マイデザイン不要!島クリエイター「道」活用術!(初心者向け)【あつまれ どうぶつの森】

     今回はあつまれ どうぶつの森の「島クリエイター」にある機能のうち、「」に関する敷設方法&施工例を振り返ってみたいと思います。

    20210323atmrmiti(1).jpg
     尚、この記事では序盤のシナリオをクリアして、上のスクショのように「島クリエイター」の機能はすべて解禁している事を前提としています。

     今回は島クリエイターの機能のうち「道」に特化した記事となっております。概ね初心者向けの内容ですので、中級者以上の方は使い方の復習程度にご覧ください。
     また、今までのまとめ的な内容でもあるため、既出のテクニックも含まれますのでご了承ください。





     施工例として友達(イカ友)の島のスクショも採用していますが、全て事前に掲載許可を得ています。



    ▼島クリエイターに関する基本TIPSは、過去の記事をドウゾ。

    島クリエイターのキホンの「キ」/島クリエイターって何?
    島クリエイターのキホンの「ホ」/道・河川・崖の使い方
    島クリエイターのキホンの「ン」/その他いろいろ注意点など




    雑草が生えない道を作ろう



     オシャレな道にしたいけど雑草は生やしたくない、プレイ時間の確保が厳しいので手入れをカンタンにしたい、マイデザインはできるだけ貼りたくない…という方は、まず「硬い素材」で敷設してみることをオススメします。

    20210323atmrmiti(9-2).jpg
     マイデザイン以外では、上図で赤い丸を付けた素材が該当します。これらを地面に敷設すると「雑草が生えない」のみならず「化石・岩・光る穴が発生しない」地点を作れます。

    20210323atmrmiti(10).jpg
     実際に敷設してみると分かりますが、地面から発生するものに対してある程度のコントロールができること、効果は草地や土に塗り替えない限り半永久的なので、管理しやすくなると言えます。
     また、住民どうぶつたちは敷設された「道」を辿って島内を移動する習性があるので、住民の行動範囲を広げる役割もあります。


    使いすぎるデメリットがあるとすると…

    ・多用しすぎると人工的なイメージが強くなる
    ・マップ上の土色が増える
    ・緑化も取り入れないと島の評判が下がる
    ・家具の置き方によって島の評判が下がる
    ・化石、岩、光る穴が出現しなくなる(適合する草地や土が無い場合)

     あくまで「道を敷設する」という機能であることは理解しておきましょう。したがって、道を敷設した上に飾られた家具(オブジェ)が、景観を悪化している障害物として判定される事もあります。

     しずえさんに評判を聞いた時「物が多すぎて通行の妨げになっている地点が…」という内容のアドバイスが出た場合は、敷設した道の上か、商店や博物館までのルート上に「住民が徒歩で通れるような1マス以上の隙間が無い」という判定でもありますので、そこに飾った家具を減らすなどして配置を見直してみましょう。

     置いたままのアイテムがあって「散らかっている」状態は論外です。まずは余計なアイテムは処分するか片付けましょう。




    1マスで施工してみよう



     初心者さんはまず小さな面積からいろいろ試してみる事をオススメします。使い勝手が分かって来ると、だんだん大規模な手入れも可能になってきますので、焦る必要はありません。

    石畳+アーチタイル

    20210323atmrmiti(2).jpg
     石畳だけだとのっぺりした感じだし、アーチタイルだけだと模様が強すぎる…という場合は、両方使って交互に敷設みましょう。

    20210323atmrmiti(3).jpg
     まず石畳で1マスおきにシマシマに敷設して、その隙間をアーチタイルで1マスずつ埋めていきます。
     おなじ素材の場合は、隣り合った時に結合してしまいますが、違う種類の道は結合しない性質を利用して、草地が見える石畳を作ることができます。

    20210323atmrmiti(4).jpg
     同じ「石材」同士でも色味が似ているため違和感も少なく、自然な施工にできます。花壇のまわりや河川敷への敷設にも適しています。


    施工例
    20210323atmrmiti(5).jpg
     少し広めの面積に市松模様に並べてから、テーブルやイスなどの家具を飾り、オープンカフェやテラス風に。

    20210323atmrmiti(8).jpg
     柵と並行してカントリー風の「小径」風に。石材なので遺跡系の景観和風の景観にも合います。




    他の素材でもカラフルに

    20210323atmrmiti(6).jpg
     石材同士のみならず、レンガ+テラコッタ、組み木+レンガ、石畳+テラコッタなど、他の素材でも同じように敷設できますので、自分の島の景観にあった使い方を考えてみましょう。


    施工例
    20210323atmrmiti(7).jpg
     4マスくらいずつで固めて、飛び石っぽく並べてもオシャレな雰囲気にできます。公園とか緑地のアクセントにも向いています。


    花壇にも応用できる

    土の道+黒土の道で花壇もオシャレに
    20210323atmrmiti(11).jpg
     土+黒土で交互に敷設した花壇です。植える花の色によって使い分けたり、部分的に調整するのもオススメです。

    20210323atmrmiti(12).jpg
     同じ花だけを植えたくなりますが、この場合は色味(ピンク)で合わせて交互に植えました。土の感じに加えてちょっとオシャレな雰囲気を出せますのでオススメです。

     土の色が違っても、同じ種類の花で寄せ植えすれば交配も可能です。実際にこのスクショに写っている花はこの花壇から発生した個体も含まれています。


    草地で花壇もできる

     下図は友達の島のスクショですが、彼の場合は広い面積をテラコッタタイルで塗りつぶし、そこに草地で四角い穴を開けて花壇を作っています。

    20210323atmrmiti(13).jpg
     施工自体は非常にシンプルですが、博物館前のスペースをふんだんに使っているせいか庭園にも見えます。
     よく見ると、真ん中(生垣)を基準にして、同じ色の花を左右対称(線対称)に花を植えている事で統一感も出せています。




    4マスで施工してみよう



     2マスで長方形を組み合わせて模様を作るのも面白いですが、4マスにすることで明確な図形を描きだすことができますので、応用の幅がさらに広がります。

    20210323atmrmiti(14).jpg
     4マスで正方形を作ります。これでまた違う素材で埋めていき、1マスよりはるかに拡大した市松模様を作り出すこともできます。

    20210323atmrmiti(15).jpg
     同じ素材のコテでもう一度触れると…カドが取れてキレイな丸がつくれます。これは1マスでは不可能な形なので、丸い図形を作る場合は最小単位は4マスと覚えておきましょう。

    20210323atmrmiti(16).jpg
     同じ4マスでできる模様の一例です。しずく形、葉っぱ形、扇形、丸から1マス削ればパッ〇マンのような模様にもできます。これらを組み合わせて景観に取り入れることも可能です。

    施工例
    20210323atmrmiti(17).jpg
     同じ模様を散らしても、可愛らしい雰囲気にできます。公園にありそうな遊具を飾っても映えるでしょうし、テーブルなどの家具を置いて屋外パーティーの会場にしても良さそう。

    20210323atmrmiti(20).jpg
     しずく型を4つ並べると四つ葉のクローバーのような雰囲気に出来ます。
     公園や遊園地のような景観にしたい方は、この真ん中に遊具系の大型家具を飾ってみるのも良いでしょう。


    国際的ネズミさん
    20210323atmrmiti(18).jpg
     あつ森ガチ勢さんやD社キャラが好きな方の島では、ほぼ確実に見かける施工例のひとつです。
     少し隙間を空けた丸をふたつ描いて、その隙間に家具の「ふんすい」を置いてみましょう。すると…

    20210323atmrmiti(19).jpg
     世界中で有名な「あのネズミさん」のようなシルエットになったりします。敷設する道の素材に合わせて、噴水の色も変えると尚そっくりにできそうです。ファンシー系の島を目指している方は是非w




    いろいろな図形を組み合わせてみよう



     未開拓で土地に余裕がある最初のうちは、10マス以内の小規模サイズの四角や丸を使って「どんなカタチができるのか」をいろいろ試してみましょう。

    ニンテンドースイッチ?
    20210323atmrmiti(29).jpg
    グリップに装着したジョイコンみたいw


    幾何学模様?
    20210323atmrmiti(30).jpg
    組み合わせ方によっては、古代遺跡から商店街まで幅広く活用できそう。


    音符
    20210323atmrmiti(21).jpg
    20210323atmrmiti(22).jpg


    ハート
    20210323atmrmiti(23).jpg
    20210323atmrmiti(24).jpg


    ハート4つで噴水広場
    20210323atmrmiti(25).jpg
     カクカクのままでも充分にデザイン的ですが、ここではハート4枚というカワイイ方向に振っていきますw

    20210323atmrmiti(26).jpg
    20210323atmrmiti(27).jpg
     ここから周囲に花や樹木を植えて、あそこに街灯を立てて、あとは周囲に柵や生垣なども施工して…なんてイメージが湧いたら初心者は脱出できていますよ。

     あとは自力で自分の島でアレンジして行くのみ!





    今回はここまで。

     マイデザインでオシャレで映える道にするのは前作からの慣例ではありましたが、今作は島クリエイターで直接「道」や「水路」まで作れるようになり、依存しなくても映える景観は作ることができます。

    20210323atmrmiti(28).jpg
     私の島の花壇周辺の模様です。ハートと円を組み合わせて少し横長な広場にしてあります。上空から見ると「チョウチョ」とか「トンボ」みたいにも見えるところが特徴です。
     花壇との隙間を埋めるように柵(ペグとロープ)を張り、ジョイント部分には低木や家具を飾ってあります。広場側は街路樹も兼用です。

     こんな感じに島クリエイター+αだけでも充分に見映えのする景観は作れますので、マイデザインが描けない・使いたくないからといって諦める必要はありません。
     そこにある素材で何ができそうか、あとは目指したい雰囲気に近い島主さんを探して、まずは夢島に行ってみるなりして実物からテクニックを見学してみるのがオススメです。時間はかかりますが知識としての収穫もあることでしょう。

     施工パターンに関しては、リリースから1年経過で出尽くした感じはありますが、そこからどう応用していくかは島主さん次第です。

    ヽ(´∀`)ノ 島クリエイターは楽しいよ!





    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ

    ★テーマ : あつまれ どうぶつの森
    ★ジャンル : ゲーム




    当ブログの文章や画像の無断転載や転用はお断りします。
    ◆This site is presented only in Japanese.Reprint is prohibited.



    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年9月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2

      

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ





    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★カレンダー

    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -