はじめての「あつ森」初心者ガイド(9)/島の評判を上げよう【あつまれどうぶつの森】

     このブログでは「島クリエイターや小技など」のカテゴリで、私なりの島クリエイター講座?みたいな記事を書いてきましたが、最近になってリアルの友達(どう森シリーズは初見のプレイヤー)があつ森を始めたので、適度に支援していく事になりました。
     せっかくの機会ですので、今これから始める・始めたい人、特に過去作を知らない初心者さん向けに、色々と書いていきたいと思います。

    syosinnysa9 (0)
    島内の大掃除が始まる!

     尚、このブログで記事にする場合に限り、画像(スクショ)、教えたこと、やり取りの内容に関しては全て使用許可を得ております。

     以降は、あくまで今からプレイする初心者さん向けの内容ということで、予めご了承の上でご覧ください。





     前回はたぬきちから「プロジェクトK」の企画を持ち出され、住民を増やしたり、島内を整地するなど、島の評判を上げることが目標になりました。

    ★目次

    ・島内を整地・美化しよう

     ポケットを増やし、必要な道具のレシピを入手
     屋外の地面に直接「置かない」
     雑草の除去、樹木の整理
     家具や柵のレシピを増やす
     インフラを整える
    ・来訪者に会っておこう
    ・島の評判が★3になると…

     今回は景観をよくしたり、評判(評価)アップするための「基本的な作業」について追っていきます。なかなか★3以上にならないという方にオススメです。
     尚、時間操作はしない通常の流れが前提です。

    島内を整地・美化しよう



     この時点では、まだ「島クリエイター」は解禁されていませんので、島内は最初の地形のままで手入れしていくことになります。
     そういう限られた範囲で、評価アップに向けてやっておきたい事は…



    ▼ポケットを増やし、必要な道具のレシピを入手

     本格的な整地に入りますので、まずはポケットを増やせるだけ増やし、壊れやすい「しょぼい」シリーズの道具は卒業しましょう。

     ここからの道具は、鉄鉱石や材木を使った壊れにくい道具を軸に使うようにし、樹木を伐採したい時は斧、根こそぎ移動したい場合はスコップとフルーツを持ち歩くなど、その時にやりたい目標を決め、ポケットの空きは余裕を持たせて動きましょう。

    EV6LMHZUcAAR0EH_20201108041807f57.jpg
    画像は過去ログより引用

     ちなみに、私のポケットは上図の通りです。40枠まで増やし、必要な道具は全て持ち歩いています。枠は狭まりますが万能です。20個目にある家具は「小さなDIY作業台」です。
     この時は木材調達と花壇の水やりで、石斧とじょうろを1つずつスペアしています。

     道具を作る材料やDIY作業台も1つ持ち歩けば、現地で調達も可能になります。リメイクキット等も持ち歩けば、その場で色を変えて試すこともできます。
     効率よく作業するには、準備も必要です。島民代表は賢く動きましょう。




    ▼屋外の地面に直接「置かない」

     まだこの時点ではマイホームの収納が小さいプレイヤーも多いと思いますが、入手した材料や入手した家具、カブなどを屋外に「置く」にした状態にしていませんか?

    EXPlI2bUwAAUNB4_20201108024655b5e.jpg
    画像は過去ログから引用

     実はこれも景観の評価から減点されている要因でもあります。まずは島の地面を見て、ちらかっていないか、整理整頓しましょう。
     タヌキショッピングの一覧(カタログ)を見て、おカネ(ベル)さえ出せば再び購入できるアイテムは売却処分して減らし、非売品は「置く」ではなく「飾る」で景観に利用してみましょう。これだけで減点は防げます。




    雑草の除去、樹木の整理

     特に案内所(広場)から遠い地点、特に北側の高台はなかなか手が届かない土地ではありますが、そこにも整地のメスを入れましょう。

    syosinnysa9 (4)
     広大な土地に乱立している樹木と、摘み取り切れるか分からないような膨大な数の雑草がありますが、始めない事には減りません。

     雑草は素材にもなりますが、あまり放っておくと地続きの草地(土など植物が生える部分も含む)に飛び火して、どんどん増えてしまいますので、序盤は1日あたり最低でも10~20本は引き抜いて増殖を防ぎましょう。

    syosinnysa9 (5)
     乱立している樹木(針葉樹)も、商店に「きのなえ」と「しんようじゅのなえ」として販売されているので、無理に残さなくても大丈夫です。減り過ぎても植樹で回復できます。
     植え替える時間がない・土地に余裕がない場合は、容赦なくどんどん伐採して切り株ごと除去し、木材は資材として利用しましょう。

     コツとしては、一度に全域を手入れしようとしないことです。マップを見て…

    「今日は北側の高台で東の一角だけキレイにする」
    「時間無いから雑草10本抜いて終わり」
    「今日は時間たっぷりあるから、できる限り手入れする」
    「ムシ取り大会やるから今日は手入れお休みで」

    …など、その日にできる範囲で充分です。自分で自分のスケジュールを決めましょう。

     ただし、単調作業がキツいからと言って、家族(サブアカウントの)プレイヤーに作業を押し付けるなどはNGです。きちんと話し合いましょう。

     時間制限はありませんので、焦る必要はありません。単調作業ですから、やる気がない時はやらなくてもいいんです。自分のペースで進めましょう。

    syosinnysa9 (2)
     コツコツやればご覧の通り…広大な土地が手に入ります。こうなると、ここからどんな家具を飾ろうか、花を植えて花壇にしようか、いろいろ構想も膨らむことでしょう。ここまで雑草ひとつない更地になると、清々しいまでありますね。

     序盤のタイミングでしっかり大掃除ができていれば、後からの開拓も楽になります。ここはちょっと腰を据えて手入れしましょう。




    家具や柵のレシピを増やす

     更地を飾り付けるにも、そろそろ新しい家具やレシピが欲しくなるところ。DIYのレパートリーを増やせばより構想も広がるでしょう。

    syosinnysa9 (6)
     タヌキ商店、タヌポートのマイル交換、タヌキ商店で購入できる家具やレシピと入手経路はあります。
     ただし、おカネ(ベル)もマイルもすぐ貯まるものではありませんので、きちんと厳選して飾れそう・飾りたい家具を採用しましょう。

    syosinnysa9 (10)
     コツコツとレシピを集めていれば、この時点で100種類近くになっている頃です。スマホのアプリから一覧を見返して、作ったことのない家具があれば、試しに1つ作って飾ってみる…というのもアリです。
     厳選も大事ですが、新しいレシピはいろいろと試してみましょう。失敗でも経験になりますよ。




    インフラ(橋/坂)を整える

     橋や坂は施工するまでかなりの額(募金)がかかりますが、作業に必要なルートの確保としても有効なので、おカネ(ベル)に余裕があれば設置しておきましょう。
     ただし、今後「島クリエイター」が解禁されたら、河川や段差を変更したくなるかもしれない…という人は、高跳び棒・はしごで我慢しましょう。無理に施工する必要はありません。

    syosinnysa9 (1)
     ただ、橋や坂が架かる事で往来ができる→住民もそこへ徒歩で行ける→島が発展しているという評価にもなるようです。
     また、橋や坂を一種の区切りにして、違うエリアとして開拓ができるのも事実です。賢く使い分けましょう。


     予習として★5まで目指したい方は、下記の過去ログも合せてドウゾ。ただし、こちらの記事は「島クリエイター」が解禁してからを前提としています。

    島の評価を★5にしよう






    来訪者に会っておこう



     島の整地を進めていくと評判が上がり、来訪者が増えていきます。ある日…島内放送で、ちょっと変わった案内がされる事があります。

    syosinnysa9 (8)
    syosinnysa9 (9)
     彼は「つねきち」…しずえさんの言う通り「美術品」を売りに来る商人です。うさん臭い&怪しいことこの上ありませんが、とりあえず発見したら会話して、来訪者とのコネクションを作っておきましょう。

     尚、つねきちの「怪しい船」の島内放送は初回だけです。船はマップの北側にある小さな砂浜に出現しますが、いつ来るか分からないのに、毎日そこへ見に行くのは大変です。
     しかし、スマホのマップアプリを見れば、つねきちのマーク(イチョウの葉っぱ)が表示されますので、表示がある=船が来たと判断しましょう。


    syosinnysa9 (7)
    syosinnysa9 (11)
     島の評判が上がっていくと、ジャスティン、レックス、パニエル、フーコ、ローランと、島内を巡回するキャラクターに遭遇します。
     パニエル(パニー)は初回のみですが、以降は空港から「パニーのしま」に訪れることができます。

     また、買い取りに関しては、ジャスティン(サカナ)とレックス(ムシ)の方が、タヌキ商店より高額で引き取ってもらえるようになりますので、見かけたら話かけておきましょう。
     釣ったサカナ・捕まえたムシは、屋外でも飾る(水槽や虫カゴ)の状態であれば、評価の減点にはなりにくいようです。
     高額買取を狙いたいなら、捕まえてある程度まで溜めておくのも一案です。




    島の評判が★3になると…



     散らかったアイテムを片付け、雑草を除去し、樹木も整理して。更地になった土地には、きちんと並べて植え替えたり、花壇を作ったり、飾れそうな家具を並べてみたり…できる範囲で飾って試行錯誤を繰り返します。
     島の全域から雑草が消え、そこそこ手入れが終わった感じがした段階で、案内所のしずえさんにはなしかけてみましょう。

    syosinnysa9 (11-3)
    syosinnysa9 (12)
     やりました!★1だった評価が★3になりました。やはり雑草の除去と、散らかったアイテムの整理は効果てきめんです。

    syosinnysa9 (13)
     しかも島のレビューコメントまで貰えるようですが…Kというイニシャルのみで、人物の特定はできない文面のようですが…

    syosinnysa9 (14)
    syosinnysa9 (15)
     たぬきちが「K」に反応して、そのコメントの主が、招待したいアーティストの「とたけけ」であることを察します。

    (中略。会話部分は実際にプレイしてお楽しみくださいw) 

    syosinnysa9 (19)
     なんと、勢いに任せて、たぬきちが来訪のオファーまで取り付けてしまいました。しかも、ライブ開催は最短で明日!?…という急展開です。

     …と、言う事は翌日の島内放送終了からライブへ直行になる可能性が高いので、今のうちにプレイヤーもオシャレに着替えておくことをオススメします。





    今回はここまで。

     長らく初心者ガイドとして記述してきたシリーズですが、序盤のシナリオとしても最後で、実質は特集記事としては次回で最終回となります。

     序盤の総まとめ+過去ログで「島クリエイター解禁後」のTIPSをまとめた記事を繋いでおければと思います。

    syosinnysa9 (11-2)

     あつまれどうぶつの森は、今年の3月リリースから早くも8カ月になろうとしていますが、全世界で未だに売れ続けている大ヒット作になっています。
     正直にいうとゲームとしては競技性が無く、ひたすら島(箱庭)を飾り付けていく作業の部分が多いので、単調なルーチンワークが苦手な人には向かないと言えます。
     
     ただ、昨今の社会情勢から、オンラインでフレンドや友達と(島で)会えるという、コミュニケーション手段のひとつとしても注目されており、企業や団体もこぞって参入している様子。
     今回のガイド記事(レポート)&支援しているイカ友のように、シリーズ通して食わず嫌いでいても、いざ始めたら沼のごとくハマった…というプレイヤーもいますw

     どうぶつの森シリーズ自体、大きな流行り廃りが無いタイトルですので、今から始めても遅くはありません。要は、興味を持ったタイミングが始め時というゲームです。
     また、その門戸は広く、いつ始めても、飽きたらやめてもいい、自由な世界。これとった外敵もいない、数字で競う事も無い、優しい世界でもあります。
     あなただけの島、私だけの島…1000人いれば1000通りの島。それら個々の島を「作品として見て回る」だけでも、新たな発見があるゲームと言えるでしょう。

    (´ω`) 良き島ライフを!



     




    ★web拍手&返信
    web拍手 by FC2

    ★ランキング参加中
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ

    ★テーマ : あつまれ どうぶつの森
    ★ジャンル : ゲーム




    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2020年9月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.




    web拍手 by FC2   

    ランキング参加中!
     にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ








     下図のアマビエさんバナーは、厚生労働省の公式サイト内「新型コロナウイルス感染症について」のページにリンク(別窓)しています。



     日本国内の感染状況、予防方法の掲載をはじめ、関連する素材画像も配布しています。




    ★カテゴリ

    ※現在、記事の整理に伴い調整中です。

    ★カレンダー

    11 | 2020/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -