• スプラトゥーン2 無意識に疲れが溜まってるかも? スプラトゥーン2は楽しいです。前作には無い目新しさもあって、つい夢中になりがちです。時間があれば、ずっとプレイしていたいくらいw 夢中になっていたからこそ気付いた個人的な感想の1つに、前作より目が疲れやすいかもしれない…と、思いました。 画面がチカチカすると言うべきか…出遅れ勢なのでネタとしては既出かもしれませんけども、自分なりに、原因を探ってみました... 続きを読む
    •  もう1日経過してますし、尊敬する絵師様がお祝いされてたのもあって、今更な便乗投稿と言えばそれまでですけど、たまには前作を語りたくなりましてw 5月28日はwiiUのスプラトゥーン(前作)がリリースされた日でした。 シリーズで見れば、3年の月日が流れたことになります。早いなあ・・・と。今はもうすっかりスイッチのスプラ2一辺倒です。(´-`).。oO(スプラ2も、そろそろ1周年ですけど) ファミ通のサイト(公式)で前... 続きを読む
    •  4月がスタートしましたね。世間では2019年5月からの新元号が「令和(れいわ)」になるとか、新年度が始まったとか、色々ありますけども、私はいたって通常運転でしたw 4月1日と言えばエイプリルフール。ツイッター上では企業から個人まで盛り上がっていましたけども、私もコッソリ便乗して「嘘ネタ」をやってみました。 ホントしょーもな!って感じですけど…わーい!ウデマエXになった~!!私ってつよーい💪テキスト入力って便... 続きを読む
    •  この記事は前回(前編)の続きとなります。前回の最後の問いかけは少々置いておきまして… 今は少しお話を変えます。 私は学生の頃は心理学(社会心理学)を勉強していた時期があります。その流れからか、今も心理学や行動科学に関する本を読む事もあります。 直近ですとメンタリストDaiGoさんとか、行動科学マネジメント研究家の石田 淳さんの著書を1冊ずつ読みました。 他の同系統の著書でもそうでしたけど、共通している点... 続きを読む
    •  この記事は前々回(前編)と前回(後編)から得た考察の結びです。 人間の心理的な面と、SNS上での立ち振る舞いも含めて語ってきましたけども、結びとしてスプラ2の「ウデマエ詐欺」への警告とさせて頂きます。 中の人は人間ですから、追い詰められていると誘惑に負けたり、魔が差すこともあります。しかし、情報の流れが速い現代だからこそ、道を踏み外す前に踏みとどまるのが正しい勇気です。 ましてチームに入っていた... 続きを読む
    •  ツイッター上をあれこれ見て回って、ふと目に付いた、ある女性プレイヤーさんの投稿と記事を拝読して…筆者が訴えようとしている真意を察し、深く感銘を受けました。 私個人、配信は視聴する側(最末端にいる視聴者の一人)でしかありませんけども、思うところあり、一筆したためさせて頂きます。 ゲームのプレイ動画等を配信されてる方、これから配信を予定されている方、または、それらの配信を視聴している方、全てに共通す... 続きを読む
    • ※この記事は前編からの続きになります。 要点を言いますと、インターネット上での発言(言葉)する際は、宛先が動画か個人かに関係なく、書き込まれた側の気持ちも考えましょうという、極めて基本的なマナーやモラルの部分に至ります。 今はスマホやパソコンひとつで、個人から有名人まで気軽に繋がることができる時代です。昨今の中継や実況ではリアルタイムでチャットルームが解放されることもあり、誰しも自由に書き込むこと... 続きを読む
    •  ツイッター上では先にお祝いコメントしてきたんですけども…今日は特別な日!本日5月28日は、前作スプラトゥーン(wiiU)の発売4周年です! 尚、発売日は2015年5月28日でした。昨年も同じころに記事にしましたけども…パソコンやらゲーム機の移設作業中で、見合う画像が見つからずファミ通さんのツイートを引用して日記を書きましたっけw USBメモリなど自分のファイルを整理していたら、wiiUでのスプラトゥーンのスクショが何枚... 続きを読む
    • スプラトゥーン2 調整アプデもチェック! 間もなくE3ですね!スプラトゥーンの世界大会も同時開催されるとのこと!日本代表チームには、スプラ甲子園に続き、世界大会でのV2も目指して頑張ってほしいです!世界大会では日米欧豪の代表4チームが世界一の座をかけて戦うぞ!日本代表は第4回甲子園、そして昨年の世界王者でもある「GGBOYZ」。最初の予選ラウンドでは、ナワバリバトルでトーナメントの組み合わせを決定。準決勝以... 続きを読む
    • スプラトゥーン2 上がった下がったは別として ツイッターの固定記事にある投書箱(マシュマロ)に頂いたコメントに… こういう質問がありまして。内容もまた「どうやったら」と、単純かつ漠然とした内容で、かなり迷走している方なのかな~とお見受けしました。(´-`).。oO(かといってイタズラな印象はしなかったので) この件はツイッター上では回答済みですけども、もう少し噛み砕いた回答をここで追記しておきますので、参... 続きを読む
    • スプラトゥーン2 結局のところ…どうなのか? この記事は前編からの続きです。お読みいただける場合は、先に前編からお目通しいただくとありがたいです。 そもそも私はイカ友(4ルールXのプレイヤー)に教わらなければA+とSの往復で精一杯の状態でした。 この記事では、イカ友に師事してウデマエが上がるまでの「内面的な事」をまとめつつ、実際に「第三者に相談するにはどうすべきか」という流れもふまえて記述していきます... 続きを読む
    • スプラトゥーン2 彼の名は? そろそろ9月も月末ですので、ガチヤグラの計測だけでもガチマッチに行かねばならなくなりました。 寝る前にゲームできそうな時はナワバリバトルでリハビリに入っています。気になっていたスーファミのヨッシーは納得のいくクリアもしましたし、イカちゃんの試合でも雑念が無く集中力アップです。 しかしまあブランク期間とは実に正直なもので、おスシもチャージャーも実戦はエイムがブレブレで危... 続きを読む
    • スプラトゥーン2 彼は何処へ? この記事は前回の続きとなります。スプラトゥーンにおける「ゆうた」という名のプレイヤーにおける由来や経緯を、私個人の考察や推論を交えつつ、お話形式でお届けしております。前編のあらすじ… ハイカラシティという新しい世界を訪れた矢先、思いもよらぬ現実によって打ちのめされ、ひっそりと姿を消した「ゆうた」少年。その後、彼の父を名乗る実力者が現れたり、ふたたび噂になったものの… ... 続きを読む
    • スプラトゥーン2 彼は此処に。 前編・後編と、スプラトゥーンにおけるユザネ「ゆうた」の正体を追ってきましたが、今回はこれまでに出た内容の「補遺編」として記述していきます。関連記事:スプラトゥーンにおける「ゆうた」とは誰か?・前編・後編 先の記事で不足していた部分を踏まえた最終的な解釈と、スプラ2における補足的な内容となっています。 前回同様、ご興味がありましたら続きをご覧ください。... 続きを読む

    ★プロフィール

    赤尾ノスリ

    Author:赤尾ノスリ
    初めてさんは「はじめに」を一読お願いします。(2019年8月更新)

    当ブログの文章や画像の無断転載はお断りします。

    注意 This site is presented only in Japanese.
    注意 Reprint is prohibited.



    web拍手 by FC2  

    ランキング参加中!
     

    ★スポンサーリンク

    ★カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ★ブログ内メニュー

    注・読み込みに時間がかかります。

    インデックス/過去ログ一覧

    ▼ブログ内をキーワードで検索

    ★登録サーチ

    駄文同盟.com
    よろずりんく
    【日本最大級:クリエイターサーチサイト 】GAMEHA.COM - ガメハコム -

    ☆Thank you!

    FC2おすすめブログ