塔になる…そういう見方もあるんですね」


    「そう。メーカーにとって製品や関連商品が売れることは、開発予算・設備投資・大会やイベントの開催、グッズや追加DLCに回せる→そこから期待が高まれば次回作に繋がるでしょ。
     同時に、プレイ人口が多い→不正や騒動が少ない→興味を持つスポンサーが増える→より大規模な大会の開催とかプロの枠も増やせることになる。
     ついでにスポンサーの製品が売れたら、契約プレイヤーにも活動の場や賞金を提供してやれる可能性も上がる。基本的にいい作用しかない。

     そのゲームのプロとか、トッププレイヤーが関与(直筆)する効果はこういう点にあると思うよ。
     そのゲームに対し直接キッカケを生み出せる場所にいて、人によっては数千人規模の視聴者(人)を動かす力も持っているからね。プレイングのトレンドを牽引していける人でもある。
     
     彼らはただ配信して上手いプレイングを見せるだけでなく、一般人じゃできない仕事や、他方面からの相乗効果を引き寄せてくれる役割も兼ねてる。

     傍目にはゲームで遊びに見えるけど、実際はスポンサーの看板背負って仕事として配信やってる人たちがプロって呼ばれるプレイヤー。基本は公式大会で上位入賞する実力や実績があって、最近じゃ人間性なんかも込みで選ばれた人だけがスカウトされる世界だね。

     個人が趣味でやっている配信と同じに見えるけど、背景にスポンサー企業が絡んでいるのが大きな違い。しかもある意味そのゲームと運命共同体で、依り代のコンテンツが廃れたら解散(契約終了)もあり得る。

     私は配信とか実況動画はあんま見ない人だから、このゲームで誰が有名かまでは知らん。
     でも、発信するルールやリスクは彼らの方が分かってる筈だし、そのゲームのプロだからこそ問題ない範囲ならどんどん書いて、コンテンツごと盛り上げてやればいいと思うけどね」



    「私もそう思います」


    「もう一つ言っておくけど、プロのプレイヤーやチームが複数あって、スポンサーとして企業が名乗り出て支援してくれている状態があるっていうのは、本当に人気があるゲームにしか起きない現象なんだよ。

     ちょっと調べたけど、このゲームはこれが揃ってるよね。これから公式大会とかも企画されてるだろうし、大事にしていかなきゃいけない部分だよコレ。
     聞いた話だけど、過去にはプロ野球の法人まで出てきてたんでしょ?」



    「はい。NPB主催の大会や、ゲーム内で対抗フェスもありました」


    「日本のスポーツ界を代表する法人のひとつが、テレビゲームに興味持って大会までやってくれるって、凄い影響力のあるゲームなんだね。

     プロゲーマーはこの世界においては芸能人みたいなもんだと見ればいい。だからといって特別に偉いってわけじゃなくて、メーカーからすればいちユーザーの身分や扱いには変わらない。

     あくまで影響力の高さが一般の人と比べるとケタ違いってだけ。そのコンテンツ活性化に必要なカギの1つを握っている程度と思えばいい。


     ここで一つ問うてみたいのは、この場の投稿システムで絵を描いているだけで、このゲームを更に大きく盛り上げてくれるスポンサーや協賛企業が現れるか?…どうかな?」



    「私個人は無理だと思います。そもそもゲーム本編のプレイングが注目されての側面ですから」


    「そう。話が少し反れたけど、このゲームのメインコンテンツはTPSでの対戦でしょ。
     だからサブの投稿システムよりメインコンテンツ(対戦)で盛り上げてくれるプレイヤーが優先的に見られるのは当たり前だからね。

     かといって、ここで絵を描くサブコンテンツだけを楽しみたいユーザーがいるのも構わないし、同じゲームをプレイしてる事にも変わらない。
     先の配信者たちの話と同じく、個人の範囲・いちユーザーの範囲を守って投稿すれば何も問題ない。

     さっきも言ったけど、プロゲーマーだろうが、アマチュア配信者だろうが、絵を描きたいだけの人だろうが、公平に提供されている以上は、ユーザー同士において場のルールを変えさせたり、他人の行動を決める権利もない。

     これはこのゲームに限らず全員が理解しといた方がいい。ルールを決めたり変えられるのは運営(メーカー)だけって言えば分かるかな?

     マナーとかモラルって本来は自分を律するためのものであって、他人を縛るためのものじゃないから。そのゲームが好きなら尚のこと、履き違えないようにしてほしいな」



    「ですよね。私も禁止されている事を分析したことはありますが、その逆は無いです」


    「SNSとかネットの世界だと表面的な数字の多い人を信じがちだけど、これからの世代には特に正しい情報を見分ける目は持ってほしいと思う。

     たとえば「宣伝」っていう言葉ひとつにしたって、いろいろな意味や解釈があるけど、この投稿システムで禁止されてる宣伝は『営利』だけで、わざわざそう指定までされている。
     これは例を挙げれば…配信したから投げ銭くれとか、アカウント売りますとか、無許可でスポンサーの商品を宣伝するとか、金品や儲けが絡むことを指すよ。

     それ以外の宣伝的な投稿は(ガイドラインの範囲で)してもいいという解釈もできるし、禁じられてもいない。

     ただし出会いは明確に禁止されてるから、メアドや通話アプリとかの連絡先を書くのはダメだけど」



    「宣伝という言葉に関しては、拡大解釈してる方が少なくない気がします」


    「あと、アマチュア配信者が「ニコニコで(スプラの)配信はじめました」とか「登録者300人突破」とか書いた場合でも、見る人によっては『素人でも配信できるくらい賑わってるんだ』とか『増えてよかったね』って解釈もできる。

     こういうのは自分の報告だから、実際にこのゲームやって配信してるんなら活動報告として自由に書けばいい。

     アドレスとか入れない限り違反でも何でもないし、ツイッターで独り言してるみたいなもの。興味ないならスルー(無視)でオシマイってレベル」



    「報告…よくある『ランク99になった~!』というのと同じでしょうか?」


    「そうだね。もしも私がこの場の運営やらされたとしても、そんな感じにしか見ないな。
     むしろ違反でもなくスルーで済むものまで、いちいち過剰に通報してくる輩の方にペナルティ入れるかもしれない」



    「運営も大変そうですね」


    この項目のまとめ

    ガイドラインに則したスプラ配信者なら基本は自由に書いてよい

     通常の「お絵描き」や「挨拶」などに加え…として 

     ・事実の活動報告や自発的なコメント
      「(チーム名)をよろしく」 
      「プレイングのアドバイス」
      「登録者○○人になりました」
      「YouTubeはじめました」
      「ニコニコで配信しています」
      「○○チーム、ツキイチ1位なりました」
      「XXチームに入ります」 
      「○○使うならこのコーデはどう?」
       (ブキやギアのオススメ)
      「XXX杯に出るので頑張ります!」
      「○○杯で1位!(チーム名)」 …など

     ・スプラ配信者を応援する投稿も自由
     ここは私見ですが、イラストの場合はアバター(イカやタコ)を推奨します。また、プロ配信者のイカ・タコは事前承諾不要が殆どで、テキスト欄に専用タグ等も入れてポストするのも問題ありません。


    通報項目からの判断

    ・ツイッター上で個々にツイートする内容とは関係ありません。
     広場のポストで描いてはいけないものの一例です。

     ・外部サイトへの勧誘や誘導は注意
      ×「○○チャンネル登録してください相互希望」
      ×「チャンネルはここ!URL~~~」
       ツイッター等のSNSアカウントもフォロー目的や誘導目的はNG。
       絵に付記する場合は創作物(サイン)の域を出ないこと。

     ・営利宣伝は通報対象
      ×金品の要求
       「配信中なのでスパチャまってます」など
      ×RMT
       「アカウント売ります」など
      ×無許可でスポンサー製品の宣伝を書く
       「新製品の○○買ってください」など

     ・直接連絡(出会い)に繋がる記述やは通報対象
      ×「スカイプIDはXXXXです」
      ×「LINEの友達申請まってます」
      ×「メールくれたら相互登録しますXXXX@XXX」 など

     ・その他不適切な投稿となるもの
      ×配信を許可していない動画サイトの情報(ミ○ダム等)
      ×虚偽の報告やデマ




    大会の宣伝は?


    20210812zk(3).jpg

    「なるほど…大会の告知などは大丈夫だと思いますか?」


    「その試合が賭博にならなきゃ問題ないよ。具体的には参加費取ってそれを賞金に回したらダメだね。

     法律の世界だと「一時の娯楽に供する物はOK」とか言ってるけど、参加賞で無償イラスト貰えるあたりの範囲は出ない方がいい。

     イラストで思い出した事がひとつ…俗にいう二次創作や同人活動は個人の活動の範囲を出ない&利益ナシ前提だからグレーにされたままだけど、大会など第三者の企画に提供する版権イラストに対してお金を取る事は営利と判断するメーカーもあるからね。
     イラストの提供も無償なら問題ないけど、賞品イラストを描く人は各メーカーのルールも調べておいた方がいい。

     基本は賞金・賞品・参加費ナシの非営利で、誰でも見られる公開されたオンラインの試合かな。それなら『○○杯 ○月○日~○日開催』と書けばいいんじゃない?」



    「ここからは余談ですけど、賭博罪以外にも、ゲームメーカーが絡めば景表法、オフラインの場合は風営法もありますね」


    「その通り、法律関係はややこしいよ。だからこそ個人の場合は非営利を守った方がいい。
     公式のガイドラインを守るのも大事だけど、それ以上にやり方を間違えると法律が絡む意識は持ってな。運営がやらかすと参加者も共犯になる場合もあるから、カジュアル大会でも慎重にやってね」



    「規模や内容によっては、事前に専門家に相談するのが良さそうですね」


    この項目のまとめ

     ・賭博罪など法律に抵触しない大会であること

     ・非営利公開されているオンラインの試合であること
      例「○○杯 ○月○日~○日開催」


    大きな大会を開きたい方は下記も参考にドウゾ

    法令をよく知ってeスポーツを楽しもう!
    (別窓/pdfファイル形式:一般社団法人日本eスポーツ連合)






    他の版権キャラなどは?


    20210812zk(5).jpg

    「既存の漫画やアニメのキャラ等は大丈夫だと思いますか?」


    「一応これゲームの中に投稿するんだよね?…ガイドライン見たって第三者が有する知的財産権は許可を取れと書いてあるし、そこに包括される著作権の云々もあるから、他の版権の投稿はオススメしないな。

     あと、向こう側から見た時『そのマンガ流行ってんのはわかるけどそこはウチのキャラにしてほしかったな~』と思うかもw」



    「たしかにw」


    「システム上で弾かれずに載ってしまう以上、運営がどこまで許容しているかまでは知らんけど、万が一その版元から訴えられた時、自分で対処できるか考えてみてほしい。

     だけど全部が全部ダメって言うんじゃなくて、『その時に流行ったもの』って意味では取り入れ方だろうね」




    この項目のまとめ

     ・ジャンル外の版権は著作権(知的財産権)に抵触する

     ・取り入れ方を工夫した方が良い
      例「イカやタコ(スプラの絵柄)を軸にしたパロディに留めるなど」




    いちユーザーの身分は変わらない


    20210812zk(7).jpg

    「先に話したことの繰り返しになるけど、プロのベテラン配信者だろうと、はじめたての初心者だろうと、絵しか描かない人がいても、メーカーから見ればいちユーザーには変わらないからね。

     どうしても変えさせたい部分があるなら、ユーザー同士で何か言うんじゃなくて、きちんと文書にまとめてご意見窓口にでも投書した方が賢明だね。

     ご意見窓口に投書したからってアイデアや申請が通るとは限らない。投書しただけでさも自分の方針が決まったように吹聴するのはダメだよ」



    「公式サポートにある『ご意見窓口』フォームですね」


    「もう一つ別の側面も教えておくと、この投稿機能ってどう見たってサブコンテンツだし、投稿に興味ない人から見れば、このリソースをアイテムとかDLCの1つに回した方がいいと見る層も一定数はいると見ていい。

     そういう人たちは普段何も言わないけど、プレイヤーとしては日々この場やSNSなんかも見ていて、それこそ黙って窓口に投書する人もいるだろうね。
     そこから開発陣に意見が渡れば、廃止の声が上がってもおかしくないよ。他にもいろんな可能性がある。

     公園や店に例えれば分かりやすいと思うけど、誰にでも公平に開かれてる場所や店なのに、入り口で立ち止まって『お前は入るな』とか『これ以外は注文するな』なんて勝手に決める人がいたらどうする?
     気味悪がって帰る人もいるだろうし、喧嘩になりそうならお巡りさんを呼びにいく人もいるよね。

     SNSとかオンラインゲームの世界は、画面の向こうにいるのはコンピュータではなく人間だからね。人間が集まる場なら現実と同じような事が起きると思えばいい」



    「客観的に考えるって大事ですね」


    「それから、コミュニティ運営っていう視点で見ると、こういう投稿系コンテンツにおいて同じユーザーばかりに偏ってきたら、そろそろ閉めようと考えるかな。

     新規が来ない、配信者も来ない、投稿されても同じユーザーしかいないという状態は、なにより全体の利用率が下がってきていると判断するのが普通だから。
     目視できる判断材料って結局は数字なんだけど、その内訳というかユーザーの数もそれなりに見てるだろうね。

     こういうのはどのゲームでも同じだよ。サブコンテンツならもっと早い判断が下されるかも」


    「過疎化によるサービス終了は定説ですね」


    「このゲームの投稿システム利用において最適解をひとつ挙げるとすれば…

     このゲームにログインしたら…配信者の何気ない活動報告も、イラストだけ凝って描く人も、今日から始めた初心者も、誰の投稿でも平等に受け入れられている状態を保つことが、本当にあるべき姿なんじゃないかな?

     今回の話いろいろ聞いてると、少なくとも私はそう思うんだけどね」



    「私もそう願っています」


    「ゲームの中にまでこういう特殊なコミュニティ作ってくれるって、他のゲームじゃなかなか無い事でもあるから、共存していく場って意識は大事にした方がいいよ。

     結論をヒトコトで言うと、全てのユーザーがルールないしガイドラインを守って、公平性を意識して楽しく利用すればそれでよし…そこ一点に収束していく。

     そういうことで、見解として話せるのはここまで。私も今のゲーム事情をいろいろ知れていい勉強になったよ。



     これからの時代、配信の世界とはますます切っても切れない関係になっていくだろうから、配信や動画を見る・見ないに関係なく、同じゲームの中でそういう人たちもいるってことは、アタマの片隅にでも置いた方がいいよ。

     いやはや。かくいう私も時代に取り残されないようにしないとw」



    「私もですw…大変貴重なお話、ありがとうございました」


    この項目のまとめ

     ・場の公平性を理解して利用し、全プレイヤーが共存することが大事





    終わりに。

     今回のお話は、プレイヤー以外の視点や配信者界隈の背景、その効果も踏まえてお話を頂戴できました。SNS関係はご意見や見解が似ている所もあり、私も第三者の言を得て安堵を覚えました。

     広場は絵を描いている人だけのものでもなければ、配信者だからと優遇されることもありません。ログインしている全員が公平に投稿していいのは明らかだと思います。

     私もまた、配信界隈のことを何も知らなかった時は「ガチ勢さん達はこういうの書いて大丈夫なのかな?」と疑問に思った事もありまして、そこから単純に視聴して応援するだけではなく、背景や決め事もきちんと掘り下げて調べた時期もあります。
     いろいろ知り得た今は、誤った言動があれば運営やスポンサー企業への通報は厭わない方向で見守っています。

     お互いの事情や背景を汲み、与えられた場を公平かつ平等に使って楽しむこと…とても大切な事ではないかと思います。

     今回の記事は先生と私が対談したことによるアドバイスの一つに過ぎません。こちらをご覧になって、この先どうお考えになって行動されるかは個々の判断にお任せ致します。


    (´∀`) 全てのプレイヤーに公平な場でありますように


    ※記事にするにあたり掲載の許可を受けています。私信に当たる部分は省略して編集しています。文責は筆者にあります。
     挿絵写真に用いたグッズは、ムラオカ社の「スプラトゥーンリバーシ」です。








    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ

    ★テーマ : スプラトゥーン2
    ★ジャンル : ゲーム




    当ブログの文章や画像の無断転載や転用はお断りします。
    ◆This site is presented only in Japanese.Reprint is prohibited.



    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2021年6月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2

      

    ランキング&サーチ等
    にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ
    駄文同盟.com 【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -
    よろずりんく サーモンラン・バイト戦士同盟





    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★カレンダー

    08 | 2021/09 | 10
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    ※ランキングは月始でリセットされます。上記に入る記事は累計1万PV以上です。

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ