GUCCI(グッチ)監修!フレグランスの島/企業系「夢見」に行ってみた・その10【あつまれどうぶつの森】

     あつまれ どうぶつの森のプレイ日記。企業や団体が公開している「夢見の島」への訪問してみた感想文です。
     今回はGUCCI(グッチ)監修の「GGアイランド」の夢見に行きました。

    20210315ggislyume(11).jpg
    ハ、ハロー…;


     SNS上のGUCCI公式アカウントや公式サイト上では、あつ森や夢島に関する投稿は無いようですが、日本国内の大手ゲームメディアで取り上げられていました。

     当ブログは攻略やデータサイトではありません。あくまで個人のプレイ日記になります。また、以降の閲覧はネタバレOKの人とみなし自己責任でご覧いただいているものとします。
     ご興味がありましたらドウゾ…






    コンセプトを知っておいた方がいいかも



     国内の各メディアを読んでも、プレスリリースをそのまま翻訳しただけのコピペしかない様子だったので、自分なりに読み解いてみたのですが…

    20210315ggislyume(1).jpg
     グッチ公式の島というよりは、現地(海外)にある「あつ森のコミュニティ」の中から、人気のあるガチ勢プレイヤー(配信者)とコラボして作ってもらい、夢島として公開しているようです。
     要は「外部の人気プレイヤー達に作らせた島だけど、監修はグッチがしている」というカタチで、最初から外注だと宣言してるようなものです。

     むしろ潔くて良いと思います。ファッションや香水とか高級ブランドはイメージ第一です。ゲームに無知であろう社内の人材に作らせるよりも、その界隈で人気のあるプレイヤー達とコラボする形で頼めば、島のクオリティはまず確保できます。
     こういうやり方も賢い選択だと言えるでしょう。あとはイメージしたい品物が「高級ブランド品」や「香水」というジャンルだけに、公式コラボ案件にできない背景も伺えますね。


    夢見に行く

     グッチ公式のアカウントから、該当するフレグランスのキャンペーンフィルム(PV)は先に見ておいた方がいいと思います。
     この動画にある内容やイメージを「島内のコンセプト・テーマ」にして再現しているそうです。

     前知識なしで「ただ行っただけ」では、遠景や段差を使って自然重視にした中にスタジオっぽいところがあるとか、見た通りにしか伝わって来ないのは逆に勿体ない気がします。

    Gucci Guilty | #ForeverGuilty​ campaign film
    (別窓・YouTube公式)


     動画も1分ほどで、メンズ香水をイメージしたレトロモダン系なオシャレ映像って印象。これといって際どいシーンも無いので(恋人同士のような男女がスキンシップしてる程度)、キッズが見ちゃっても問題ない範囲です(意味は分からないだろうけど;)

     夢島に行った時「ここは、あのシーンを再現しようと思ったんだな~」とか、住民のチョイスに関しても実は「動画と関連している」事が察せますよ。




    では夢島に行ってみましょう!



     やっぱり他所様の島に行くのは、夢であっても緊張&ワクワクするものです。グッチがコラボしたという「ガチ勢」の腕前を拝見と行きましょうか!

    夢番地:DA-9521-6770-1214

    20210315ggislyume(2).jpg
     広場に着いた時からまぁいろいろ視界に入ってくる時点で、仕事量や雰囲気が察せて「これはこれはw」ってなりました。

     案内所にある島の旗は、まさにGUCCIのブランドロゴ(GG)ですね。そのロゴにが模してありますが、その理由は先に上げたグッチ公式の動画を見ていれば分かると思います。


    マップ

     島クリエイターの「道」は控え目で、飛び石のように点で繋がっています。緑地の面積が多めの場合、雑草や花も景観になってそうです。
     あとは段差や滝も散見されます。全体的に自然の景観を活かすタイプのガチ勢さんがよく用いるパターンです。

    20210315ggislyume(4).jpg
     住民のチョイスは見た目はバラバラですが。カテゴリでは「トラ」系と「ダチョウ」系で半分ずつですね。
     これも先ほど紹介した、グッチ公式の動画を見ていれば「そういう事だね」と察せると思います。


    20210315ggislyume(3).jpg
     広場の門のように飾られたカカオの木…これも「香水の原料に使う植物」に模したイメージなのでしょうか?




    香水の原料をイメージした森



     まず広場から西側に進みましたが、オレンジの果樹園に花が点在するような、自然豊かな景観が広がっていました。
     これらは「香水の原料になる植物や果実」をイメージしているそうです。

    20210315ggislyume(9).jpg
     オシャレなマイデザインの屋台にはフルーツのサーバー…香料として抽出しているってイメージなのかな?

    20210315ggislyume(7).jpg
     滝や段差を使った景観に、飛び石で移動する地点もあり、ややアスレチックになってます。

    20210315ggislyume(35).jpg
     段差を使った遠景テクニックによる映えポイントも随所に。密度や雰囲気の演出は流石ガチ勢です。
     島クリエイターとして参考になる部分も多いので、地形も意識して見学することをオススメです。

    20210315ggislyume(22).jpg
     こんなところに不自然な作業台が…夢見の公開前に片付け忘れたのかな?ドンマイです。

    (´-`).。oO(私も最初はやらかしましたw)




    突如あらわれるセレブ空間?



     広場から西→中央→北→東という感じに順繰りに見学していきましたが、森の中と思いきや急に人工的な空間が作られている事もあり、なかなか面白かったです。

    20210315ggislyume(11).jpg
     タイミングよく島民代表と思しきキャラクターに遭遇しました。公式動画に出ていた男性の俳優さんです。

     モデルになったのは「ジャレッド・レト」という俳優さんで、受賞歴もあるとか。ロン毛にヒゲのナイスガイで、島民としての衣装も動画の世界さながらのマイデザを着ています。


     グッチ公式アカウントも推している俳優さんのようです。メンズ部門の契約モデルなのかしら?


    20210315ggislyume(12).jpg
     ここはヘアスタイルやメイクをしてくれる美容院(サロン)のようです。贅沢なスペースの取り方といい、セレブ御用達の一流店というイメージも。
     タイルのマイデザもただの白黒模様ではなくて、よく見ると質感(デコボコ?)も表現されていますね。


    20210315ggislyume(18).jpg
     ここは新作発表やプロモーションを行うスタジオでしょうか。背景のブランドロゴといい、香水の棚のマイデザも雰囲気あります。
     空港に近い地点にありましたので、フレンドとして訪問する場合はここでお出迎えしてくれるのでしょう。


    20210315ggislyume(17).jpg
     島の南側には赤いカーペットが敷かれたステージがありました。フラッシュやスポットライトを浴びて、モデルウォークでカッコよくキメたいものです!
     シャキーン☆




    島の商店にも拡張が!



     商店や施設まわりを拝見。比較的ゆとりのある飾り方をしてあり好感でした。自然の強いエリアではギリギリの狭さを突いてくる場合もあれば、スペースを贅沢に使ってマイデザや人工物を並べてあったりと、メリハリの強さも見所です。

    20210315ggislyume(13).jpg
    20210315ggislyume(14).jpg
     仕立て屋さんの横には規模の大きなコインランドリーが!そういえば公式動画にもこんなシーンあったなと思い出します。

    20210315ggislyume(15).jpg
    20210315ggislyume(16).jpg
     タヌキ商店の横にもスーパーマーケットが作られていました。これも公式動画にあったシチュエーションです。
     サービングカート+洗いかごで「ショッピンカート」を模しているのでしょうか、見せかけテクニックもなかなかに秀逸。

    20210315ggislyume(36).jpg
     キャンプサイトは果樹園の道沿いに行った先にありました。水路がチラっと見える地形や樹木や花の密度も、アウトドア感の演出としていい雰囲気でした。


     博物館は水路や段差で塞がれていて、入ることはできませんでした。香水のプロモーションですから、博物館の中まで揃える必要もないですよね…

    20210315ggislyume(19).jpg
     それでも砂浜などの隅に追いやるよりも、背景として取り入れている点は素晴らしい。
     水路を挟んで広がる草地にはオシャレな柄のマイデザ(ブランケット)が敷かれており、セレブなピクニック気分を味わえます。置いてあったサングラス拝借しましたw




    フレンド向けの交流場所?

     夢見ではあくまで「見るだけ」しかできませんが、フレンドが来訪した場合に遊べる区画?と思しき地点もありました。

    20210315ggislyume(20).jpg
     椅子取りゲームとか、チャット用の広場として使っていそうです。それとも何かの儀式?

    20210315ggislyume(21).jpg
     どう森の界隈では(ある意味)名物でもある「落とし穴コーナー」ですね。これもフレンドが来た時に一緒に遊べるように、ゲーム的な要素と思われます。




    マイホーム拝見



    20210315ggislyume(23).jpg
     外装はナチュラルカラーに統一され、周囲の自然に溶け込む色でした。おじゃましまーす!

    20210315ggislyume(24).jpg
    20210315ggislyume(25).jpg
     1階は北側と東側が封鎖されていましたが、あえて「物を置かない」という演出が効いています。

    20210315ggislyume(26).jpg
     2階と地下はカフェやレストランと思しき空間になっていました。公式動画にもカフェのシーンがありましたね。

     島民代表(モデルになっている俳優)が住む家…というよりは、プロモーション用のスタジオとしてデザインされている印象でした。こういう演出の仕方もアリです。




    住民どうぶつ達と住宅の様子は…



     私としては重要要素である「住民どうぶつ」との共生や共存の演出面ですが…まあまあ配慮がされているという印象でした。

    20210315ggislyume(6).jpg
    20210315ggislyume(5).jpg
     住宅の玄関先も見ても一軒一軒に「住民の写真」を飾る等こだわりが見られ、この島のメンバーとして大事にしている印象は伝わりました。

    20210315ggislyume(8).jpg
     ただ…一部の住民の住居に関しては飛び石を渡らないと入れない一方通行な場所にあり、「陸の孤島」として家ごと閉じ込められている印象を受けました。
     足跡のマイデザがあるとはいえ…コレジャナイ;


     屋外に置ける住民(住居)の演出にはバリアフリー意識が大事です。企業系のタダ乗り島で忘れられがちな部分です。
     リアルだって、店舗や施設に対してもバリアフリーにする時代ですし、そうする事で来てくれる客層だってある。周囲の印象も変わる。それと同じではないでしょうか?

     要は、住民どうぶつ達は隙間のある地形(飛び石)を渡れない仕様を無視している。ここは素直に水路に橋ではダメだったのか…惜しい、実に惜しい!


    住民たち

    20210315ggislyume(27).jpg
    20210315ggislyume(29).jpg
     トラ系はどの子も存在感も高めに感じました。ボディのサイズも大型に入る住民なので、森の中でもよく目立ちました。

    20210315ggislyume(30).jpg
    20210315ggislyume(28).jpg
     ダチョウ系は住民厳選すればまだそれっぽい子が色々いる筈ですが…女子キャラがシラサギ、ツル、トキと家屋も和風の子が多く、少しだけ日本を意識したのかな~という印象にも。


     地形の面では一部だけ惜しい点はあったものの、全体としては共存を意識している姿勢は充分に伝わってきました。
     どう森は「住民ありき」の世界であると、海外のガチ勢さんも分かってらっしゃるようです。ここは素直に素晴らしい!流石です!





    今回はここまで。

     高級ブランド「グッチ」が監修している島ですが、コンセプトは「メンズ香水(グッチ ギルティ)のPVの世界を、あつ森の島の中に再現してみた」という感じの島です。

     グッチというと、日本では海外の高級ブランドで、ロゴの入ったバッグや服などのファッションアイテムや、女性用のコスメというイメージがあります。
     しかし、今回のモチーフは男性向けの香水(フレグランス)1シリーズだけであり、該当するグッチのPVを先に見ていないと伝わりにくい部分も多い内容ですので、ブランド名だけで期待しない方がいいです。

    20210315ggislyume(33).jpg
    20210315ggislyume(34).jpg
     お土産でマイデザも配布されていました。ブランケットや香水の棚、トラのポスター、島民代表の「ジャレッド・レト」が身に付けていたジャケットのマイデザが貰えます…欲しい方はDLしてみてはいかがでしょうか?

     結論としては、公式監修されているだけに(PVの)世界観を忠実に意識した景観であったことは事実ですし、島クリエイターのテクニック集としても学びの多い島でした。


    ヽ(´∀`)ノ セレブな気分でドウゾ!






    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ

    ★テーマ : あつまれ どうぶつの森
    ★ジャンル : ゲーム




    当ブログの文章や画像の無断転載や転用はお断りします。
    ◆This site is presented only in Japanese.Reprint is prohibited.



    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年9月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2

      

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ





    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★カレンダー

    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -