【Miitopia/ミートピア】体験版をプレイ!異世界転生のノリで楽しもう(前編)【Nintendo Switch】

     先般のニンダイでも発表されていましたが、任天堂ハード固有のアバター機能である「Mii」を用いたゲームのひとつ「Miitopia(ミートピア)」がリリース直前とあり、体験版が配信されたので触れてみる事にしました。

    20210502mit.jpg

     前作(初代ミートピア)は、メインシナリオ自体はオーソドックスな和製RPGですが、その主役から脇役までほぼ全部のキャラクターを、自作の「Mii」に入れ替えることができるという「配役」システムが斬新で、今でも根強い支持層がいます。


     スイッチ版ミートピアに関しては、公式サイトの末尾にも「本ソフトは、ニンテンドー3DSで発売した『Miitopia』に新要素を追加したソフトです。」と書かれてますので新作ではありません
     3DS版ミートピアをスイッチ用にリマスターして、追加要素を盛り込んだというのが正解です。

    ミートピア
    (別窓・任天堂公式)





    転生モノのラノベのイメージ?

     ミートピアはRPGの一種ではありますが、本題はそのシナリオそのものよりも、そこに登場するキャラクターを誰に演じさせるかを楽しむゲームです。
     ここ最近のブームで言うなれば、ミートピアという「異世界に転生した/召喚された」系ライトノベルのノリで楽しめるゲームと言えます。


     公式CMにあるKing&Princeの皆さんのように、自分の分身を配役して楽しむのもアリです。むしろそういうキャスティングを楽しむためのソフトです。

     映画でいうところの「進行ディレクターの側面」「メタ部分」を持っているゲームですので、リアルのタレントさんや家族のみならず、二次元のオリキャラ・マイキャラ等の創作活動をしている方も、持ちキャラをMiiとして登場させれば、思い入れも妄想もマシマシでプレイできる事でしょう。

     加えて、主役とその仲間キャラには「好きレベル」という好感度のようなパラメータもあり、それが影響するイベントも複数ありますので、自分の好きなカップリングも性別不問で自由です。

     私も3DS版の初代ミートピアは、当時の知り合いが凄くハマっているのが楽しそうだったので、つられて購入して一通りプレイしました。

    20210502mit(0).jpg
     上図のスクショのように初代スプラのアミーボに対応したアイテムもゲットできたので、シオカラーズを主人公にした設定で楽しんでいました。
     アオリちゃん、ホタルちゃん、ダウニーは、何らかのキッカケでミートピア(異世界)に…そこではカミ様のお告げで、なぜか魔王と立ち向かう事に…というノリです。

     シオカラーズが主演の映画監督というノリで楽しめました。当時はやり込み要素までプレイする余裕がありませんでしたが、メインシナリオのエンディングを見るまではクリアしています。




     さて、スイッチのミートピアはどう変わったのか、変わらないのか…体験版をプレイしていきたいと思います。








    魔王がいるファンタジー世界



     本作は完全新作ではなくリマスター+αのソフトですので、むしろ初代(3DS版)をクリアしていれば、仕組みもシナリオもほぼ同じで進めて行くことができそうです。

    20210502mit.jpg
     体験版をスタートです。尚、この体験版でプレイしたセーブデータは製品版に引き継げるそうですので、購入を検討している方はMiiの作り込みなどを進めて、データを残しておくと良いでしょう。

    20210502mit(1).jpg
    20210502mit(2).jpg
    20210502mit(3).jpg
     お話も初代3DS版と殆ど同じです。ミートピアに突如現れた「魔王」は、人々から「顔」を奪って無力化させ、さらに奪った顔のパーツを魔物につけて野に放つなど、世界征服に向けて動き始めていました。




    配役をしていく世界



     プロローグが語られたところで、ミートピアの中でも、まだ魔王の影響が少ない地域を旅している一人の人物…最初の配役(キャスティング)になり、物語の主人公となります。

    最初の登場人物が主人公

     仲間キャラは後で増えますが、実質はメインシナリオを進ませる代表者でもありますので、自分の分身にするもよし、お気に入りのキャラにするもよし、Miiを作成して決定しましょう。
     Miiが作れなくても、ランダムで作られたMiiや、ダウンロードできるMiiもありますので、そこから好みのMiiを借りるのも可能です。

    20210502mit(4).jpg
     このブログでは、主人公は私のイカちゃん(ノスリン)のMiiを使って進行して行きます。おゲソの代わりにロングヘアを使っていますw

    20210502mit(5).jpg
     町やダンジョンへの移動は「マップ型」で、ダンジョンや街道などの個々の「点」と、それらを繋ぐ「線」で表現されています。
     繋いだ線の上を移動して行きますが、ザコモンスターとの戦闘、イベント等はその「点」の中に入って通過→クリアすることになります。




    街などイベントに入る前にも…

     特定のイベントが発生する地点(町や城など)では、初回に限り、入る前に配役を求められる場合があります。
     サブキャラやエキストラ(町長、町の人Aなど)という部分までMiiを割り当てることができるのもミートピアならではです。

    20210502mit(6).jpg
    20210502mit(7).jpg
    20210502mit(8).jpg
     上図ではデフォルトで設定されているMiiたちです。名前は固定されていますが、任意で配役を変えると名前とMiiが入れ替わり、以降は入れ替えたMiiと名前になります。

     また、Miiの配役は後で任意で変える事もできますが、終わらせたイベントや時系列は戻りませんのでシナリオ上で違和感が出る場合があります。
     任意での配役は初回で決定した方がよいでしょう。




    Miiを作れなくても…

     Miiを作るのは難しそう…と思ったら、スイッチ本体に登録されているMiiから加工することもできます。

    E0XJMBwVkAAzWbn.jpeg
     スイッチ本体の中にある「Miiを作成するツール」で、自由に加工して良い「サンプル」が何パターンか収録されています。
     ここから選んで基本のMiiを作り、ミートピアのソフトで化粧やウィッグを付けてキャラクターを生み出しましょう。


    スイッチオンラインに加入していれば…

     フレンドがミートピアをプレイしていて、カスタム済みのMiiを公開していればそこから借りる事も可能です。
     また、下図のように、ミートピア(3DS版)のプレイヤーが作って公開している、カスタム済みのMiiをダウンロードして使う事もできます。

    E0XJGQkVEAIQdVB.jpeg
    E0XJGQ3VUAE_Sa9.jpeg
     ここに公開されているMiiは、ゲーム内で配役用の「素材」として提供されていますので、ダウンロードした後も自由に加工する事が許されています。

     自分のMiiを提供する・しないはプレイヤーの任意であり自由です。加工してほしくないMiiは自分でプレイする範囲に留めておくか、フレンドのみに限定する等して、普段は公開しない(秘密)設定にしておきましょう。




    事件が発生!そして魔王が降臨



     サイショーの町に到着したのも束の間…突如「魔王」が現れて住民たちの「顔」を無差別に奪っていきます。

    20210502mit(9).jpg
    20210502mit(10).jpg
    20210502mit(11).jpg
     ここで魔王にも配役する選択肢が現れ、魔王の顔もここで決まります。今回はデフォルトで進むことにします。メガネをかけたMiiの場合はメガネも適応されるんです。
     凄い力を持っているのに、実はド近眼の魔王だったとか…そういう脳内妄想も面白いですよねw

    20210502mit(12).jpg
    20210502mit(13).jpg
     主人公は幸い難を逃れましたが…子供の顔を奪われてしまった町の人から「我が子の顔を取り戻してほしい」と依頼を受けると…お守りを貰えました。

    20210502mit(14).jpg
    20210502mit(15).jpg
     いくら何でもお守りひとつでは心許ない話ですが、動けるのは旅人の自分だけ…行くしか無いようです。

     今はとりあえず言われた通りに、町の外を探してみましょう。新しい道(行き先)が繋がっている筈です。




    追いついた先で起こる、神の奇跡



     ここからは「初めての戦闘」などチュートリアル要素が多いので、このイベントで一通り操作を覚えておきましょう。

    20210502mit(16).jpg
    20210502mit(17).jpg
     魔王は主人公が追いかけてきたことに気付いたのか、奪った顔を魔物にくっつけてけしかけると、そのまま去っていきました。
     倒せば顔を取り戻せるようですが、今の主人公は丸腰で魔物と戦う術がありません…その時、あの「お守り」が奇跡を呼び起こします。

    20210502mit(18).jpg
    20210502mit(19).jpg
    20210502mit(20).jpg
     神々しい空気に包まれ、天から聞こえてくる「謎の声」…神と名乗ったその声は主人公に力を授けてくれるようです。ここは応じることにしました。

    20210502mit(21).jpg
     魔物と戦うことができる「職業」の力を与えられることになります。序盤は好みで決めて大丈夫です…戦士もカッコイイのですが、ここではキャラクターのイメージから「魔法使い」を選びました。

    20210502mit(22).jpg
    ま、魔法…(物理)

     序盤はまだ魔法らしい魔法は覚えていませんので、杖でボコボコ叩くだけの肉弾戦しかできませんが…丸腰に比べたらはるかにマシでしょう。

    20210502mit(23).jpg
     魔物を倒すと「顔」が剥がれて飛んでいきます。もとの持ち主(体)に戻っていくようです。
     また、こうやって「顔のパーツが付いた魔物」を倒すことで、ミートピアの住民を救うことにもなるようです。

    20210502mit(24).jpg
     サイショーの町に戻って、依頼をしてきた母親を訪ねてみると…子供の顔も戻ってひと安心のようです。主人公にはお礼(お金)もくれました。


     依頼を受けて達成して謝礼も出たし、お守り(神様)の力で発動した「職業の力」もこれで消えてしまうと思いきや…

    20210502mit(25).jpg
    20210502mit(26).jpg
     ふたたび神様の声がして「このまま世界を救ってくれ(拒否権は無い)」と言われてしまいます。

     稀に見かける、こういう強引な展開もまたミートピアらしさと言えるでしょうw




    今度は仲間も増えていく



     乗り掛かった舟だと言わんばかりに、主人公はミートピアの世界を冒険していく事になりますが…

    20210502mit(27).jpg
    20210502mit(28).jpg
     魔物の数は増えるし手強くなるのにこちらはひとり…さすがに一方的にやられそうになったその時!

    20210502mit(29).jpg
     神様が運命を引き寄せてくれるようです。ここで2人目の仲間の配役が決まります。味方キャラを決めましょう。

    20210502mit(30).jpg
    20210502mit(31).jpg
     ここではイカちゃん繋がりのご縁もありますし、イカ友のイカボーイ(シムナくん)を召喚することにしました。
     うちのイカちゃんを守ってあげたいと言ってくれている優しい子なので、文字通り戦士(ナイト)になって頂きます。友情出演に大感謝ですわw

    20210502mit(32).jpg
     ふたりで敵を蹴散らして意気投合。一緒に冒険することになりました。戦士と魔法使いですからバランスもよいかと。

     戦闘では直接指示できるのは主人公だけであり、仲間キャラは勝手に行動します。仲間に対しての「応急処置的な回復手段(ふりかけ)」は後で出てきます。




    人数が増えると会話イベントも発生

     会話や行動は「キャラクターの性格」に準じた内容が複数パターンあり、移動中や宿屋でもランダムで発生します。

    20210502mit(33).jpg
    20210502mit(34).jpg
     彼のように性格設定が「やさしい」場合は、回復アイテムも仲間と分け合おうとするなど、特有の行動をするようになります。




    人数が増えるほどイベントが発生?



     マップ上の「点」が街道やダンジョン(戦闘アリのエリア)だった場合、一区画ごとに何故か「宿屋」があり、HP/MPの回復のみならず、親密度に関するイベント等も発生します。

    20210502mit(35).jpg
    20210502mit(36).jpg
     親密度を上げたいキャラクター同士は相部屋にしておきましょう。また、キャラクターが増えれば増えるほど「その部屋」で会話イベントが発生します。

    20210502mit(41).jpg
     お金を与えて装備品を「買い物」させたり、魔物を倒した時に得られる「料理」を食べさせてステータスにボーナスを付けたり…育成好きならハマるかも。

    20210502mit(42).jpg
     デート券や旅行券を使って、特定のキャラの親密度を上げたり…キャラクター同士の関係(好きレベル)を調整する場でもあります。
     旅行券は当たったその場で使うか否かを決める必要がありますが、今作からの「デート券」は使うタイミングを選べるのも嬉しいですね。

     3DSでは、中盤以降は風邪を引いてダウンする仲間(戦闘からは一時的に離脱)が出た場合もありますが、、そのキャラクターと仲が良く「お見舞い」を覚えている仲であれば回復も早まるなど、一見マイナスのイベントもプラスに(想像)できる要素もたくさん詰まっています。

    20210502mit(39).jpg
    20210502mit(40).jpg
     ルーレットやジャンケンなどで景品がもらえるミニゲームも遊べます。また、宿屋の画面でもXボタンを押せば、マップ上と同様のメニューも使えます。

    20210502mit(37).jpg
    20210502mit(38).jpg
     あとは、序盤は仲間が増えるイベントが発生したり、何らかの依頼が届くイベントが発生する事もあります。

     主人公と仲間キャラクター同士のイベントが発生する拠点ですが、宿泊料もかかりません。同じ地点を繰り返して通ってザコ戦を繰り返し、経験値稼ぎなども込みで賢く使って強化しましょう。





    後編に続く!






    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ

    ★テーマ : Nintendo Switch
    ★ジャンル : ゲーム




    当ブログの文章や画像の無断転載や転用はお断りします。
    ◆This site is presented only in Japanese.Reprint is prohibited.



    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年9月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2

      

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ





    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★カレンダー

    05 | 2021/06 | 07
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -