はじめての「あつ森」初心者ガイド(10)完/ライブが成功した後は…【あつまれどうぶつの森】

     このブログでは「島クリエイターや小技など」のカテゴリで、私なりの島クリエイター講座?みたいな記事を書いてきましたが、最近になってリアルの友達(どう森シリーズは初見のプレイヤー)があつ森を始めたので、適度に支援していく事になりました。
     せっかくの機会ですので、今これから始める・始めたい人、特に過去作を知らない初心者さん向けに、色々と書いていきたいと思います。

    20201107syosinnsya10 (1)
    ついに、この時が来た!!

     尚、このブログで記事にする場合に限り、画像(スクショ)、教えたこと、やり取りの内容に関しては全て使用許可を得ております。

     以降は、あくまで今からプレイする初心者さん向けの内容ということで、予めご了承の上でご覧ください。





     前回はとうとう島の評判が★3になり、案内所ではライブ開催のオファーまで取り付けてしまいました。今回はその流れから追っておきます。尚、時間操作はしない通常の流れが前提です。




    とたけけライブ開催!



     早ければ明日にでも来てくれるかも…という、たぬきちの予言は当たり、翌日ログイン→開幕の島内放送でアナウンスがされ、そのままライブ会場に向かう流れになります。強制ですw

    20201107syosinnsya10 (1)
    20201107syosinnsya10 (2)
    20201107syosinnsya10 (3)

    ライブは広場で

     画面が切り替わり、広場には施設のメンバーから住民まで勢ぞろいして、とたけけを囲むように立っています。いよいよ何か歌ってくれるようです。

    20201107syosinnsya10 (4)

    (中略。内容は実際にプレイしてお楽しみくださいね)

    20201107syosinnsya10 (5)
    20201107syosinnsya10 (6)
     ライブは聴き惚れている間にあっと今に終わってしまいましたが、演奏中に流れるあれこれに、今までを思い出して感慨深くなるプレイヤーも多いのではないでしょうか?
     是非、実際にプレイしてお確かめくださいね。




    ライブ終了後



     場所は変わってマイホーム前…そこにはプレイヤーと、たぬきちの姿がありました。

    20201107syosinnsya10 (7)
    20201107syosinnsya10 (8)
     たぬきちは、とたけけライブの成功を喜び、さらには毎週来てくれるという約束までしていた模様。たぬきちはビジネスには厳しいですが、やっぱり凄い人物なのかもしれません。

    そして…あのアプリが解禁に!

    20201107syosinnsya10 (9)
    20201107syosinnsya10 (10)
    20201107syosinnsya10 (11)
     ここで「島クリエイター」が解禁になります。ただし、たぬきちの言う通り、すべての機能を揃えるにはかなりのマイルを消費しますので、まずは構想を練りつつマイルを貯めておきましょう。

    20201107syosinnsya10 (12)

    おつかれさまでした!

     これでチュートリアルにも相当する序盤のシナリオはクリアです。ここからは自由度マシマシの島作りが始まります。前回までの島内の大掃除の苦労も報われる事でしょう。


    ▼ここまでにできるようになったこと

    ・落ちている木の枝や石を拾う
    ・雑草をむしる
    ・木をゆすってフルーツ等を落とす
    ・商店で売って資金にする
    ・購入した道具で材料を調達する
    ・サカナやムシをつかまえる
    ・DIYレシピを覚えて、道具や家具を作る
    ・DIYで作った道具を使って、材料を調達する
    ・花を植える、花壇を作る
    ・柵で囲んで敷地のメリハリをつける
    ・家具をリメイクできる
    ・高跳び棒やハシゴで島のすみずみまで行く
    ・素潜りで海の幸を撮りに行く
    ・島内全域の地形を把握する
    ・住民は最大10人まで
    ・新規勧誘には売り土地(空き)が必要
    ・満員の場合はマイル旅行券での厳選はできない
    ・キャンプサイトの勧誘は、満員の場合は交渉になる
    ・橋や坂を作ることはインフラの整備である
    ・増えすぎた樹木を伐採したり、植え直す
    ・島内全体を手入れする

    20201107syosinnsya10 (15)

    ・来訪者とコネクションを持つ
    ・ムシやサカナは高額買取してもらえるキャラがいる
    ・美術品を売りに来るキャラがいる
    ・カブは資金が溜まってからの方が良い
    ・マイホームの大きさで収納も変わる
    ・ローンを返済すれば増築できる
    ・住民に話しかけてアイテムの物々交換
    ・住民イベント(会話、落とし物など)を体験する
    ・誕生日イベント(自分/住民)を体験する
    ・季節イベント(大会、ハロウィンなど)を体験する
    ・季節限定アイテムやレシピを入手する
    ・マイルやおカネは簡単には貯まらない
    ・住民の家や一部の施設は区画整理(移設)できる
    ・夢を見る/登録・更新する

    …などなど

     まだまだアレもコレもあるだろ?と仰りたい方もいると思いますが、振り返ると、これであつ森の基本仕様をすべて把握している状態であることにお気付きでしょうか?

     今までの流れは、全てこれらを自然に身に着けさせるための大事なプロセスでもあります。
     取扱説明書が無くても、実際にゲーム内でプレイすることで、自ずとルールを得られる流れになっている…開発陣は(たぬきちをやしずえさんを通して)プレイヤーを誘導していたと考えると、よくできているチュートリアルです。

    20201107syosinnsya10 (14)

     歴代シリーズをプレイ済みでガチ寄りな方には、中盤だるいと感じた方もいるかもしれませんが、そもそも誰でも遊べるように、初めての方を優先した仕組みになっているのは明らかです。




    島クリエイターを開封しよう



     さあ、今作の目玉でもある「島クリエイター」を解禁し、島の地形ごと大胆に変えられるようになったんですから、少しずつマスターしていきましょう。

    20201107syosinnsya10 (17)

     起動・終了はスマホのアプリを指定するだけなのでカンタンです。工事をはじめますか?→はじめる→頭に白いヘルメットが装備され、これが起動中のサインでもあります。
     「使い方を見る」という取扱説明の枠もありますので、時間があったら目を通しておきましょう。

    20201107syosinnsya10 (18)
     建物の中、島内にオンラインで来客がある場合など、起動できないタイミングもあります。家具の配置換えと同様、完全にオフラインの場合のみ有効です。また、他人の島を工事する事は出来ません。

     たぬきちも言っていましたが、最初は地表に道を作る「土の道」と「草地」しかライセンスを所持していません。マイルを貯めて、ライセンスを取得しましょう。

    20201107syosinnsya10 (16)
     優先したいライセンスは「河川(かせん)工事ライセンス」「崖(がけ)工事ライセンス」です。
     河川は文字通り水に関する地形(川、池、滝)を作ったり埋め戻したりできます。崖は段差を削ったり増やしたりできる機能で(高さ制限はあります)、高低差をつけることができます。

     誰でも最初は初心者です。まずは小さな範囲から練習して、どういう感じで地形が変化するのかを体験し、仕様を把握しましょう。
     また、河川工事、崖工事の時に持つスコップは壊れませんが、道具の「スコップ」のような使い方はできません。


    河川工事ライセンスで、池を埋めた例

    20201107syosinnsya10 (19)
    20201107syosinnsya10 (20)
     基本的に1回の動作で(河川、崖、道すべて)0.5~1マスずつしか変化はつけられません。大きく地形を変化させたい場合は、根気のいる作業になります。
     カドができた場合はナナメに削り出す事もできます。操作に慣れてきたら、より自然な景観を作れるかもしれません。

    20201107syosinnsya10 (21)
     まずは全部埋めてみます。1マスも残さずキレイに埋めましょう。尚、サカナは1マスの水路や小さい水たまり程度の規模では発生しません。サカナを釣る池にする場合は、ある程度の大きさ(広さ)も必要です。

    20201107syosinnsya10 (22)
     キレイに埋まりました!地表に戻ったら、即座に樹木を植えることもできますし、区画整理で移設も可能になります。島内の土地を有効に使って行きましょう。

     崖工事や道の敷設も同様に、加工できるとは言っても万能ではありませんので、まずは小規模からいろいろテストして、まずは仕様(クセや法則)を把握しておくことをオススメします。

     あと注意したいのは、やっぱりやめておけばよかったとならないようにすることです。一度手を付けた地形を戻すには、また同じ手順を逆に踏んで戻すことになります。
     修復するのも面倒になりますので、無計画な大規模工事はやめましょう。





    島クリエイターを使いこなそう



     島クリエイターを使えるようになると、あれもできそう、これも作ってみたい…と構想が浮かんでくると思います。理想の島が作れるように、少しずつ、自力で頑張っていきましょう。
     
    20201107syosinnsya10 (23)
     当ブログでも「島クリエイター」に特化した記事を組んでいます。カテゴリにある「島クリエイターや小技など」から、参照にできそうな記事を探して頂くか、初心者さんは「キホン」シリーズをご一読ください。

    島クリエイターのキホンの「キ」
    島クリエイターのキホンの「ホ」
    島クリエイターのキホンの「ン」

     あとは、あつ森の攻略を掲載しているサイトもありますので、探してみるのも良いでしょう。

    20201107syosinnsya10 (25)
     細くて狭い通路…迷路や抜け道を作っても面白そうですが、トンネルを掘ることはできませんのでご注意を。

    20201107syosinnsya10 (24)
     滝も埋めたり作ったりすることができます。1マスの細い滝、2段にしたり、幅の広い大瀑布まで構想は自由です。


     また、夢見を利用して色々な人の島を見学するのも知見が深まるのでオススメです。キレイだな~上手だな~と思った方の島は、地形や家具の飾り方、樹木や花の植え方まで、参考になることが多いです。
     マイデザインも配布している島主さんも大勢入らっしゃいますので、利用OKの方なら拝借して、自分の島に応用する事も可能です。




    は生まれ変わる



     ここまでの流れを追ってきましたが、あつ森を始めるにあたりイカ友と交わした制約があります。それは…

    ・材料の支援は受けない
    ・マイルや金銭の支援は受けない
    ・博物館への寄贈品は自力でコレクションする
    ・マイルのアイテムは等価交換で(自販機や遊具など)
    ・自力で★5を目指す
    ・時間操作は工事や稼ぎを要する場合だけにする

    ・花壇は作るけど花の交配はやらない
    ・住民厳選は余力がない限りやらない(去る者は追わない)
    ・マイホームのサイズや評価は適度でいい
    ・マイデザは描けないからイカ(私が描いたもの)を借りたい
    ・レシピはダブりで余っていたら欲しい
    ・どうしても詰まった場合だけ教えを乞う


     こうしてみると、ほぼ自給自足&自力で組み上げて行ったと言えます。私もツイッターで経過を見守っていたり、島に招待された時は、家具の飾り方や畑の作り方について質問を受けたりしましたが…
     これまで具体的に質問らしい質問を受けたのは、序盤における操作の面(最初は川の向こうへはいけないのか?等)、土地が余ったけど何を作ればいい?という質問に対しては、揃ってる化石があったら飾ったり、河川ライセンスで釣り堀などにしたらどうかなという、ざっくり&誰でも思いつく程度のアドバイスしかしていません。

    2020年9月下旬(始めてから3週間くらい?)
    20201107syosinnsya10 (26)

     実際にお伺いを始めた頃~ハロウィンあたりまではこんな感じで原生林の残る島でした。北側の高台は雑草こそ少なく手入れはされているものの、正直に飾っている家具が少なく殺風景と言う印象さえありましたが…

    ElpeImFVMAAuqtc.jpeg
     ハロウィンで訪問した時は、広場の周辺は街路樹とそれ以外の樹木の並びが混じり、ちょっとうっそうとしていましたが、これはこれで自然が豊かな島として面白いと見ていました。

     その後、ライブを成功させて島クリエイターを解禁し、11月上旬の連休期間中に(スプラフェス直後あたりから)かなり本気で開拓を進めたそうです。
     工事を進めたい時だけ時間操作はしたとは聞きましたが、それは誰しも通る道。自分の島は自分の責任でやって頂ければ自由です。

     そして「★4になれたからダメ出ししてくれ」と聞いたあたりから、劇的に島の様子が変わっていきました。
     バラバラに建っていただけの住民の家は、島の西側を軸に規則正しく区画整理され、博物館には立派なアプローチができ、北側は小規模ながらもアスレチック要素を含んだ緑を残す景観…ビックリでした。


     道幅が広めで直線が多い島なので、Bダッシュで駆け抜けるのがひたすら楽しい不思議。島ってこんなに広かったんだ…と再認識させられますね。


     そして「★5評価になった」と聞いた時には、速攻で見に行かざるを得ませんでした。あの殺風景をどう★5に持って行ったのか気になったからです。

     夢見や実際の島訪問で驚いたのですが、住民どうぶつ達は、島内全域でみかけるくらい自由に往来しています。
     昨今の凝った島に多い、細~い通路や狭~い崖などは一切ありません。処理落ちも全く感じないw

     マイデザインも私がフリー配布しているイカ・タコと、最初からデフォルトにある「草花の模様」の公式マイデザを地面に貼って、雑草防止にしているようで、それ以外の見せかけは殆ど使っていませんでした。

    EmOhhmLVcAA-cH5.jpeg
     キャンプサイト用の敷地に、これだけの土地を贅沢に使う発想…本当に森の中でキャンプ!という雰囲気マシマシです。

    El_AJkQVkAA76g9.jpeg
     これは立派なアプローチ…この広さは逆にリアリティさえあるわ。頑張った跡が随所に見られます。花は初期の3色でもこれで充分ではないでしょうか。

    El_AJkAU8AEc4IV.jpeg
     「島の中にイカを作りたいから、ドット絵の図案つくってほしい。できるだけカンタンなので」と言われたので、カンタンそうな図案だけ作ってあげたのですが、まさかマイデザではなく地面だったとはw
     マップ上で見ると、水路とセットで「イカがジャンプしている」ようにも見えます。まさかこれスーパージャンプ?!


    2020年11月上旬(現在)
    20201107syosinnsya10 (27)

    まさに劇的ビフォー○フター!

     上図には夢番地は表示されていますが、ご興味ありましたら是非ドウゾ。初見プレイとは思えない出来映え&常にBダッシュで駆け抜けできる、ゆとりのある道幅と景観が魅力です。
     コンセプトは北米の西海岸風で、広々とした景観がウリです。これは素直に凄いとしか思えませんでした。

    EmKyjluVkAEiXss.jpeg
     証拠にコレも収録して欲しいという事で追加させて頂きました。全編にわたりスクショ提供もありがとうございました!





    初心者ガイドはここまで。

     イカ友を支援しつつ見守ること約3カ月…当初の目標だった★5も達成し、私から見れば「よくぞ、よくぞここまで成長した…出来の良い弟子を持ってワシは幸せじゃ(ぐふっ)と、謎の師匠キャラが昇天するくらい感激しました。

     ここから先は元のイカに戻る(ガチ勢さんなので)そうですが、季節イベントは参加するかもしれない…という程度だそうです。
     私も目標を達成するまではサポートすると約束しましたが、このまま飽きて放置して、全くプレイしなくなったとしても何も言うつもりはありません。この先プレイするか否かは当人の自由です。

    20201107syosinnsya10 (28)
    おつかれさまでした!

     今回は完全に初見プレイになるので。区切りや目標として★5を掲げただけで、実際は開拓の度合いも、評価も、マイペース進行で問題ありません。
     極端かもしれませんが、実際は10年かけて★5にしたっていい世界ですし、評価が低くても面白い景観の島は沢山あります。あくまで正攻法でプレイした場合の目安に過ぎません。


     さて、この「初心者ガイド」も、9月下旬から約3か月にわたってお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
     これから「あつ森」を始めてみたい方の参考や一助になれば幸いです。

    ヽ(≧∀≦)ノ 良き島ライフを!ありがとうございました!






    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ

    ★テーマ : あつまれ どうぶつの森
    ★ジャンル : ゲーム




    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年9月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2   

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ








     下図のアマビエさんバナーは、厚生労働省の公式サイト内「新型コロナウイルス感染症について」のページにリンク(別窓)しています。



     日本国内の感染状況、予防方法の掲載をはじめ、関連する素材画像も配布しています。




    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★カレンダー

    11 | 2020/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -