テレビゲームとSNSとの付き合い方(前編)【ネットマナー】

     この手の話題は、昨年の夏ごろにあつ森の関係で似たような記事を書いたのですが、昨今また少し思うところがありまして。
     ツイッター上ではダラダラとリプ欄が伸びすぎる様子があったので、この場で一記事として記録しておくことにしました。

    20210120nm (1)
    インターネットでSNS。便利にはなりましたけどね…

     今回の論点は「テレビゲームとSNSを取り巻く環境について、気を付けた方が良いこと」です。
     ネットマナー等と併せて、考えてみてはいかがでしょうか?

     前・後編とかなり長くなりますが、よろしければご覧ください。記述には私個人の経験や見解を元に記述しておりますので、解釈の違いを感じる方もいると思います。予めご了承ください。





    ★目次

    前編
    ・ゲームとSNSの連携でできること
    ・SNSは「人間関係」
    ・言っていいこと・悪いこと
    ・「欲」に支配されないように
    ・人は人、私は私
    ・身の丈に合った使い方を

     フォローやリムーブの基本
     基本は「F/R/B自由」でよい世界

    後編
    ・炎上で失うものは大きい
     集団の批判は私刑と紙一重
     スルースキルを身に着けよう
    ・創作活動エトセトラ
     創作物やファンアートの好き・嫌い
     客観的に考える癖をつけよう
    ・保護者の方へ。スマホを渡す前にお願いしたいこと
     SNS上の子供の心理
     無知で済まされない環境
     参照になるサイトや記事
    ・終わりに

    ※当記事では、インターネット環境があり、SNSへの登録や利用ができる年齢の一個人を対象としています。画像は「あつまれどうぶつの森」「スプラトゥーン2」よりスクショを使用しています。

    ※対象とするSNSはツイッターです。ツイッターに関する専門用語が含まれます、また、ツイッターの使い方などはサポートしていませんので、SNSの利用方法についてはご自身でお調べください。





    ゲームとSNSの連携でできること



     昨今のゲーム機はオンライン上での対戦のみならず、プレイ中の画面の写真=スクリーンショット(以降スクショ)や動画の撮影も当たり前になり、それらをSNSに投稿して公開できる機能もあります。

    ・自慢できそうないいスコアを出せた!
    ・かっこよくボスキャラを倒すシーンが撮れた!
    ・クラフト系のゲームで満足のいく風景が作れた!
    ・ペイントツールで良い絵が描けた!

    …等々、これらの画像や動画をSNSに投稿する事で、ほぼ即時にインターネット上に公開できる時代です。

    20210120nm (3)
     投稿した内容は反応の有無に限らず、公開できる場がある=「見て欲しい!」という欲求を叶えられる環境にあると言えます。

     それらの投稿がキッカケで、まず「同じジャンル」のゲームや投稿を楽しんでいる人たちからの反応が生まれます。

     コメントをやり取りするなどして意気投合すれば「一緒にプレイしませんか」とゲーム内でフレンドになったり、お互いのSNSアカウントをフォローし合って繋がりを持つ事ができます。

     こうして、同じゲームや趣味の輪を広げて、ゲームによってはチームで共闘したり、相手のプレイする空間に行って楽しむ事が可能です。

     ここで先に結論を言っておきますが、周囲に迷惑をかけず、フォローした同士で気持ちよく活動できていれば何も問題ありません。




    SNSは人間関係



     ここで気を付けておきたいのは、SNS上の繋がりは「インターネットという仮想空間にある人間関係」であることです。

     自動「bot」と呼ばれプログラムで同じ投稿を繰り返すだけのbotアカウント以外は、画面の向こう側にいるのは生身の人間です。
     相手の年齢も性別も分かりませんし、プロフィールに書かれていてもそれが真実とは分かりません。匿名の世界です。

     タレントや著名人、配信者、あるいは企業アカウントであれば、フォロワーや反応の「数字の多さ」はそれだけ注目を浴び、支持されている=ステータスとして見ることもできますが、一般人・いち個人の場合は数字で競う必要はありません。

    20210120nm (2)

     実際、プロフィール上で相互やフォロワーの数字だけは数万・数千と多く見えても、普段の投稿への反応はその半数にさえ満たないという人が殆どで、むしろ大半からはスルーされている事が分かります。

     あえて数字の話をするならば、著名人や企業の公式アカウントがそうであるように、フォローしている数よりも、フォローされている数が圧倒的に多いアカウントの方が、人気があるアカウントとして評価されます。

     冷静に見れば、個人の場合はフォローやフォロワーを無暗に増やさない方がよいまであります。
     フォロワーが少なくても、何らかの流れに乗って大きな注目を集める事もあり、インターネット上は「何がキッカケで広まるか分からない世界」だからです。

     SNSで有名になりたいなら、まずは相互フォローを求める宣伝よりも、投稿の質を上げて、自然に反応される・フォローされる存在を目指しましょう。

    ★SNS上の数字はゲームのスコアではありません。


    20210120nm(12).jpg
    家族、友達、先生…何でも相談できる人がいるのは大事

     ここは余談ですが、インターネットの事情に詳しいあるタレントさんは、SNS上での人間関係について「1000人のフォロワーより、本音で話せる3人が大切」と仰っています。とても深い言葉ですね。




    言っていいこと・悪いこと



     リアルでの発言は一度聞き逃したら(録音でもしない限り)分からなくなりますが、ネット上は文字を刻み込む「目で見えて残せる情報」であり伝播しやすい環境です。
     SNS上では削除できたつもりでも、運営の内部には記録されている場合が殆どです。削除前の画面のスクショを撮られている事があるかもしれません。

    SNS上の基本的なネットマナー

    ・発言して良い事と悪い事を理解しておく
    ・利用規約や法律を守り、現実と虚構は区別する
    ・自分や他人の顔写真や住所、本名などの個人情報を晒さない

    ・エロ、グロなどの表現はセンシティブ設定するかアカウントを分ける
    ・注目を浴びるための嘘や犯罪行為を投稿しない
    ・誰かに粘着したり、見返りを求めない
    ・他人の作品などから無断転載やパクリ行為をしない

    ・プロフィール欄や固定ツイートの注意書きは理解しておく
     (してほしくない事がある場合はこちらからも書いておく)
    ・自分が行動できる範囲で楽しむ
    ・イライラしたり疲れている時はSNSから離れる

     インターネット上は公共の場ですので、フォロワーの数の多少にかかわらず、多くの人に見られているという意識は持ちましょう。

     また、ツイートのリプ(コメント)は相手を選ぶこともできます。内輪だけにしたいならフォロワー限定/@指定したユーザー限定にできます。使い方を調べて設定で使い分けましょう。

    20210120nm(11).jpg
    投稿の中身も、更新頻度も、人それぞれです。


     昨今はSNSが原因の事件も増えたせいで、発言の内容にも規制がかかるようになっています。緊急性があると判断された場合は運営から警察に通報される事もあります。

     例えば、会話している当人たちは慣れ合いや冗談のつもりで「おまえ死ねよw」とリプ(コメント)をしたつもりが、翌日にアカウントが凍結(BAN)されたという事例も後を絶ちません。

     現代における投稿の検閲・精査はAIによるものと聞きますが、AIであるなら尚のこと、当人たちのやり取りの様子や気持ちまでは分かりません。
     AIでなくても、知らない人から見れば「誰かに(死ねよと)中傷している」ように判断され、それが伝播して大勢に通報されていたという考え方もできます。


    ★インターネット上に公開している以上は、言動に責任を持ちましょう。




    「欲」に支配されないように



     人間は誰しも「欲」を持っています。例えばゲームの世界であれば「ハイスコアが出せた!」「ガチャで超レアなキャラクター当たった!」等を投稿して、多くの反応を貰えたら誰しも気分は良くなります。
     それ以上に反応が出た(俗にいう「バズる」)状態になれば、フォロワーや反応が一気に増えることもあります。

     そこからもっとゲームをプレイしたいという向上心(モチベーション)に繋がった場合、日常生活に支障をきたすような熱中状態にならなければ、概ね問題はありません。

    20210120nm(8).jpeg
     一般に言うプロゲーマーたちは、こういった多くの好意的な反応や応援を励みにして、さらに良い成績を報告できるように頑張っていると言えます。

     また、配信者やプロゲーマーはSNSに投稿する頻度が低い傾向ですが、概ね「リアルタイムの配信・ゲーム・私生活」>「動画の編集投稿」>「SNSで動画や成績の報告・対抗戦などの募集・暇つぶし」という比率の時間の使い方をしている場合が殆どです。

     同時に交流する人を概ね限定しているため、安易な相互フォローもしません。一部のプロの方では、ファンサービスとして相互フォロー用のサブアカウントを並行している方もいます。


    しかし…

     現代で問題になるのは、SNS上の投稿への反応に快感を覚えた事による承認欲求。すなわち誰かに見て欲しい、認めて欲しいという「欲」の方です。

     投稿がバズって注目の的になると気持ちが大きくなり、誰かより偉くなったという錯覚(選民意識)を起こしやすくなります。

     SNSで自己主張が強い人は、無意識にフォロワーや反応の数字に依存している事が多いです。関心を繋ぎとめようと必死になっている人も散見されますが、他人からの評価はどうあれ宣伝という使い方も自由な場所です。

    20210120nm (4)

     SNSで多くのフォロワーを得て反応を貰える事に慣れてしまうと、自分が投稿すれば反応がある筈だ、繋がっている人なら反応してくれるだろうという期待が生まれます。

     同時に「通知」ばかりを気にしてしまい、ログインした状態が手放せなくなっていきます。このような状態が続いている中で投稿して、いざ反応が薄いと…

    ・なんで反応してくれないんだ?
    ・フォロワーならリツイート(RT)するもんだろ?
    ・自分だけ仲間外れにされてる?
    ・こっちはRTしてやってるのに…
    ・あの人にばっか「いいね」してる…

     こういう考え方が浮かぶ時は危険です。承認欲求(自己顕示欲)という強い「欲」に気持ちが支配され、被害妄想まで出ている状態です。できればインターネットやSNSから離れて冷却期間を設けましょう。

     フォロワーは同じ時間軸にいません。個々に生活があります。忙しくてSNSやゲームどころじゃない人もいるでしょう。
     SNSにログインしていても違う人と交流していたり、繋がった当時とは違うジャンルや趣味にハマっていて、こちらに興味がない・見ていない場合もあります。

     他人の交流は他人の自由です。自分だけを見てくれる都合のいい道具と勘違いしないようにしましょう。
     いいね・RTも同様、こちらが反応しているからといって、見返りで反応してもらえると思わないことです。


    ★フォロワーは数字の為の道具ではありません。




    人は人、私は私



     例えば、ゲーム内での参加企画を立てるのが上手な人と繋がっていると、最初のうちはその人の企画に参加して楽しい時間を過ごせるでしょう。
     しかし、仕事や勉強でリアルが忙しくなって、合流できる時間が合わなくなったり、本心ではマンネリ化を感じて気乗りしない事も出てきます。

    ・投稿し続けていないとフォロー切られるかも…
    ・アイテムの交換会をやらなきゃ…
    ・このゲーム飽きて来たけど投稿しないと…
    ・あの人はもうクリアできているのに…
    ・△△さんの企画に参加しないとハブられるかも…

     こういう考え方が浮かぶ時も危険です。他人の目ばかりを気にして「○○しなくてはいけない」「期待に添えなければ」という義務感や脅迫概念だけで動いてる状態です。

     何が楽しくて始めたゲームやSNS投稿か、いちばん最初の気持ちを思い出してみましょう。誰かに無理に合わせたり、媚びを売ったり、ご機嫌を伺うためのものでは無かった筈です。

     自分が楽しむための時間ではなくなっている状態の時こそ、思い切ってSNSは遮断してプレイに集中するか、ゲームもSNSも一旦中止して心身を休めるリセット時間を設けましょう。

    20210120nm(14).jpg
    無理にやっても続かない時は続きません

     交流や企画は楽しそうに見えますが、これらはあくまで時間や余力があるプレイヤー同士の世界。つまらない思いをしてまで他人に合わせる必要はありません。
     つい他人と比べたり、迎合を求める・求められてしまう点はSNS時代の弊害です。

     他人の企画に参加したい場合は開催日時などをよく確認しましょう。あれこれ欲張らず参加できる範囲に留め、お互いが楽しめるゲームにしましょう。

     また、フォローを切るか否かも自分でコントロールできるものではありませんし、フォロワーが減る事を過剰に気にする必要はありません。

     むしろ、フォローや投稿への反応、ゲーム内のアイテム配布などをエサにして、参加や賛同を強要してくる相手は「こちらに依存している人」ですので、苦痛にならないうちにこちらから切りましょう。

    20210120nm(10).jpg
    疲れている時はお休みしましょう

     個人が遊ぶゲームは趣味の世界。人は人、私は私のスタイルで、マイペースに楽しむことを忘れずに。

     SNSの世界は広く浅くと言いますが、なまじ八方美人でいると八方塞がりを招く世界でもあります。自分のキャパシティを見極めて、付き合うフォロワーやフレンドは選びましょう。


    ★自分の限界を知り、付き合える範囲で楽しみましょう。




    身の丈に合った使い方を


     
     投稿に多くの「いいね」が付いたり、フォロワーなど繋がりが増えるのは一種の評価であり、よい事でもあります。

     しかし、個人のゲームやSNSでの活動は「自分自身が楽しむため」の趣味の時間に過ぎません。フォロワーがどれだけ増えようと、フォロワー全員のご機嫌を伺う必要はありません。

     フォローするか解除するか、交流の範囲を広くするか、限定するかはその個人の自由です。興味があるからフォローするのであって、それが無くなればフォローを外してもいい世界です。
     故に、繋がった時は相互フォローであっても、いつの間にか解除されている可能性もあります。

    20210120nm(9).jpg
    生活に支障をきたし始めたらまずは休みましょう

     日本の場合はホームページ時代の傾向からか、フォローする・しないに関しては人それぞれに価値観が異なります。

     それらは概ねプロフィール欄や固定ツイートを見れば明らかで「フォローしてくれたらフォロバします」「相互は仲良くなってから」「相互は募集しません」「解除するならフォローしないで」等と注意書きをしているユーザーも多いです。

     後々の不穏やトラブルを避けるためにも、プロフィール欄や固定ツイートくらいは一読してから判断しましょう。企業や著名人の場合も同様、注意事項がある場合はそれを守りましょう。


    フォローやリムーブの基本

    ・フォローやフォロワーの切り貼りに予告や報告は不要
    ・フォロー、リムーブ、ミュート、ブロックすることも個々の自由

    ▼フォローする場合
    ・タイムライン(TL)上で見たい相手かを考える
    ・フォローされたからといってフォローを返さなくてもよい

    ▼リムーブする場合
    ・相互だからフォローを切ってはいけないというルールは無い
    ・フォロワーから削除したい場合は「ブロック→ブロック解除(ブロ解)」
    ・不快と感じるアカウントはミュート、ブロ解、ブロックで対応する


    基本は「F/R/B自由」でよい世界

     SNS上における「F/R/B自由」とは「フォロー・リムーブ・ブロックはご自由に」という意味です。プロフィール欄に何も注意書きの無いユーザーは概ねこの傾向です。

     相互フォローからリムーブしたい場合は、ブロ解にしてフォロワー欄からも解除した方が良いと言われていますが、特に公式なルールではありません。相互から解除されたのに気付いて、フォローを切るか切らないかは相手に委ねるという形も可能です。
     ただし、プロフィール等に「お別れはブロ解で」「解除も相互で」等と注意書きがある人は、できるだけ対応してあげましょう。

     よくある「フォロー整理します。切られたくない人はリプください」という投稿はする必要ありません。
     こういうタイプの人は「反応をくれる・構ってくれるフォロワーしか求めていない」という宣言ですので、その点を理解した上でお付き合いしましょう。

    20210120nm(15).jpg
    こちらが願っても、趣味の世界はその人次第のご縁

     フォローへの価値観や事情も人それぞれです。そもそも切り貼りは任意ですから、減ったら減ったでそれまでのご縁だったというだけです。深追いする必要はありません。

     SNSは「より多く繋がって(群れて)いなければ」という集団心理に惑わされやすい世界ですが、フォロー関係は深刻に捉えすぎない事です。他人の真似をせず、必要な繋がりだけにしているのが安全です。

     長い時間で見れば、相互フォローであってもいつの間にか更新停止だったり、疎遠になっている事も多いです。
     むしろ怪しいフォロワー(勧誘やスパム等)に対しては、定期的にブロ解・ブロックで整理した方がいいくらいです。

     また、相互フォローの関係でなくても交流はできますので、表面的な数字ばかりに惑わされる必要はありません。


    ★フォローするもしないも自由です






    後編に続く。


    ※明らかな誤記などがありましたら、web拍手やフォームからお知らせください。







    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ

    ★テーマ : つぶやき
    ★ジャンル : 日記




    当ブログの文章や画像の無断転載や転用はお断りします。
    ◆This site is presented only in Japanese.Reprint is prohibited.



    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年9月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2

      

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ





    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★カレンダー

    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -